北野武とは ざっくり紹介

人物
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

北野武(ビートたけし)の生涯

初期の人生と芸能界デビュー

北野 武(キタノ タケシ)は、1947年に東京都で生まれました。

彼は若い頃から多才で、小、中、高校と野球部に所属。

高校時代には野球の他に、ボクシングもしていた。

大学は明治大学に入学し、様々なアルバイトを経験し、その中でジャズに傾倒する。

そんな中、学生演劇にも参加し、構成にも携わっていた。

テレビと映画への進出

1980年代初頭、漫才ブームの中、彼はビートたけしの名前で漫才コンビ「ツービート」として、相方のビートキヨシとともに芸能界にデビューしました。

1980年代に入ると、ビートたけしはテレビのバラエティ番組に出演するようになり、その独特なユーモアセンスで一世を風靡しました。

特に明石家さんまと共演した『オレたちひょうきん族』が大ヒット!一躍スーパースターに!

さらに彼は映画界にも進出し、1989年には監督デビューを果たしました。

監督としての成功

たけしは映画監督としても才能を発揮し、1989年『その男、凶暴につき』や1993年『ソナチネ』など、国際的な賞を受賞する作品を数多く手掛けました。

特に『HANA-BI』は1997年のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、彼の名を世界に知らしめました。

映画の特徴

  • 青が基本テーマの「キタノブルー」
  • セリフ少なめ「このヤロウ」「バカヤロー」
  • 暴力シーンのリアリティー(そんな中、唐突なユーモア)
  • 静寂の中の衝撃

事故と復帰

1994年、たけしはオートバイ事故に遭い、一時は命の危機にも瀕しましたが、奇跡的に回復。

1996年には『キッズ・リターン』で監督復活。

事故後も彼の芸能活動は続き、テレビ、映画、書籍など多岐にわたって活躍を続けました。

事故後の作品には、命の尊さや人間の弱さなどのテーマが色濃く表れています。

2000年代の活動

2000年に入ってからも、北野武は多くの作品を発表し続け、その才能を惜しまず振るっていました。

2003年『座頭市』や『アウトレイジ』シリーズで映画監督として彼の作品は日本だけでなく、世界中で高く評価されています。

¥3,836 (2023/09/15 18:43時点 | Amazon調べ)

まとめ

北野武(たけし)は、日本の芸能界と映画界を代表するカリスマ!

1980年代初頭に漫才コンビ「ツービート」としてデビュー。

その後、映画監督として多数の受賞歴を持ち、特に『HANA-BI』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。

1994年のオートバイ事故を乗り越え、その後も多岐にわたる芸術活動を続けた。

北野武(たけし)、またの名をビートたけしは、独自のセンスと深い人間観察で、多くの作品を通じて人々に影響を与え続けています。

日本の多才なエンターテイナーであり、コメディアン、映画監督、俳優、テレビ番組司会者、作家などとして幅広く活躍し続けています。

銀金
銀金

まさか映画監督になって成功するとは!

お笑い界のスターが、映画界でもスターに!

まさに才能の塊ですね!


¥3,067 (2023/09/15 18:39時点 | Amazon調べ)
¥3,135 (2023/09/15 18:40時点 | Amazon調べ)

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました