カクテルの人気やオシャレや定番・王道のおすすめ10選・作り方を徹底解説 ざっくり紹介

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

カクテルは多種多様で、それぞれ異なる風味や特色があります。

以下に挙げる10種類は、世界中で愛されている定番中の定番です。

銀金
銀金

カクテルが似合う大人ってカッコいい!!

モヒート

モヒートは、キューバ原産の伝統的なカクテルで、その起源は非常に古いとされています。

以下、モヒートに関連するいくつかの興味深い情報を紹介します。

起源

モヒートの起源は明確ではありませんが、16世紀にキューバで作られていたという記録があることから、キューバが発祥の地とされています。元々は、ラムをより飲みやすくするために、ミント、砂糖、ライムが加えられていました。

名前の由来

「モヒート」の名前の由来ははっきりしていませんが、スペイン語の「mojar」(濡らす)や、「mojo」(呪文をかける)から派生していると言われています。

レシピと作り方

  1. ミントの葉10枚程度とライム(半分または1個)、お好みで砂糖大さじ1~2杯をグラスに入れます。
  2. ライムを軽く潰し、ミントの葉を指でちぎるか、ムドラー(木製の棒)で軽く押し潰して、香りを引き出します。
  3. 氷をグラスにたっぷりと入れ、約60mlのホワイトラムを加えます。
  4. 最後にソーダ水を注ぎ、軽くかき混ぜます。お好みでライムのスライスやミントの葉を飾り、ストローを添えます。

アレンジ

モヒートにはいくつかの変種があり、フルーツ(イチゴ、ブルーベリー、マンゴーなど)を加えたり、ラムの代わりに他のスピリッツを使用したりすることがあります。

モヒートは、その爽やかさから特に暖かい月や屋外でのパーティーに適しており、世界中の多くのバーでも定番のメニューとして人気があります。

カシスオレンジ

カシスオレンジは、その名の通り、カシスリキュール(黒スグリのリキュール)とオレンジジュースを混ぜたカクテルです。

このドリンクはフルーティーで甘酸っぱく、多くの場所で気軽に楽しむことができます。

以下、カシスオレンジの詳細について説明します。

起源

カシスオレンジの主成分であるカシスリキュールは、フランスで特に人気があり、20世紀初頭には現代のカクテルカルチャーの一環として広まりました。カシス自体は、フランスの伝統的なリキュールで、修道士たちが薬として使用していたこともある歴史があります。

作り方

カシスオレンジは非常に簡単に作ることができ、家庭でも手軽に楽しめるカクテルです。

  1. グラスに氷を入れます。
  2. カシスリキュールを約20-30ml注ぎます。
  3. 残りのグラスをオレンジジュースで満たします。
  4. 軽くかき混ぜて、オレンジスライスで飾り付けをすると見た目も楽しめます。

アレンジ

カシスリキュールは他のジュースやソーダとも相性がよく、様々なカクテルにアレンジ可能です。例えば、カシスソーダ、カシスティー(アイスティーとカシス)、カシスグレープ(グレープフルーツジュースとカシス)などがあります。

カシスオレンジはその甘さとフルーティーさから、カクテルが苦手な方や、アルコールの強い味わいを避けたい方にもおすすめです。

また、食前酒としても良く、さまざまなシーンで楽しむことができるでしょう。

ホワイト・ルシアン

Coffee cocktail with whipped cream and sprinkled with chocolate chips.

「ホワイト・ルシアン」は、カクテルのクラシックな一つで、そのリッチな味わいとクリーミーな飲み心地で知られています。

このドリンクは「ブラック・ルシアン」と密接な関係があり、以下に詳細を述べます。

起源

ホワイト・ルシアンの起源は完全には明らかではありませんが、1960年代に人気が出始めたとされています。このカクテルは、「ブラック・ルシアン」(ウォッカとコーヒーリキュール)にクリームまたはミルクを加えたもので、その名前は使用される主要な成分(ロシアの酒であるウォッカ)と、追加されるクリームの色(白)に由来します。

作り方

ホワイト・ルシアンは非常に簡単に作ることができ、次のようなプロセスになります。

  1. 氷を入れたオールドファッションドグラス(またはあなたの好きなグラス)を準備します。
  2. グラスにウォッカを約45mlとコーヒーリキュール(通常はカルーアが使われる)を約30ml注ぎます。
  3. 最後に、約30mlの軽く泡立てたクリームまたは全乳を上に注ぎます。混ぜるためにスプーンを使うか、クリームが自然に混ざるのを待ってから楽しむかは、好み次第です。

カルチャーと映画

1998年の映画『ビッグ・レボウスキ』で、主人公のザ・デュード(ジェフ・ブリッジス演じる)がこのドリンクを愛飲していたことから、ホワイト・ルシアンはポップカルチャーの中で新たな人気を博しました。

このカクテルは甘く、コーヒーのリキュールがクリーミーな味わいと組み合わさって、非常にリッチなデザートドリンクとも言えます。

食後のディジェスティフとして、またはリラックスしたい時にぴったりのカクテルです。

ピーチ・フィズ

ピーチ・フィズは、その甘く爽やかなフレーバーで知られるフルーティーなカクテルです。

このカクテルは、フィズ系のカクテルの一つであり、炭酸水を加えることで軽やかな口当たりと爽快感を生み出します。

以下、ピーチ・フィズの詳細について説明します。

起源

「フィズ」は、19世紀後半から20世紀初頭にかけてアメリカで大流行したカクテルスタイルで、ジン・フィズがもっともよく知られています。ピーチ・フィズは、このフィズファミリーのアレンジとして後に登場しました。ピーチリキュール(またはピーチシュナップス)を使用することで、伝統的なレシピに甘くジューシーなツイストを加えています。

作り方

ピーチ・フィズを作るのはとても簡単で、以下のステップに従います。

  1. シェーカーに、ピーチリキュール(約30ml)、レモンジュース(約15ml)、シンプルシロップ(約10ml)を入れます。
  2. 氷を加えてよく振り、成分をしっかりと混ぜ合わせます。
  3. 氷を入れたグラスに、シェーカーの内容物を注ぎます。
  4. 最後に、上から冷たい炭酸水を注いで、軽くステアします。これにより、ドリンク全体がよく混ざり、フィズが生まれます。
  5. オプションで、レモンスライスやミントの葉で装飾できます。

アレンジ

ピーチの代わりに他のフルーツリキュールを使った様々なフィズも存在します。例えば、ラズベリーフィズやメロンフィズなど、使用するフルーツの種類によってさまざまな風味のカクテルを楽しむことができます。

ピーチ・フィズは、そのフルーティーで爽快な味わいから、暖かい季節のアウトドアパーティーや集まりに最適です。

また、アルコール度数がそれほど高くないので、軽いドリンクを好む人にもおすすめです。

ブラッディ・メアリ

ブラッディ・メアリは、そのユニークな味わいと特徴的な見た目で世界中のカクテル愛好者に知られているクラシックなドリンクです。

以下、ブラッディ・メアリの歴史、特徴、そして作り方について詳しく説明します。

起源

ブラッディ・メアリの起源は諸説ありますが、一般的には1920年代にパリの有名な「ハリーズ・ニューヨーク・バー」でバーテンダーのフェルナンド・ペトィオによって作られたとされています。彼は後にこのレシピをアメリカに持ち帰り、そこでブラッディ・メアリは大衆化しました。このドリンクの名前は、イングランドのメアリー女王にちなんで名付けられたとも言われていますが、これには様々な説があります。

作り方

ブラッディ・メアリの基本的なレシピは以下の通りですが、多くのバリエーションが存在し、個々の好みや特色を加えることが一般的です。

  1. 高さのあるグラスに氷を入れます。
  2. ウォッカ(約45-60ml)とトマトジュース(約120ml)を加えます。
  3. ここからがブラッディ・メアリの特徴的な部分で、レモンジュース、ウスターソース、タバスコ、塩、コショウなどのスパイスを加えます。これらの量は完全に好みによります。
  4. すべてをよく混ぜ、通常、セロリの棒、レモンやライムのくし切り、時にはオリーブやピクルスなどで装飾します。

カルチャーと特徴

ブラッディ・メアリは「ハングオーバードリンク」としても有名で、その栄養価の高さとスパイスの効いた味わいが、二日酔いの症状緩和に役立つと信じられています。また、朝食やブランチとともに提供されることも多いです。

ブラッディ・メアリは、その独特の風味とカスタマイズの自由度から、世界中のバーとレストランで非常に人気があり、カクテル作りのアートの一例ともされています。

特に、スパイスや調味料をどの程度加えるか、どのようなトッピングを添えるかによって、無限のバリエーションが楽しめます。

カリモーチョ

カリモーチョは、スペイン発祥のリフレッシングなカクテルで、特に暑い夏の月に人気があります。

このシンプルながらも魅力的なドリンクは、赤ワインとコーラの組み合わせから成っており、スペインやラテンアメリカのカフェやバーで一般的に楽しまれています。

以下に、その起源、特徴、そしてどのようにしてこのドリンクが楽しまれているかについて詳述します。

起源

カリモーチョ(Kalimotxo)の起源はスペインにありますが、正確な発祥の歴史は不明です。一説によると、1970年代後半にバスク地方の祭りで、店主たちが不味いワインを消費するためにコーラで割って売ったことから生まれたと言われています。このアイディアは成功を収め、やがてスペイン全土に広がりました。

作り方

カリモーチョのレシピは非常にシンプルです。

  1. グラスまたはピッチャーに氷を入れます。
  2. 同量の赤ワインとコーラを注ぎます。量は好みに応じて調整できますが、通常は各々を半分ずつ使用します。
  3. 軽くかき混ぜ、すぐにサーブします。

オプションでレモンやライムのスライスを加えることもでき、さらに爽やかな味わいを加えることができます。

カルチャー

カリモーチョは、カジュアルな飲み物として、友人や家族との集まり、ピクニック、フェスティバルなどで特に人気があります。気軽に作れ、飲みやすく、また経済的なのも魅力です。スペインの若者の間では、夜のフィエスタ(祭り)で特に人気のある選択肢となっています。

スペインやその他のラテンアメリカの国々では、特に暑い季節にこのドリンクを見かけることがよくあります。

それはリフレッシングでありながら、アルコール度数が高過ぎないため、長い夜を通してソーシャルな飲み物として最適です。

カンパリ・オレンジ

カンパリ・オレンジ、またはガーニッシュとしてオレンジスライスが使用されることから「カンパリ・オレンジ」などとも呼ばれるこのドリンクは、その独特な味わいと鮮やかな色合いで知られるカクテルです。

カンパリはイタリア発祥の苦味のあるリキュールで、オレンジジュースと組み合わせることで、爽やかで飲みやすいカクテルになります。

以下、その詳細について説明します。

起源

カンパリは、1860年にガスパーレ・カンパリによってイタリアで創設されました。カンパリ・オレンジの起源自体についての明確な記録はありませんが、カンパリを使ったカクテルは数多く存在し、それぞれがカンパリの特徴的な苦味を活かしています。

作り方

カンパリ・オレンジを作るのは非常に簡単です。

  1. 氷を入れたグラスに、カンパリ(約30ml)を注ぎます。
  2. 新鮮なオレンジジュース(約90ml〜120ml)を加えます。
  3. 軽く混ぜ合わせ、通常はオレンジのスライスやホイールで装飾します。

味わいと特徴

カンパリの苦味は、特にそれ自体で飲むと強烈に感じられることがありますが、オレンジジュースの甘みと酸味がそれを和らげ、非常にバランスの取れたドリンクを作り出します。この組み合わせは、苦味が苦手な人にもカンパリを楽しんでもらう一つの方法です。

アレンジ

カンパリベースの他のカクテルには、ネグローニやアメリカーノなどがあり、これらはカンパリの苦味を様々な方法で引き立てています。カンパリ・オレンジは、これらのカクテルと比べてフルーティで飲みやすいため、カクテルが苦手な人や、暑い日にさっぱりとした飲み物を求める人に特におすすめです。

カンパリ・オレンジは、そのシンプルさと洗練された味わいから、カジュアルな集まりや正式なパーティーの両方で人気のある選択肢です。

また、食前酒としてもよく飲まれ、食事の前に消化を助けるために提供されることもあります。

¥1,280 (2023/10/27 08:29時点 | Amazon調べ)

テキーラ・サンライズ

テキーラ・サンライズは、その美しい見た目と爽やかな味わいで知られる人気のカクテルです。

このドリンクは、テキーラをベースにオレンジジュースとグレナディンシロップを使用しており、グラスの中でグラデーションを作ることからその名が付けられました。

以下、テキーラ・サンライズの起源、特徴、そして作り方について詳細を説明します。

起源

テキーラ・サンライズの起源は完全には明らかになっていませんが、一般的には1930年代か40年代にアメリカ合衆国で発明されたと考えられています。このカクテルは、特に1970年代にロックバンドのローリング・ストーンズが彼らのアメリカツアー中にこのドリンクを楽しんだことで一躍有名になりました。

作り方

テキーラ・サンライズの作り方は非常に簡単です。

  1. 高いグラスに氷を入れます。
  2. テキーラ(約45ml)を注ぎます。
  3. 新鮮なオレンジジュース(約90ml〜120ml)を加え、軽くかき混ぜます。
  4. 最後に、グレナディンシロップを少量(約15ml程度)ゆっくりと注ぎます。グレナディンが底に沈むと、美しいグラデーションが現れます。
  5. 通常、オレンジのスライスやマラスキーノチェリーで装飾します。

味わいと特徴

テキーラ・サンライズは、オレンジジュースのフルーティな甘さとテキーラの力強さが組み合わさった、バランスの取れたカクテルです。グレナディンシロップが加わることで甘さが増し、同時にドリンク全体が視覚的にも楽しめるようになっています。

文化的影響

このカクテルは世界中で広く知られており、多くの映画や音楽の中で言及されるなど、ポップカルチャーにも影響を与えています。その美しい色合いとシンプルな調理法から、家庭でのパーティーやバー、レストランなど、様々な場所で人気があります。

テキーラ・サンライズは、その見た目の美しさと味わいのバランスで、多くのカクテル愛好家に愛されています。

特別な道具や技術を必要とせず、誰でも簡単に美味しいカクテルを楽しむことができるのが、このドリンクの魅力の一つです。

エスプレッソ・マティーニ

エスプレッソ・マティーニは、コーヒーのリッチな風味とカクテルの洗練されたエレガンスを組み合わせた、モダンなカクテルです。

この刺激的な飲み物は、エスプレッソの強さと、アルコールの複雑さが特徴です。

以下、エスプレッソ・マティーニの歴史、作り方、そしてその特徴について詳しく説明します。

起源

エスプレッソ・マティーニは、1980年代に有名なバーテンダー、ディック・ブラッドセルによってロンドンで作られました。ある説によると、顧客(伝えられるところによると、若いモデルだったとされる)が、夜を徹するための何かを求めてブラッドセルのバーに来店し、それに応えて彼がこのドリンクを作ったと言われています。その結果、コーヒーとアルコールを組み合わせたこの革新的なドリンクが生まれ、世界中で人気を博すことになりました。

作り方

エスプレッソ・マティーニの作り方は、比較的シンプルですが、フレッシュなエスプレッソが必要です。

  1. シェイカーに氷を入れます。
  2. フレッシュなエスプレッソ(約30ml)、ウォッカ(約50ml)、コーヒーリキュール(約15ml、カルーアなど)、およびシンプルシロップ(約5-10ml、お好みで調整)を加えます。
  3. 強くシェイクして、成分をしっかりと混ぜ合わせ、冷やします。
  4. マティーニ・グラスに注ぎ、通常は3つのコーヒービーンを浮かべてガーニッシュします。

特徴と風味

エスプレッソ・マティーニは、深みのあるコーヒーの風味、ウォッカのクリアな強さ、そしてコーヒーリキュールの甘さが絶妙に組み合わさっています。シンプルシロップは甘さを加え、ドリンク全体の味をまとめます。シェイクすることで、エスプレッソのクレマが美しいフォームとなり、見た目にも美しいカクテルを提供します。

文化的な位置づけ

エスプレッソ・マティーニは、エレガントかつエネルギッシュなドリンクとして、夜遊びを楽しむ人々に支持されています。また、カクテルパーティーや特別なディナーの後のドリンクとしても人気があります。その洗練された見た目と、リッチな味わいから、高級バーのメニューにもしばしば登場します。

サングリア

サングリアは、スペイン発祥のフルーツ入りワインベースのカクテルで、その名は「血」を意味するスペイン語の “sangre” から来ています。

これは、通常、赤ワインがベースであることから、深い赤色をしていることに由来します。

以下、サングリアの特徴、歴史、そして伝統的なレシピについて詳しく説明します。

起源

サングリアの起源は正確には不明ですが、スペインとポルトガルが発祥と広く信じられています。伝統的に、この飲み物は社交的な集まりや祭りで楽しまれてきました。サングリアは、1964年のニューヨーク世界博覧会で、スペインのパビリオンで提供されたことで、アメリカ合衆国において大きな注目を集めました。

作り方

サングリアのレシピは多岐にわたりますが、基本的なコンセプトはフルーツ、ワイン、甘味料、そして多少のスピリッツを混ぜ合わせることです。伝統的なサングリアは次のように作ります。

  1. 大きなピッチャーに、スライスしたオレンジ、レモン、リンゴなどのフルーツを入れます。ベリーやピーチを加えることもあります。
  2. フルーツに赤ワインを注ぎます。ワインは中価格帯のもので十分です。
  3. オプションでブランデーやリキュール(オレンジや他のフルーツ味)を少量加え、追加の風味と複雑さを出します。
  4. 甘味料として、シンプルシロップや蜂蜜、砂糖を加えます。これは好みに応じて調整できます。
  5. 最後に、炭酸水、クラブソーダ、またはシトラス系の炭酸飲料を加えて、軽いスパークリング感を出します。
  6. 数時間冷蔵庫で冷やし、フルーツの風味をワインにしっかりと染み込ませます。サーブ時に氷を加えることもできます。

サングリアの特徴

サングリアは、その甘さ、フルーツの風味、そしてワインのボディが組み合わさって、非常にリフレッシュする飲み物です。赤ワインをベースにするのが一般的ですが、白ワイン(サングリア・ブランカ)やカヴァ(スペインのスパークリングワイン)を使用するレシピもあります。

フルーティで爽やか、そして社交的な飲み物として、サングリアは夏のバーベキューやピクニック、ガーデンパーティーなど、暖かい季節の屋外でのイベントに特に人気があります。

カジュアルな飲み物ではありますが、その起源と伝統を反映する豊かな風味と香りを持っています。

まとめ

  1. モヒート
    ラム、ライム、砂糖、ミント、ソーダで作る爽快ドリンク。
  2. カシスオレンジ
    カシスリキュールとオレンジジュースのシンプルな組み合わせ。
  3. ホワイト・ルシアン
    ウォッカ、コーヒーリキュール、そしてクリームのリッチな味わい。
  4. ピーチ・フィズ
    ピーチリキュール、レモンジュース、シンプルシロップ、ソーダ。フルーティーで優しい甘さ。
  5. ブラッディ・メアリ
    ウォッカをトマトジュース、レモンジュース、タバスコなどでスパイシーに仕上げます。
  6. カリモーチョ
    レッドワインとコーラの意外な組み合わせ。スペイン生まれのカジュアルドリンク。
  7. カンパリ・オレンジ
    カンパリとオレンジジュースのさわやかな苦味と甘味のバランス。
  8. テキーラ・サンライズ
    テキーラにオレンジジュース、グレナディンシロップで、見た目も美しい。
  9. エスプレッソ・マティーニ
    エスプレッソの力強さとウォッカ、コーヒーリキュールの深み。
  10. サングリア
    ワイン、ブランデー、フルーツを合わせて、フルーティーかつリッチなフレーバー。パーティーに最適。

お好みやシーンに合わせて、これらのカクテルをお楽しみいただければと思います。

二日酔い対策に!!

銀金
銀金

お店でも良いですが、

自分でも作って楽しめそうですね!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました