【PC周辺機器ガジェット】買って良かった人気・便利でおしゃれなおすすめグッズ・必須アイテム20選を徹底解説!ざっくり紹介!

ガジェット
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

PC周辺機器のおすすめ10選をざっくり紹介します。

銀金
銀金

とにかく

PC周りは自分好みに

カスタマイズしたいですね!!

ワイヤレスマウス

ワイヤレスマウスは、ケーブルの制約から解放されることでデスク周りを整理し、より自由な動作を可能にするPC周辺機器です。

以下はワイヤレスマウスの特徴です

  1. 接続方式
    多くはBluetoothまたは専用のUSBレシーバーを使用してPCと接続します。
  2. 電源
    充電式または単三電池などを用いて動作し、使用期間はモデルによって異なります。
  3. 感度
    DPI(ドット・パー・インチ)で表されるセンサーの感度が高いほど、少ない手の動きで大きなカーソル移動が可能です。
  4. 形状とサイズ
    手にフィットする形状や、携帯に便利なコンパクトサイズなど、用途に合わせた多様なデザインがあります。
  5. 機能
    サイドボタンやスクロールホイールのカスタマイズなど、ユーザーの操作性を高める機能が搭載されています。
  6. 使用環境
    オフィスワークからゲームまで、使用目的に応じたモデルが存在します。

ワイヤレスマウスを選ぶ際は、使用環境、必要な機能、予算、好みのデザインなどを考慮すると良いでしょう。

また、使用感や手に馴染むかどうかも重要なポイントです。

メカニカルキーボード

メカニカルキーボードは、各キーが独立したスイッチを持ち、特有の打鍵感と耐久性を提供するPC周辺機器です。

以下はその特徴です

  1. スイッチの種類
    Cherry MX, Gateron, Kailhなど多種多様なメーカーから、タイピング感や音、反応速度が異なるスイッチが提供されています。
  2. 打鍵感
    線形(スムーズな押下感)、タクタイル(確かな抵抗感)、クリッキー(クリック音とともに抵抗を感じる)など、好みの打鍵感を選ぶことができます。
  3. 耐久性
    一般的なメンブレンキーボードと比較して高耐久であり、数千万回のキーストロークに耐えうる製品が多いです。
  4. カスタマイズ性
    キーキャップの交換、スイッチの交換(一部のモデル)、RGBライティングなど、多くのカスタマイズが可能です。
  5. サイズとレイアウト
    フルサイズ、テンキーレス、コンパクトなど、使用環境に応じたサイズやレイアウトが選べます。
  6. 接続方式
    有線、ワイヤレス、またはその両方をサポートしているものがあります。
  7. 用途
    ゲーミング、プログラミング、タイピング作業など、特定の用途に特化したモデルも存在します。

メカニカルキーボードを選ぶ際は、タイピング環境、好みの打鍵感、予算、デザインなどを検討すると良いでしょう。

また、キーボードの重量や音量、追加機能(マルチメディアキーなど)も選択のポイントです。

モニター

モニターはPCの出力を視覚的に表示する重要な周辺機器で、以下のような特徴があります。

  1. 解像度
    画面の細かさを示し、一般的には1080p(フルHD)、1440p(QHD)、2160p(4K)などがあります。
  2. パネルタイプ
    IPS(広視野角と鮮やかな色)、TN(高応答速度)、VA(高コントラスト)など、用途に応じて選べます。
  3. サイズ
    21インチから32インチ以上まで幅広いサイズがあります。作業スペースや用途に合わせて選びます。
  4. リフレッシュレート
    画面が1秒間に何回更新されるかを示し、60Hz、144Hz、240Hzなどがあります。高いほど滑らかな動きを実現します。
  5. 応答時間
    画像の変化に対する反応速度を示し、一般的にゲーミングモニターでは1msから5msが望ましいとされています。
  6. 接続端子
    HDMI, DisplayPort, USB-Cなど、PCや他のデバイスと接続するための端子の種類が重要です。
  7. 色域と色精度
    専門的なデザインや写真編集には、広い色域と高い色精度が求められます。
  8. エルゴノミクス
    高さ調整、傾斜、回転など、快適な視聴位置に調整できるかどうかも重要です。

モニターを選ぶ際は、用途(ゲーミング、プロフェッショナルワーク、一般的なオフィス作業など)、予算、スペース、そして上記の技術仕様を考慮することが重要です。

また、評価やレビューを参照して、色の再現性やビルド品質など、実際の使用感を確認すると良いでしょう。

USBハブ

USBハブは、1つのUSBポートを複数のポートに分岐させることで、同時に多くのデバイスを接続できるようにする周辺機器です。

以下はUSBハブの特徴です

  1. ポート数
    一般的には3から7ポート程度のものが多いですが、10ポート以上の製品もあります。
  2. 接続タイプ
    USB-A、USB-C、またはその両方のポートを備えたハブがあります。
  3. データ転送速度
    USB 2.0、USB 3.0(3.1/3.2)、USB4など、規格によってデータ転送速度が異なります。
  4. 電源タイプ
    自己給電型(ハブ自体が外部電源から電力を供給)とバスパワー型(接続されたPCから電力を供給)があります。
  5. 充電機能
    一部のUSBハブには、デバイスを充電するための専用の高出力ポートが搭載されています。
  6. デザイン
    コンパクトなものから、オフィス環境にフィットするスタイリッシュなデザインまで様々です。
  7. 互換性
    ほとんどのハブはプラグアンドプレイで、特別なドライバをインストールする必要はありませんが、OSやデバイスとの互換性を確認する必要があります。

USBハブを選ぶ際には、接続したいデバイスの数、必要なデータ転送速度、予算、持ち運びの必要性などを考慮すると良いでしょう。

また、電力要求が高いデバイスを使用する場合は、自己給電型のハブを選ぶことが重要です。

外付けハードドライブ

外付けハードドライブは、追加のストレージを提供し、データのバックアップや移動を容易にするためのデバイスです。

以下はその特徴です

  1. 容量
    一般的に数百ギガバイトから数テラバイトまでの容量があります。
  2. 接続タイプ
    USB 3.0、USB-C、Thunderboltなど、異なる接続オプションがあり、転送速度と互換性が異なります。
  3. 速度
    HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類があり、SSDは速度が速く、HDDはコストパフォーマンスに優れています。
  4. 耐久性
    一部のモデルは耐衝撃性や耐水性を備えており、外出先でも安心して使用できます。
  5. 形状とサイズ
    コンパクトなポータブルタイプから、デスクトップに置く大型のものまで様々です。
  6. セキュリティ機能
    パスワード保護や暗号化など、データを保護するための機能を備えたものもあります。
  7. 電源
    小型のポータブルドライブはUSB接続から電力を供給されることが多いですが、大容量のドライブは外部からの電源が必要な場合があります。

外付けハードドライブを選ぶ際は、必要な容量、転送速度、ポータビリティ、耐久性、セキュリティ、価格などを考慮して選ぶと良いでしょう。

また、将来的な拡張性やバックアップソフトウェアの互換性も重要なポイントです。

プリンター

プリンターは文書や画像を紙に印刷するための周辺機器で、以下の特徴があります。

  1. タイプ
    インクジェットプリンターはカラー印刷に適しており、レーザープリンターは高速でテキスト中心の印刷に適しています。
  2. 解像度
    印刷の細かさを示すDPI(dots per inch)で測定され、高いほど鮮明な印刷が可能です。
  3. スピード
    ページあたりの印刷速度(PPM)が高いほど、大量の印刷が速く行えます。
  4. カラーとモノクロ
    カラー印刷が可能なモデルとモノクロ専用モデルがあります。
  5. 接続性
    USB接続、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetoothなど、様々な接続方法があります。
  6. 多機能性
    スキャナーやコピー機能を備えたオールインワンモデルもあります。
  7. 消耗品
    インクカートリッジやトナーカートリッジの交換頻度とコストを考慮する必要があります。
  8. サイズとデザイン
    ホームユーザー向けのコンパクトなモデルから、ビジネス向けの大型モデルまであります。

プリンターを選ぶ際は、使用目的(写真印刷、文書印刷、大量印刷など)、予算、印刷品質、スピード、接続オプション、消耗品のコスト、デバイスとの互換性などを考慮すると良いでしょう。

また、レビューや性能評価を参考に、総所有コストと利便性を総合的に評価することが重要です。

スピーカー

スピーカーは音響を再生するためのデバイスで、PCや他のオーディオソースとの組み合わせで使用されます。

以下はスピーカーの特徴です

  1. タイプ
    デスクトップスピーカー、ブックシェルフスピーカー、フロアスタンディングスピーカー、サウンドバーなどがあります。
  2. 接続性
    有線接続(3.5mmオーディオジャック、RCA、USB)と無線接続(Bluetooth、Wi-Fi)があります。
  3. サウンドクオリティ
    周波数応答、感度、歪み率などで測定されます。高品質なスピーカーはクリアでバランスの取れたサウンドを提供します。
  4. チャンネル
    ステレオ(2チャンネル)、2.1チャンネル(ステレオスピーカー+サブウーファー)、5.1チャンネルサラウンドなどがあります。
  5. パワー
    スピーカーの出力はワットで測定され、一般的に高いほど大音量で再生できます。
  6. デザイン
    様々なデザインやサイズがあり、使用環境や好みに合わせて選ぶことができます。
  7. 特徴
    リモコン付き、内蔵マイクでの通話対応、LEDライト付きなど、追加機能を持つモデルもあります。
  8. 価格帯
    エントリーレベルから高品質なオーディオファイル向け製品まで、幅広い価格帯があります。

スピーカーを選ぶ際は、音質、音量、接続オプション、使用環境、デザイン、予算などを考慮すると良いでしょう。

また、自分の聞きたい音楽や使用するメディアの種類に合ったスピーカーを選ぶことが、最適なオーディオ体験につながります。

ウェブカメラ

ウェブカメラはビデオ通信やコンテンツ制作に不可欠なデバイスで、以下の特徴を持っています。

  1. 解像度
    720p、1080p、4Kなどがあり、高解像度は鮮明な画質を提供します。
  2. フレームレート
    秒間フレーム数(FPS)で示され、通常は30fpsまたは60fpsです。高いほど滑らかな動画を録画できます。
  3. レンズ
    プラスチックレンズよりもガラスレンズの方が高品質な映像を提供します。
  4. 視野角
    狭い視野角から広い視野角まであり、使用状況に応じて選ぶことができます。
  5. オートフォーカス
    サブジェクトに合わせて自動的にピントを調整します。
  6. マイク
    内蔵マイクを備えていることが多く、クリアなオーディオ録音が可能です。
  7. 接続
    USBが一般的で、プラグアンドプレイで簡単に接続できます。
  8. 互換性
    多くのウェブカメラはWindowsやMac、さまざまなビデオ通信ソフトウェアと互換性があります。
  9. 特殊機能
    顔認識、バックグラウンドブラー、ライト補正など、追加機能を持つモデルもあります。
  10. マウント
    三脚に取り付けられるものや、モニターの上に置くことができるクリップ式など、異なるマウントオプションがあります。

ウェブカメラを選ぶ際には、使用する環境の光条件、必要な画質、予算、特有の機能などを考慮すると良いでしょう。

また、オンライン会議、ライブストリーミング、ビデオブログなど、使用目的に合わせた適切なウェブカメラを選ぶことが大切です。

ヘッドセット

ヘッドセットは、オーディオの出力と入力を同時に提供するデバイスで、以下の特徴を持っています。

  1. タイプ
    有線と無線(BluetoothやRF)のモデルがあります。
  2. オーディオ品質
    ドライバーの大きさや形、帯域幅によって音質が異なります。
  3. マイク性能
    ノイズキャンセリング機能を持つマイクは、背景ノイズを減らし、クリアな通話を可能にします。
  4. 快適性
    長時間着用しても快適な柔らかいイヤーパッド、調整可能なヘッドバンドが重要です。
  5. バッテリー寿命
    無線ヘッドセットの場合、バッテリー寿命は使用の便利さを左右します。
  6. 接続性
    USB、3.5mmジャック、Bluetoothなど、さまざまな接続オプションがあります。
  7. サウンドカード
    一部のヘッドセットには内蔵サウンドカードがあり、より高品質なオーディオ出力を提供します。
  8. コントロール
    音量調節、ミュート、通話応答などの直感的な操作が可能なインラインまたはイヤーカップ上のコントロール。
  9. 互換性
    PC、ゲーム機、モバイルデバイスなど、使用するデバイスとの互換性を確認します。

ヘッドセットを選ぶ際には、使用目的(ゲーミング、ビジネス通話、音楽鑑賞など)、快適性、音質、バッテリー寿命、マイク性能、予算などを検討すると良いでしょう。

また、ユーザーレビューや製品の評価を参考に、性能と価値を比較検討することが重要です。

ドッキングステーション

ドッキングステーションは、ノートパソコンやモバイルデバイスを単一の接続点にドッキングすることで、複数のデバイスとの接続を容易にし、作業スペースを拡張するデバイスです。

以下はドッキングステーションの特徴です

  1. ポート拡張
    USB-A、USB-C、HDMI、DisplayPort、イーサネット、SDカードリーダーなど、多数のポートを提供します。
  2. ディスプレイ接続
    複数のモニターを接続して、拡張またはミラーリング表示が可能です。
  3. 電源供給
    USB-Cや専用の電源ポートを通じて、ドッキング中のデバイスを充電します。
  4. データ転送速度
    USB 3.0やThunderbolt 3/4など、高速なデータ転送をサポートするモデルがあります。
  5. ネットワーク接続
    イーサネットポートを介して、安定した有線インターネット接続を提供します。
  6. オーディオ接続
    外部スピーカーやマイクを接続するためのオーディオジャックを備えていることがあります。
  7. 互換性
    特定のノートパソコンやオペレーティングシステムと互換性があるかどうかを確認する必要があります。
  8. デザイン
    デスクトップ上でのスペースの利用を最適化するためのコンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴です。

ドッキングステーションを選ぶ際には、接続したいデバイスの種類、必要なポートの種類と数、データ転送と映像出力の要件、電源供給能力、予算などを考慮すると良いでしょう。

また、デバイスのブランドやモデルに特化したドッキングステーションを選ぶことで、互換性の問題を避けることができます。

まとめ

  1. ワイヤレスマウス
    作業効率が向上し、デスクがスッキリします。
  2. メカニカルキーボード
    タイピングの快適さと耐久性が魅力です。
  3. モニター
    作業領域を広げ、目の疲れを軽減します。
  4. USBハブ
    複数のデバイスを同時に接続できます。
  5. 外付けハードドライブ
    データのバックアップや追加のストレージとして便利です。
  6. プリンター
    自宅での印刷が容易になります。
  7. スピーカー
    クリアな音質で音楽や映画を楽しめます。
  8. ウェブカメラ
    オンライン会議やビデオチャットに必須です。
  9. ヘッドセット
    ノイズキャンセリング機能で集中力を高めます。
  10. ドッキングステーション
    ノートパソコンの接続性を高め、一元管理できます。

これらは、快適なPC環境を整えるために役立つ周辺機器です。ニーズや予算に合わせて選んでください。

銀金
銀金

最低でも

マウスとキーボードは

こだわりたいです!!

あとはお好みで!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました