『2023年』最新本 人気で話題の注目 ジャンルおすすめ本5選を徹底解説 ざっくり紹介

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

2023年最新

おすすめ本5選をざっくり紹介します。

銀金
銀金

たまには

ゆっくり読書も良いですね!!

『汝、星のごとく』凪良ゆう

¥1,705 (2023/11/16 08:30時点 | Amazon調べ)

『汝、星のごとく』は、凪良ゆうによって書かれた小説で、2023年の本屋大賞を受賞しました。

この作品は、第168回直木賞候補、第44回吉川英治文学新人賞候補、そして2022王様のブランチBOOK大賞にもノミネートされています。

物語の舞台は瀬戸内の島で、主人公は暁海(あきみ)と櫂(かい)という二人の高校生です。

二人は共に孤独と欠落を抱え、お互いに惹かれながらもすれ違い、成長していきます。

この作品は、愛の多様性と、生きることの自由さと不自由さを描いています。

本は2022年8月4日に発売され、352ページで構成されています。

元々は「小説現代」2022年の5・6月合併号と7月号に掲載されたもので、単行本化にあたり全編を加筆改稿しています。

凪良ゆうは京都市在住の作家で、2007年にデビューしました。BLジャンルの作品や、本屋大賞を受賞した『流浪の月』など、多数の著書があります。

『現代思想入門』千葉雅也

『現代思想入門』は、千葉雅也による哲学の入門書です。

この書籍は「新書大賞2023」で大賞を受賞し、現代思想の真髄を掘り下げています。

デリダ、ドゥルーズ、フーコー、ラカン、メイヤスーなど、著名な哲学者たちの思想が紹介され、哲学とライフハックが直接結びつけられています。

また、きちんとしすぎる窮屈な管理社会からの逸脱を肯定する言葉に励まされる内容も含まれています。

本書は、デリダの概念の脱構築、ドゥルーズの存在の脱構築、フーコーの社会の脱構築などを含む7章から成り立っています。

最後の章では、ポスト・ポスト構造主義について探求されています。

千葉雅也は1978年栃木県生まれで、東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了し、立命館大学大学院先端総合学術研究科の教授として活躍しています。

専門は哲学・表象文化論で、他にも『動きすぎてはいけない』、『ツイッター哲学』、『勉強の哲学』などの著書があります。

この本は2022年3月16日に発売され、新書版で248ページにわたっています。

『コロナの時代の僕ら』

¥2,890 (2023/11/17 09:13時点 | Amazon調べ)

『コロナの時代の僕ら』は、イタリアの作家パオロ・ジョルダーノによる作品で、2020年2月から3月のイタリア、ローマでの出来事を背景にしています。

この期間にパオロ・ジョルダーノは、コロナウイルス感染症の流行とその影響について深く考え、その成果をこの本にまとめ上げました。

彼は、物理学の博士号を持つ有能な作家で、トリノ大学で物理を学んだ経歴を持ちます。

この本は、コロナ禍の初期にイタリアの新聞に寄稿された内容から生まれ、ジョルダーノが「コロナウイルスが過ぎた後も、忘れたくないこと」をテーマにしたエッセイを含んでいます。

彼の考え方は「今回のパンデミックのそもそもの原因は僕らの軽率な消費行動にある」という厳しい指摘を含む、切実で温かな内容で構成されています。

『流浪の月』

¥720 (2023/11/17 09:14時点 | Amazon調べ)

『流浪の月』は凪良ゆうによる小説で、2019年8月に東京創元社から単行本として出版され、その後2022年2月に創元文芸文庫の一部として文庫版が出版されました。

この作品は第17回本屋大賞を受賞しており、2022年5月には李相日監督による映画版も公開されました。

この作品は、凪良ゆうが以前に執筆したBL小説『あいのはなし』をベースにしています。

物語は全6章から成り、装丁は鈴木久美が担当しました。

物語の中心は、家内更紗と佐伯文という二人の主人公に焦点を当てています。

更紗は家族に見捨てられた過去を持ち、文は周囲から誤解される19歳の大学生です。

二人の複雑で微妙な関係性が物語の核となっており、恋愛でも友情でもない、言葉にしにくい絆を描いています。

『逆ソクラテス』

¥792 (2023/11/17 09:15時点 | Amazon調べ)

『逆ソクラテス』は、伊坂幸太郎による短編集で、全5編の物語が収録されています。

これらの短編は「逆ソクラテス」、「スロウではない」、「非オプティマス」、「アンスポーツマンライク」、「逆ワシントン」というタイトルで、それぞれが独立した物語を展開しています。

伊坂幸太郎は1971年千葉県生まれの作家で、2000年に『オーデュボンの祈り』でデビューし、その後も多数の賞を受賞しています。

『逆ソクラテス』は、伊坂幸太郎が初めて小学生を主人公にした作品で、子供たちの視点から先入観を覆していくストーリーが展開されます。

この作品集のアイデアは、「少年」をテーマにしたアンソロジーのために依頼された短編から始まりました。

伊坂は、子供が主人公の物語に対して当初は消極的でしたが、東野圭吾の「ガリレオシリーズ」に触発され、ソクラテスという歴史上の人物から着想を得て、先入観を持つ教師と子供たちの対立を描くことにしました 。

まとめ

  1. 『汝、星のごとく』凪良ゆう
    紀伊國屋書店のスタッフが全力で推薦するキノベス!2023で第1位に選ばれました。
  2. 『現代思想入門』千葉雅也
    「新書大賞2023」で上位に選ばれた作品の一つです。
  3. 『コロナの時代の僕ら』
    gooランキングによる2023年の単行本おすすめ人気ランキングで2位に選ばれました。
  4. 『流浪の月』
    同じくgooランキングで3位にランクインしています。
  5. 『逆ソクラテス』
    この作品もgooランキングで高い評価を受け、4位にランクインしました。

これらの本は、2023年の日本において様々なジャンルで高く評価されている作品です。

銀金
銀金

様々なジャンルの本を読んで

感情豊かにしたいものですね!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました