アル・パチーノとは ざっくり紹介

人物
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

 生い立ち

アルフレッド・ジェームズ・パチーノは、1940年4月25日にニューヨーク市のイースト・ハーレム地区に生まれました。

彼の両親はイタリア系アメリカ人で、彼が2歳のときに離婚しました。
このため、彼は母親と祖母とともに育てられました。

少年時代から演劇に興味を持ち、
ニューヨークの有名な演劇学校であるリー・ストラスバーグ劇場研究所で学びました。

俳優としての初期のキャリア

1960年代にオフ・ブロードウェイでの役を経て、彼の才能はすぐに認識されました。

1969年には、彼のブロードウェイデビュー作である『Does a Tiger Wear a Necktie?』でトニー賞を受賞しました。

 映画キャリアの飛躍

1972年、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザー』でのマイケル・コルレオーネ役が、パチーノのキャリアの転機となりました。

この役で彼はアカデミー賞にノミネートされ、続く『ゴッドファーザー PART II』でも同様の評価を受けました。

1971年の『パニック・イン・ニードルパーク』での役が、彼の映画キャリアの始まりとなりました。

しかし、翌年の『ゴッドファーザー』でのマイケル・コルレオーネ役が、
彼の名を世界中に知らしめることとなりました。

この映画は商業的にも批評的にも成功を収め、パチーノはアカデミー賞にノミネートされました。

1980年代の成功

1983年の『スカーフェイス』でのトニー・モンタナ役は、パチーノのもう一つのアイコニックな役となりました。

彼の過激な演技は賛否両論を呼びましたが、この映画は後にカルト的な人気を持つようになりました。

『ゴッドファーザー PART II』や
『ドッグ・デイ・アフタヌーン』などのヒット作に続けて出演した後、
1983年の『スカーフェイス』では、キューバ移民のギャング、トニー・モンタナとしての役柄が特に注目されました。

この映画は彼のキャリアの中でも特に印象的な作品として位置づけられています。

持続的な影響と受賞

1990年代から2000年代にかけて、パチーノは『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』での役でアカデミー賞を受賞するなど、数々の賞を受け取りました。

彼はそのキャリアを通じて、映画、テレビ、舞台の3つのメディアすべてでトニー賞、エミー賞、アカデミー賞を受賞する、数少ない俳優の一人となりました。

 私生活と現在の活動

パチーノはプライベートを非常に守っており、公の場で多くを語ることはありません。

彼には3人の子供がおり、彼らとの関係を大切にしています。

現在も彼は俳優として活動を続けており、最近では『アイリッシュマン』などの映画に出演しています。

また、演劇の世界にも引き続き関与しており、舞台演出や出演も行っています。

近年では、テレビシリーズ『ナチ・ハンターズ』にも主演しており、彼の演技の幅の広さを証明しています。

アル・パチーノは、その独特の声や存在感で多くの映画ファンを魅了してきました。

彼の豊富なキャリアは、彼が映画界の真の伝説であることを示しています。

やっぱり

スカーフェイスかゴットファーザーⅡ

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました