宇多田ヒカルとは ざっくり紹介

人物
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

生い立ち

宇多田ヒカルは1983年1月19日、アメリカ・ニューヨークで生まれました。
父親の宇多田照實はプロの音楽家として知られ、
母親の藤圭子も70年代にポップシンガーとして活躍していました。
そのため、宇多田は幼少期から音楽的な環境に身を置いて育ちました。

 デビュー前

彼女は中学生のころから曲作りを始め、その才能はすぐに業界関係者の注目を集めました。
特に「First Love」は彼女がまだ15歳の時に書き下ろしたもので、
後に彼女の代表曲となりました。

 爆発的なデビュー

1998年、宇多田ヒカルは15歳でデビューシングル「Automatic/time will tell」をリリースし、これが瞬く間に大ヒット。
1999年には1stアルバム「First Love」をリリースし、これは日本のアルバム売上歴代1位という記録を持っています。

国際的な展開

彼女は日本だけでなく、国外での活動も積極的に行っていました。
2004年には全曲英語のアルバム「Exodus」をリリース。
このアルバムは海外の音楽市場でも一定の成功を収めました。

一時の休止と復帰

2010年に、宇多田ヒカルは一時的に音楽活動を休止することを発表。
この間も音楽制作は続けていましたが、公の場には出てきませんでした。
しかし2016年に「Fantome」というアルバムで華々しく復帰しました。

その後の活動

復帰後も彼女の作品は高い評価を受け続けています。
「初恋」や「One Last Kiss」といった曲がリリースされ、
CMやメディアにも積極的に出演するようになり、
また映画音楽の主題歌を手掛けるなど幅広く活動しています。

私生活

宇多田ヒカルの私生活も多くのファンやマスコミの関心を引いてきました。
2002年にイタリアのバー経営者と結婚するも後に離婚。
その後も彼女の結婚や出産に関するニュースは大きな話題となっています。

彼女の音楽に対する姿勢

宇多田ヒカルはデビューから現在まで、音楽に対する姿勢を変えることなく、独自のスタイルで楽曲を提供し続けています。
彼女の楽曲はその深い歌詞や独特のメロディで多くの人々の心をつかんできました。

歌もビジュアルもクリーンヒット!!

歌声は本当に天使の声、天才!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました