肉の種類や部位の一覧・英語の読み方・調理方法などおすすめ徹底解説 ざっくり紹介

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

カルビ

英語名: Short Rib

  • 位置: 牛の胸部、肋骨に隣接
  • 特徴: 脂と赤身のバランスが良く、ジューシーで風味が豊か。タレによく漬けられます。
  • 肋骨に付いた肉で、脂肪と赤身が良いバランスになっています。一般的にはボーンレスカルビ(骨なし)とボーンインカルビ(骨付き)があります。
  • 特に韓国式焼肉でよく使われます。たれや塩で味付けされ、表面がカリッと焼かれた状態が一般的です。

ロース

英語名: Sirloin or Loin

  • 位置: 背中の中央部分
  • 特徴: 赤身が主体で、柔らかさがあります。マーブル(脂)が少なめなので、シンプルな塩味付けで食べることが多い。
  • 背中の部位で、赤身が多く柔らかい肉です。上質なものはサシ(脂のまだり)がきれいに入っています。
  • 一般には塩やタレでシンプルに味付けされます。サシの入った高級なロースは柔らかく、美味です。

ハラミ

英語名: Skirt Steak or Hanging Tender

  • 位置: 横隔膜に近い、腹部の肉
  • 特徴: 赤身が多く、少し筋っぽいが、そのために風味があります。噛むとジューシーな肉汁が感じられる。
  • 横隔膜近くの肉で、赤身が多く少し chewy(噛みごたえがある)な食感が特徴。
  • 脂肪が少なく、ヘルシーな選択肢とされています。しばしばガーリックやネギと一緒に焼かれます。

タン

英語名: Tongue

  • 位置: 舌
  • 特徴: 独特の柔らかさと食感。一般的には薄切りにして焼きます。塩やタレ、レモンといった調味料で味付けされることが多い。
  • 牛の舌。非常に柔らかく、特有の食感と風味があります。通常は薄くスライスされて提供されます。
  • プレッピングに時間がかかる場合が多く、しばしば前もってマリネされたり、薄切りにされてから焼かれます。

ミノ

英語名: Tripe

  • 位置: 第一胃
  • 特徴: 特有の歯ごたえがあり、風味も独特。焼く前に下処理が必要な場合もある。
  • 第一胃の部位で、噛むと独特の歯ごたえとジューシーさが感じられます。
  • ユニークな食感が楽しめる内臓部位であり、特にミノはしばしば焼肉やホルモン焼きで見かけます。

センマイ

英語名: Reticulum

  • 位置: 第二胃
  • 特徴: プリッとした食感が特徴で、臭みが少ない。
  • 第三胃の部位で、独特の食感があります。プリプリとした歯ごたえが特徴です。

ホルモン

英語名: Offal

  • 位置: 複数の内臓に該当
  • 特徴: 部位によって食感や風味が異なり、特有の臭みを持つ場合もある。レバーや心臓、腸などが含まれる。
  • 内臓肉全般を指し、種類によってはレバー(肝臓)やテッポウ(大腸)なども含まれます。
  • 種類によっては、前もって下処理をして臭みを取り除くことが一般的です。スパイスやニンニクで風味をつけることもあります。

各部位にはそれぞれ特有の風味と食感があり、焼肉でそれらを楽しむのは一つの醍醐味です。特に高級な和牛などでは、これらの特性がより顕著に感じられます。

調理法

• 塩だけ: 特に良質な赤身肉や上質なサシが入った肉は、その風味を楽しむために塩だけで味付けされることが多いです。

• タレ: 醤油ベースやごまベース、果物を使ったものなど、多種多様なタレが存在します。特にカルビやホルモンによく使われます。

焼肉は非常に多様な料理であり、そのバリエーションは無限です。どの部位をどのように調理するかは、個々の好みや店舗によっても大きく異なるのが特徴です。

銀金
銀金

ハラミが美味いなあ!!

お店によってたれの味が違うから、好みですね!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました