【2024年最新】ウォーターサーバーは安くて、水道水でもOK!性能や安全面・使うメリット10選を徹底解説!節約や環境に関してもざっくり紹介!

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

ウォーターサーバーを利用するメリットはたくさんあります。

主なものを10個ざっくり紹介します。

銀金
銀金

あまり水道水を飲まなくなった今、

ウォーターサーバーは必須ですね!!!

次世代ウォーターサーバー【OCEAN】

新鮮な水

ウォーターサーバーの提供する「新鮮な水」は、以下の要素によって特徴付けられます。

  1. 浄化プロセス
    ウォーターサーバーに供給される水は、一般に複数の浄化段階を経ています。このプロセスは、塩素、鉛、その他の不純物を取り除き、純度の高い水を提供します。
  2. 定期的な交換
    ウォーターボトルは定期的に交換されます。そのため、水が長期間容器に留まることがなく、古くなったり、味が落ちたりすることがありません。
  3. 密封された容器
    ウォーターサーバーのボトルは密封されており、外部環境から隔離されています。これにより、空気中の汚染物質や微生物が水に混入するのを防ぎます。
  4. 適切な保管
    水は適切な温度で保管され、太陽光や熱源から遠ざけられているため、品質を維持しやすくなります。
  5. 品質管理
    ウォーターサービス会社は通常、配送する水の品質に責任を持ち、定期的なテストと品質保証プロセスを実施しています。
  6. フレッシュな味
    不純物が取り除かれているため、水は自然な味がし、他の飲料や料理の風味を損ないません。

これらの点から、ウォーターサーバーから供給される水は「新鮮」とみなされ、その品質と味は、長期間保管されたボトル入り水や水道水と比較して高いレベルを維持しています。

便利性

ウォーターサーバーの便利性は日常生活での使い勝手に大きく貢献します。

以下にその詳細を述べます。

  1. 即時アクセス
    水道の蛇口をひねるように、冷たい水や熱い水をすぐに利用できる点が便利です。特に、熱い水に関しては即座にお茶やインスタント食品を作るのに使えます。
  2. 省スペース
    大容量のボトルをストックしておく必要がないため、キッチンやオフィスのスペースを有効に活用できます。
  3. 重い水の運搬が不要
    水のボトルをスーパーから購入し、家まで運ぶ必要がなくなるため、特に高齢者や体力に自信のない人にとっては大きな利点です。
  4. 給水の継続性
    大容量のボトルが使用されるため、一度に多くの水を利用でき、頻繁に補充する手間が省けます。
  5. メンテナンスの手軽さ
    ボトル交換や機器の基本的な清掃は簡単で、特別な技術や道具を必要としません。
  6. 使い分けが容易
    冷水と熱水がボタン一つで切り替えられるため、用途に応じて手軽に水を使い分けることができます。
  7. 水質管理
    サーバーを通じて提供される水は、品質が一定しているため、水道水のように季節や地域による水質の変動の心配がありません。
  8. 利便性と健康を兼ね備えたデザイン
    近年のウォーターサーバーは、利便性だけでなく、使う人の健康も考慮してデザインされているものが多く、たとえばエルゴノミクスに基づいて水を注ぎやすくなっています。
  9. 多様な環境での設置
    住宅だけでなく、オフィスや公共の場、病院などさまざまな環境に設置可能です。
  10. 子供の利用の安全性
    子供が使う際も、安全ロック機能がついているサーバーであれば、誤って熱湯を出す心配が少なく安全です。

これらの点から、ウォーターサーバーは日々の生活の中で大きな利便性を提供し、ユーザーの時間と労力を節約することができます。

温度の選択

ウォーターサーバーが提供する温度選択の機能は、その利便性と効率性で際立っています。

以下にその特徴を詳しく説明します。

  1. 即座に温度調節
    冷水と熱水の両方が利用できるため、飲み物の好みや用途に応じて即座に適切な水温を選ぶことができます。
  2. 省エネルギー
    熱水を必要とする度にケトルを沸かす必要がなく、エネルギー消費を削減できます。
  3. 瞬時の飲用・調理用水
    温水はコーヒーや紅茶、インスタント食品の準備に、冷水は冷たい飲み物や料理の素早い冷却に役立ちます。
  4. 安定した水温
    サーバーは一定の温度を維持する機能があるため、使用するたびに一貫した温度の水が得られます。
  5. 時間の節約
    特に熱水機能は、水を沸かすのにかかる時間を節約し、即席麺やスープなどをすぐに作ることができます。
  6. 自動温度調整
    多くのウォーターサーバーは、使用しない時間帯にはエネルギー節約のために自動的に温度を下げる機能を持っています。
  7. 子供の安全対策
    熱水ボタンには安全ロックがついていることが多く、やけどのリスクを減らすことができます。
  8. カスタマイズ可能
    一部のモデルでは、ユーザーの好みに合わせて冷水と熱水の温度をカスタマイズできる機能があります。
  9. 維持コストの削減
    熱湯用に別の電気ポットやケトルを用意する必要がなく、複数の機器を使うよりも電気代が節約できます。
  10. 衛生面でのメリット
    熱水は衛生的にも安全であり、細菌の繁殖を抑えることができます。

これらの点により、ウォーターサーバーは利用者にとって非常に実用的であり、日々の生活での水の使用をより快適で効率的なものにします。

味の向上

ウォーターサーバーが提供する水は、味の向上にも大きく寄与します。

以下にその理由を説明します。

  1. 不純物の除去
    ウォーターサーバーは水中の塩素、鉛、細菌、ウイルス、有害化学物質、さらには水道水特有の味や匂いの原因となる成分を効果的に除去するフィルターを使用しています。
  2. 一貫した水質
    ボトル交換式または浄水システムを備えたウォーターサーバーは、一定の品質管理のもとで供給されるため、安定した味わいの水を提供します。
  3. 味覚への影響を最小化
    浄化された水は純粋でフレッシュな味わいであり、コーヒーや紅茶、料理などの他の食材の風味を損ねることなく、その本来の味を引き立てます。
  4. 水の硬度調整
    一部のウォーターサーバーには、水の硬度を調整するオプションがあり、それによって水の味を軟らかくしたり硬くしたりすることができます。
  5. 鮮度の保持
    サーバーのボトルは密封されており、外部の汚染や空気に触れることなく保管されるため、水が新鮮な状態を保ちます。
  6. 適切な保管条件
    直射日光や高温など、水の味を損ねる可能性のある環境から守られた状態で水が保管されます。
  7. pHバランスの最適化
    特定のウォーターサーバーは、pHバランスを最適化することで、より滑らかで自然な味の水を提供します。
  8. ミネラルのバランス
    浄水プロセスによって不要なミネラルが除去されつつも、適量の必要なミネラルが水に保たれることがあり、健康に良いだけでなく味も良くなります。

これらの特性によって、ウォーターサーバーの水は飲料水として直接飲用した際の味が良くなるだけでなく、料理や飲み物を作る際にも素材の味を最大限に引き出すことができます。

経済的

ウォーターサーバーの経済性について詳細を説明します。

  1. 大量購入によるコスト削減
    ウォーターサーバー用の水は大容量で供給されることが多く、単価を下げることができます。
  2. 瓶入り水の購入と比較した節約
    スーパーマーケットで購入する小容量の瓶入り水と比べて、大容量で購入するウォーターサーバーの水の方がコストパフォーマンスが良い場合があります。
  3. エネルギーコストの削減
    熱湯を即座に利用できるため、ガスや電気を使って都度沸かす必要がなく、エネルギーコストを節約できます。
  4. 交通費の節約
    宅配サービスを利用することで、水を買いに行くための交通費や時間を節約できます。
  5. 水の浪費を減らす
    冷蔵庫で冷やした水を飲まずに捨てることが少なくなり、また沸騰させて使いきらないお湯を捨てることも減ります。
  6. メンテナンスコストの低減
    ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスが必要ですが、これらはサービス契約に含まれていることが多く、追加費用がかからないことがあります。
  7. 長期的な健康への投資
    高品質な水を飲むことで健康を維持し、将来的な医療費の節約にも繋がる可能性があります。
  8. 複数の機能を一台で
    温水と冷水を一台のウォーターサーバーで賄えるため、別途ケトルや冷蔵庫を使用する必要がなくなります。
  9. ポイントや割引制度の活用
    一部のウォーターサーバーの会社は、長期契約や紹介制度、ポイント還元などで利用者の経済的負担を軽減するプログラムを提供しています。

これらの点から、ウォーターサーバーは初期投資は必要ですが、日々の利用においては経済的な節約が期待できるという利点があります。

ただし、使用頻度や個々の生活環境、契約内容によって経済性は異なりますので、自分の状況に合ったサービスを選ぶことが重要です。

環境に優しい

ウォーターサーバーが環境に優しいとされる理由を深堀りすると、以下のような点が考えられます。

  1. プラスチック廃棄物の削減
    定期的に大容量のボトルを使用することで、一回ごとの小容量ペットボトルの消費と廃棄を減らせます。
  2. リサイクルシステム
    多くのウォーターサーバー企業は、使用済みボトルを回収し、洗浄して再利用するシステムを持っており、これによって一般のリサイクルシステムよりも効率的な環境負荷の低減が可能になります。
  3. 輸送による炭素排出の削減
    大容量ボトルの配達は小容量のペットボトルを何度も買うことに比べ、トータルで見ると輸送によるCO2排出を削減できる場合があります。
  4. エネルギー効率の良い機器
    新しいモデルのウォーターサーバーは省エネ設計がなされており、無駄な電力消費を抑える機能を持っています。
  5. 熱効率の改善
    ウォーターサーバーは通常、高い熱効率を持つ設計であり、必要以上にエネルギーを消費せずに温水を提供できます。
  6. 水資源の有効活用
    水道水の代わりにウォーターサーバーを使用することで、水資源の浪費を防ぐことができる場合があります。
  7. 環境に配慮したビジネスモデル
    ウォーターサーバーの会社の中には、環境保護をビジネスの一部として取り入れ、持続可能な水源の保全活動に投資しているところもあります。
  8. 化学物質の使用削減
    家庭で水を浄化するために使われる化学物質の使用を減らせることもあり、水道水の塩素などを除去するために使われるフィルターも環境に優しい素材が選ばれる傾向にあります。

環境への配慮はウォーターサーバーを選ぶ際の重要な要素であり、サステナビリティを重視する消費者にとっては大きなメリットとなります。

ただし、実際の環境影響はサービス提供者のビジネス実践、製品のライフサイクル、利用者の使い方によっても左右されるため、全体の環境への負荷を考慮した選択が求められます。

次世代ウォーターサーバー【OCEAN】

安全性

ウォーターサーバーの安全性には、以下のような要素があります。

水質管

  • ウォーターサーバーの水は、製造から供給まで厳しい品質管理基準に従っています。これには、微生物の汚染を防ぐための無菌充填技術が含まれることが多いです。
  • また、水源が保護され、定期的に水質検査が行われることで、安全な飲用水が提供されます。

フィルタリングシステム

  • ウォーターサーバーには高度なフィルタリングシステムが搭載されており、不純物、塩素、鉛、細菌などが効率的に除去されます。
  • 一部のサーバーには、紫外線(UV)灯を用いた殺菌システムも備えており、水の提供時に微生物の汚染を防ぐことができます。

定期的なメンテナンス

  • ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスが行われ、内部が清潔に保たれ、水質が維持されます。
  • 供給会社はしばしば清掃サービスを提供し、サーバーの衛生状態を保証します。

適切な温度管理

  • サーバー内の温度は適切に管理され、特に温水は一定の高温を維持することで水の衛生状態を良好に保ちます。

ボトルの衛生管理

  • 交換用のボトルは密封されていて、一度開封されると新しいものと交換されるため、外部からの汚染のリスクが低いです。

BPAフリーの素材

  • ボトルやサーバーの一部には、ビスフェノールA(BPA)を含まない素材が使用されることがあり、これにより健康への潜在的なリスクが低減されます。

過剰消費防止の機能

  • 子供の誤操作を防ぐための安全ロック機能がついている機種もあり、熱湯によるやけどの危険を防ぎます。

災害時の備え

  • 電力が途絶えた際にも、非常用の飲料水としてウォーターサーバーの水が利用できるため、安全な水へのアクセスを確保できるというメリットもあります。

これらの要素により、ウォーターサーバーは水の安全性を高める効果的なツールとなっています。

ただし、サーバーやボトルの管理が不適切だと安全性が損なわれるため、利用者は適切な使用と定期的なメンテナンスが重要であることを理解し、従う必要があります。

健康促進

ウォーターサーバーが健康促進に寄与するとされる点を深掘りすると、主に次のような側面があります。

  1. 清浄で安全な水の提供
    ウォーターサーバーから供給される水は通常、厳格なフィルタリングプロセスを経ているため、不純物や有害物質が除去され、清潔で安全な飲料水を摂取できます。この結果、水を通じた健康リスクを減らすことができます。
  2. 水分摂取の促進
    室内に手軽に美味しい水があることで、水分補給のハードルが下がり、十分な水分摂取が促進されます。適切な水分摂取は身体機能の正常化、代謝の向上、消化の助けになります。
  3. 健康的な習慣のサポート
    温水と冷水の選択が可能なウォーターサーバーは、ハーブティーや温かいレモン水などの健康的な飲料の摂取を容易にします。
  4. 脱塩素
    多くのウォーターサーバーには水道水の塩素を除去するフィルターがついており、塩素に敏感な人や塩素の味が苦手な人にとっては、より快適に水を飲むことができます。
  5. アルカリイオン水の提供
    一部のウォーターサーバーでは、アルカリイオン水を提供しており、これが体液のpHバランスを整える効果があると信じられています。
  6. ミネラルの摂取
    天然水を供給するウォーターサーバーからは、カルシウムやマグネシウムなどの必須ミネラルを摂取することが可能です。
  7. 糖分やカロリーの削減
    甘い飲料水やジュースの代わりに清潔な水を飲むことで、糖分やカロリーの摂取を削減でき、肥満や糖尿病といった生活習慣病の予防につながります。
  8. デトックス効果
    十分な量の水分を摂ることで、体内の毒素を洗い流し、体のデトックスを助けることができます。
  9. 精神的な安定
    脱水はストレスや不安を引き起こすことがありますが、十分な水分を確保することでこれらの症状を緩和できることがあります。
  10. 肌の健康
    十分な水分摂取は、肌の水分バランスを維持し、肌の健康を促進する効果があります。

以上のように、ウォーターサーバーを通じて清潔で安全な水を適切に摂取することは、多方面での健康促進に寄与すると考えられます。

ただし、これらの健康上のメリットが全ての人に当てはまるわけではありません。

スペース節約

ウォーターサーバーがスペースを節約に寄与する方法は主に以下のようなものがあります。

  1. 一元化された飲料供給
    ウォーターサーバーは冷水と温水を一台で提供できるため、別々の冷蔵庫や電気ポットを置く必要がなくなります。これにより、キッチンやオフィスのスペースを有効に使えます。
  2. ボトルストレージの削減
    水をペットボトルで購入していた場合、ストックするスペースが必要ですが、ウォーターサーバーならば交換用ボトルを数本用意しておくだけで済むため、収納スペースを節約できます。
  3. デザインの最適化
    現代のウォーターサーバーはコンパクトでスリムなデザインのものが多く、限られたスペースにも適応しやすいです。特に狭いオフィスや小さなキッチンにおいて、スペース効率が重要です。
  4. 整理整頓の容易さ
    ウォーターサーバーを設置することで、飲料関連のアイテムが一箇所に集まり、散らかりがちな空間を整理しやすくなります。
  5. カウンタートップモデルの活用
    ウォーターサーバーには、床置きタイプだけでなく、カウンタートップに設置できる小型のモデルもあり、作業スペースを確保しつつ飲料水を提供できます。
  6. カスタムデザインの選択
    さまざまなサイズや形状のウォーターサーバーが市場に出ているため、使用するスペースに最適なモデルを選ぶことができます。

ウォーターサーバーを導入することにより、これらの方法でスペースの節約が実現されるので、特にスペースが限られた環境ではそのメリットが大きくなります。

また、見た目のすっきりした空間は、生活環境や仕事効率の向上にもつながる可能性があります。

デザイン

ウォーターサーバーのデザインは、その機能性だけでなく、設置される環境に溶け込む美的要素も重視されています。

ここにいくつかの詳細を挙げます

  1. 多様なスタイル
    ウォーターサーバーは、シンプルでモダンなデザインから、伝統的で豪華な外観まで、さまざまなスタイルがあります。消費者は自宅やオフィスの内装に合わせて選択できます。
  2. カラーオプション
    黒、白、シルバーをはじめとするクラシックな色合いから、鮮やかな色やパターンを用いたものまで、多岐にわたるカラーオプションが提供されています。
  3. コンパクト性
    スペースの限られた場所に適するように、スリムでコンパクトなモデルが設計されています。これらはスペースを取らずに、スマートに設置することができます。
  4. カスタムデザイン
    ハイエンドのウォーターサーバーには、顧客のニーズに応じて外観をカスタマイズできるオプションがあります。
  5. 素材の選択
    ステンレススチール、ガラス、高品質のプラスチックなど、様々な素材が用いられ、耐久性と美観のバランスが考慮されています。
  6. タッチレス操作
    ハイジーンを意識したデザインとして、タッチレス操作が可能なモデルもあり、見た目もスマートで、衛生的な利用が可能です。
  7. ディスプレイとインターフェース
    デジタルディスプレイを備えたモデルは操作が容易で、現代的なスマートホームに適しています。
  8. 統合された機能
    追加の機能がデザインに統合されており、例えばコーヒーメーカーやスパークリングウォーターメーカーが内蔵されているモデルもあります。
  9. 子供に優しいデザイン
    安全ロック機能や子供が使いやすい高さに配置された水抜き口など、家庭での使用を考慮したデザインが採用されています。
  10. 環境に優しい材料
    エコフレンドリーな素材を使用しており、サステナビリティに配慮したデザインのものも増えています。

このように、ウォーターサーバーのデザインは、実用性を保ちつつも、消費者の個々の好みやライフスタイルに合わせて選べるように進化しています。

美的感覚や個性を反映させつつ、生活空間に調和する製品が多くなっています。

まとめ

  1. 新鮮な水
    常に新鮮な水を利用できます。
  2. 便利性
    水のボトルを買って運ぶ必要がなく、自宅やオフィスで直接利用できます。
  3. 温度の選択
    冷水と温水を選べるので、飲み物や料理にすぐに使えます。
  4. 味の向上
    浄化された水は味が良く、飲料や料理の味を損ないません。
  5. 経済的
    大量の水を購入するよりもコストを抑えられる場合があります。
  6. 環境に優しい
    一度に大量の水を購入することでプラスチック廃棄物を減らせます。
  7. 安全性
    定期的に交換されるウォーターボトルやフィルターは、水質を保つ上で安心です。
  8. 健康促進
    おいしい水が手軽に取れるため、水分摂取量が増え、健康維持に寄与します。
  9. スペース節約
    大量のペットボトルをストックするスペースが不要になります。
  10. デザイン
    モダンなデザインのものが多く、インテリアとしても部屋に馴染みます。

銀金
銀金

最近はボトル型以外にも

浄水型も流行っていますね!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました