ディストラクションベイビーズ 映画・DVD・VOD

映画・DVD・VOD
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

概要・感想

『ディストラクション ベイビーズ』は、2016年に公開された日本の映画。

柳楽優弥が主演を務めた作品。

この映画は、多くの観客や評論家から注目を浴び、柳楽優弥の演技力を改めて証明するものとなった。

映画は、主人公と弟の兄弟の物語を中心に展開。
主人公は無差別な暴力行為を繰り返す危険な男で、ある日突如、弟の前から姿を消す。

彼の目的は、知らない人々との喧嘩を繰り広げること。

途中、高校生の菅田将暉演じる北原裕也と出会い、行動を共にしていく。

相手を完全に打ち負かすことではなく、彼自身がどれだけ痛みを受けられるかという体験、、。

一方、弟は兄を探し求める旅を始めるが、、。

主人公は
商店街で暴れたり、車を盗んだり、その道中でまた問題を起こしたりとやりたい放題。

暴力行為はよりエスカレートしていく、、。

最後は地元に戻り、警察官に職務質問され、、、。
彼の中に潜む痛みや哀しみに気付き始める、、、。

暴力の連鎖、家族の絆、孤独と対人関係の難しさをテーマにしており、
キャラクターたちの背景や心情に深く触れている。

個人的見解

緻密なキャラクター描写やリアルな演技、そして独特の雰囲気。

柳楽優弥の圧倒的な演技は、恐怖を感じる、、、。

多くの賞を受賞し、彼の俳優としての地位を更に確立させた問題作かな、、。

暴力を介して人間の心の奥深くに迫る挑戦的な作品。
柳楽優弥の卓越した演技と、独特な世界観が融合して、観る者を引き込む力強い映画。

破壊的な映画。とにかく柳楽優弥が狂気!!

⇩映画を快適にご覧になるなら是非!⇩

日テレドラマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました