【年末にやるべき事】おせち準備や大掃除・お歳暮・年賀状などおすすめ5選を徹底解説!ざっくり紹介!

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

日本特有の年末の習慣や行事を踏まえたやるべき事5選をざっくり紹介します。

銀金
銀金

年末は何かとバタバタします。

早めに準備しましょう!!

大掃除

大掃除(おおそうじ)は、年末に行われる伝統的な習慣です。

これは単なる掃除活動ではなく、新年を迎えるための準備として、家の中の隅々まで清める重要な行事とされています。

以下にその特徴と進め方を詳しく説明します

意義と目的

  • 精神的な浄化
    物理的な清掃だけでなく、新年に新しい気持ちでスタートを切るための精神的な浄化の意味もあります。
  • 神様の迎え入れ
    新年を祝う神様を家に迎え入れるための準備として行います。

掃除の対象

  • 家全体
    居間、台所、浴室、トイレ、寝室など、家全体を徹底的に掃除します。
  • 忘れがちな場所
    普段掃除をしない照明器具の上、冷蔵庫の裏、押し入れの奥なども念入りに清掃します。
  • 外の環境
    家の外壁や窓、玄関周り、庭やベランダも対象になります。

掃除の手順

  1. 計画を立てる
    いつ、どの部屋を掃除するか計画を立て、家族で役割分担をします。
  2. 不要物の処分
    不要なものを捨てることから始め、断捨離をして物の整理をします。
  3. 隅々まで
    棚の中や押し入れ、家具の裏など通常見落としがちな場所も掃除します。
  4. 拭き掃除
    ほこりを取った後は、拭き掃除をして家具や床をピカピカにします。
  5. 窓掃除
    窓ガラスを磨き、明るく清潔な光が入るようにします。

時期

  • 大掃除は12月に入ってから年末にかけて行われることが多いですが、特に12月28日までに終わらせるのが一般的です。12月29日は「二十九日(にくようび)」と呼ばれ、肉を避ける日とされており、掃除を避ける風習もあるためです。また、12月31日は一年の最後の日なので、掃除をするとその年の運を掃き出してしまうとも言われています。

まとめ

大掃除は、単なる清掃作業を超え、家族が協力し合いながら新年を迎える準備をする大切な習慣です。

この行事を通じて、物理的な環境だけでなく、心の中も新しい年に向けてリフレッシュすることができます。

年賀状の準備

年賀状は、新年の挨拶として古くから続く文化です。

具体的な準備の手順を以下に紹介します。

年賀状とは

  • 新年の挨拶を兼ねたはがきで、親しい人や仕事関係者に対する感謝の気持ちや新年の祝福のメッセージが書かれています。

デザイン

  • 年賀状は、動物や風景、伝統的な日本の文様など、多様なデザインで飾られます。
  • 年賀状専用のはがきが郵便局で販売されており、来年の干支や年号がプリントされたものも人気です。
  • 近年ではパーソナルコンピュータやスマートフォンのアプリを使用してオリジナルのデザインを作ることも一般的です。

宛名書き

  • 手書きで一枚一枚丁寧に宛名を書くことが基本ですが、宛名印刷サービスを利用する人もいます。
  • 相手の家族構成や住所変更などがないか事前に確認し、間違いがないように注意が必要です。

メッセージ

  • 一言メッセージを書くスペースがあるので、そこには手書きで新年のあいさつや近況を簡単に書き加えることが一般的です。

投函時期

  • 年賀状は元日に届くように、郵便局が指定する期間内に投函する必要があります。
  • 通常、12月中旬から25日頃までが年賀状の投函期間となります。

返信

  • 年賀状を受け取ったら、できるだけ早めに返信するのが礼儀とされています。ただし、新年を過ぎてからの返信は「寒中見舞い」として扱われることが多いです。

まとめ

年賀状の準備は、デザイン選びからメッセージの添え書き、宛名の書き方に至るまで、日本ならではの心遣いや美意識が表れる文化です。

SNSの普及で直接連絡を取ることが多くなった今でも、年賀状を通じて一年の感謝と新年の祝福を伝え合う習慣は大切にされています。

お歳暮の手配

お歳暮は、一年の終わりに感謝の気持ちを込めて親しい人やお世話になった人に贈る伝統的な習慣です。

お歳暮の手配について詳しく説明します。

お歳暮とは

  • お歳暮は、感謝の気持ちや一年間の絆を確認し合うためのギフトです。
  • 通常は、家族、親戚、ビジネス関係者、先生など日頃お世話になっている人々に贈られます。

選ぶべき品物

  • お歳暮に選ばれる商品は、食品(ハム、缶詰、魚介類、果物など)や飲料(ビール、日本酒、ワインなど)、日用品(タオルセット、洗剤など)が一般的です。
  • 最近では、個人の好みやライフスタイルに合わせて、カタログギフトを選ぶこともあります。

手配のタイミング

  • お歳暮の時期は、一般的には12月初旬から年末までとされていますが、贈る相手によっては11月下旬から準備を始めることもあります。
  • 贈り先によっては年末が非常に忙しい場合もあるので、12月初旬までには届けるように手配するのが良いでしょう。

お歳暮の手配方法

  1. 相手の好みやニーズを考える
    贈る相手の好みや家庭の状況を考慮して商品を選びます。
  2. 予算を決める
    お歳暮にかける予算を決め、それに応じた品物を選びます。
  3. 購入
    百貨店やスーパー、オンラインショップなどでお歳暮用の商品を選びます。
  4. 配送の手配
    贈り物を直接手渡しする場合もありますが、多くは郵送や宅配サービスを利用して送ります。
  5. のし(包装紙)の指定
    お歳暮専用の「のし」を選び、贈る相手の名前や自分の名前を明記します。

その他のマナー

  • 贈る相手が喪中の場合、お歳暮を控えるか、あるいは品物の選択やのしの色(喪中は白黒の水引)を変える必要があります。
  • お歳暮はあくまで感謝の気持ちを伝えるものなので、相手に負担をかけないような品物を選ぶことが大切です。

お歳暮を通じて、年末の挨拶と感謝の気持ちを伝え、人と人との絆を深めるという日本の美しい習慣は、現代でも大切にされています。

¥3,240 (2023/11/09 08:21時点 | Amazon調べ)

除夜の鐘

除夜の鐘は、年越しの行事の一つで、大晦日の深夜に寺院で鐘を108回鳴らす伝統的な習慣です。

この行為には深い仏教的意味合いが込められています。

由来と意味

  • 108の煩悩
    除夜の鐘は、人間を苦しめる108の煩悩を除去するために鳴らされるとされています。それぞれの鐘の音が、一つの煩悩を取り除くことを象徴しています。
  • 年の終わりと始まり
    古い年の終わりと新しい年の始まりを、鐘の音によって心の浄化とともに迎える意味があります。

実施の方法

  • 大晦日の夜、12月31日の23時頃から翌1月1日の深夜にかけて、寺院で鐘をつきます。
  • 一般的には、僧侶が最初の鐘をついた後、参拝者が交代で鐘をつくことが多いです。
  • 最後の一撃は新年を迎えた後に鳴らすことが多いですが、寺院によって異なる場合もあります。

鐘をつく際の心構え

  • 鐘をつく際には、一年の間に自分が感じた苦しみや煩悩を手放し、新たな年を清らかな心で迎えるための準備をするという心構えで臨むのが伝統です。
  • 一撃一撃を大切にし、鐘の音と共に過去を振り返りながら新年への願いを込めます。

社会的・文化的意義

  • 除夜の鐘は単なる宗教行事に留まらず、日本の社会における新年を祝う一大イベントとなっています。
  • 近年では、テレビ放送されることも多く、非仏教徒を含めた多くの人々に親しまれています。

まとめ

除夜の鐘は、新旧の年の節目に心を清めるための重要な儀式であり、日本の年末に欠かせない伝統行事です。

それぞれの鐘の音が、新しい年に向けて人々の心を浄化し、新たな始まりを告げる意味を持っています。

この行事は多くの人々にとって、年の終わりの静かな瞬間を提供し、内省とともに新年への希望を育む機会となっています。

年末年始の食事準備

年末年始の食事は日本の家庭で特に重要視され、伝統的な料理が多く用意されます。

これらの料理は、祝祭の雰囲気を高め、新年を迎える準備の一環となっています。

年末の食事準備

大掃除が終わった後、年末に向けて食事の準備を始めます。

おせち料理の準備

  • おせち料理は、一年の始まりを祝うための伝統的な料理で、色々な縁起物が詰められた重箱に入っています。
  • 各料理には、健康、長寿、子孫繁栄などの願いが込められており、事前の準備が必要です。

年越しそばの用意

  • 年越しそばは大晦日に食べられる習慣で、長寿と家族の結びつきを象徴しています。
  • そばは比較的簡単に準備できるため、大掃除などで忙しい中でも手軽に楽しめます。

食材の購入

  • 年末はスーパーマーケットが非常に混雑するため、早めに必要な食材を購入します。
  • おせち料理に使う食材は、事前に予約購入することが一般的です。

年始の食事準備

おせち料理の最終確認と仕上げ

  • 大晦日には、おせち料理の最終確認を行い、冷蔵庫で冷やして新年に備えます。
  • 必要に応じて、新年の朝に簡単な仕上げを行うこともあります。

雑煮の準備

  • 元旦には、お雑煮を食べる家庭が多いです。
  • 地域によって具材や出汁が異なるので、各家庭の伝統に従った準備をします。

お酒やお供え物の準備

  • 新年の乾杯に用いるお酒(日本酒など)や、神棚や仏壇へのお供え物も準備します。

注意点

  • 年末年始は店舗が休業することが多いので、食材は前もって購入しておくことが重要です。
  • おせち料理は日持ちするように工夫されているため、早めに準備をしても問題ありません。

年末年始の食事準備は、新年を迎える準備として家族が協力して行う大切な行事の一つです。

これらの食事には、一年の無病息災や家族の幸福を願う意味が込められ、日本の文化として受け継がれています。

まとめ

  1. 大掃除(おおそうじ)
    家の隅々まで掃除をし、神様を迎える準備をします。
  2. 年賀状の準備
    家族や友人、仕事関係者へ送る年賀状を書いて準備します。
  3. お歳暮の手配
    ビジネス関係者や親戚に対する感謝の意を示すため、お歳暮を送ります。
  4. 除夜の鐘
    大晦日には寺院で108回鳴らされる除夜の鐘に参加し、一年の罪や煩悩を清算します。
  5. 年末年始の食事準備
    おせち料理やお雑煮など、正月に食べる伝統的な料理の準備をします。

これらは年末に向けて準備されるべき事柄の一部ですが、日本では家庭や地域によって様々な風習があります。

銀金
銀金

しっかり

準備を整えて新年を迎えたいものですね!!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました