【年始にやるべき事】おせちや福袋・初詣・門松・鏡餅・書初めなどおすすめ5選を徹底解説!ざっくり紹介!

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

年始に伝統的に行われる事としてやるべき事5選をざっくり紹介します。

銀金
銀金

年末から年始にかけて

何かとバタバタしますが、

良い新年にするために、大事な行事ですね!!!

初詣(はつもうで)

初詣は日本の新年の伝統的な行事の一つで、多くの人々が新年の最初の数日間に神社やお寺を訪れる習慣です。

ここに初詣の概要を紹介します

タイミング
初詣は通常、元日の深夜(1月1日の0時過ぎ)から始まり、最初の数日間、あるいは成人の日までの1月中旬にかけて行われます。

場所
人々は地元の神社やお寺に行きますが、特に有名な神社や大きなお寺は、非常に多くの参拝者を引きつけます。例えば、東京の明治神宮や、京都の伏見稲荷大社などは特に人気です。

目的と願い事
参拝者は新しい年の安全、健康、幸運、商売繁盛などを祈願します。家族の幸福や子どもの成長、学業成就など、個人的な願いを祈る人もいます。

おみくじ
参拝者はおみくじを引くこともよくあります。これは小さな紙に書かれた運勢を占うもので、大吉(とても良い運勢)から大凶(とても悪い運勢)まで様々な結果が出ます。不吉な結果のおみくじは、多くの場合、神社やお寺の境内に結びつけて悪運を祓います。

参拝の作法
参拝には特定の作法があります。例えば、二礼二拍手一礼(にれいにはくしゅいちれい)という手順で、二度お辞儀をして、二回拍手を打った後、再びお辞儀をするのが一般的です。

縁起物の購入
神社では、お守りや縁起物が販売されており、これらを購入して新年の幸運を願うことも一般的です。

交通と混雑
大規模な初詣では、交通機関が深夜にも運行することがありますが、有名な神社やお寺ではかなりの混雑が予想されます。そのため、深夜や早朝の参拝を選ぶ人も多いです。

これらの伝統的な習慣は、日本の文化や信仰において重要な役割を果たしており、多くの人々にとって新年の祝福と希望の象徴となっています。

おせち料理を食べる

おせち料理は新年を祝うための特別な料理で、歴史、文化、そして願いが込められた多彩な食材を使った料理の集合体です。

伝統的には重箱に層になって盛り付けられ、「重ねる」という言葉が「重なる喜び」を意味することから縁起が良いとされています。

おせち料理の構成
おせち料理にはさまざまな料理が含まれており、それぞれが特定の意味や願いを象徴しています。一般的なものには以下のような料理があります:

  • 黒豆(くろまめ)
    勤勉さと健康を願い、「まめに働く」という言葉遊びから来ています。
  • かまぼこ(蒲鉾)
    日の出を象徴する形をしており、明るい未来を意味します。
  • 田作り(たづくり)
    豊作を祈願するための料理で、小魚を砂糖と醤油で煮たものです。
  • 煮しめ
    根菜類を中心とした煮物で、長寿と家族の絆を意味します。
  • 数の子(かずのこ)
    子孫繁栄を願い、魚の卵は多産を象徴します。
  • 海老
    長寿を象徴し、曲がった背中が老人の姿を連想させるためです。
  • 昆布巻き
    「喜ぶ」に通じる昆布(こんぶ)で、幸福を願う料理です。

準備と食べ方
おせち料理は基本的に前もって準備をして、新年の最初の数日間で食べます。保存性を高めるために煮たり、漬けたりする調理法が多用され、それによって新年の初日には料理をせずに済み、ゆっくりと新年を過ごすことができるようになっています。

現代のおせち料理
伝統的な食材や料理法に加え、現代のおせち料理には洋風の食材や家庭ごとのオリジナル料理を取り入れるケースも増えています。また、手作りではなく、予約して購入する家庭も多いです。

食文化としての価値
おせち料理は、日本の年中行事の食文化として重要な位置を占めており、それを通じて家族が一同に介し、新年の幸福を願う習慣は、多くの日本人にとって大切な時間となっています。

門松や鏡餅を飾る

門松と鏡餅は、日本の新年を飾るための伝統的な装飾です。

これらは年神様を迎え、新しい年の家庭の安泰と繁栄を願って設置されます。

門松(かどまつ)
門松は、新年を迎える準備として大晦日か元日の前に家の入口か門前に設置される装飾です。これは年神様を迎えるための目印とされ、その年一年の家族の幸福と繁栄を願う意味が込められています。

門松の基本的な構成要素は以下の通りです


  • 強さと生命力を象徴し、竹の節は節目を、高く伸びる姿は成長を意味します。

  • 松は長寿と不老不死を象徴し、緑の葉は常緑樹であり、生命力の持続を意味します。
  • しめ縄
    神聖な場所を区切る役割があり、邪気を払うために使われます。

鏡餅(かがみもち)
鏡餅はお正月の神様への供え物であり、家族の絆や繁栄を願うシンボルです。一般に2つの丸い餅を重ねて、その上にみかんなどの果物を乗せて飾ります。

鏡餅の要素にはそれぞれ意味があります

  • 二つの餅
    年の重ね合わせを象徴し、または日本の神話にある天と地を表しています。
  • 上に乗せるみかん
    「実る」という言葉遊びから、多産や子孫繁栄を願います。

  • 円い形は鏡に似ており、神様との繋がりや自己省察のシンボルです。

通常、これらの飾りは新年の期間中家に置かれ、1月中旬の小正月や節分前に下げることが多いです。

特に鏡餅は、その年の最初の神事である「鏡開き」に割って食べることで、神様の力や恩恵を頂くとされています。

門松は正月が終わると、縁起物として燃やされる地域もあります。これらの行事は、日本の自然崇拝や祖先崇拝の伝統を反映しています。

書初め(かきぞめ)

書初め(かきぞめ)は、日本の新年の伝統行事の一つで、特に学校でよく行われる風習です。

この行事では、人々が筆と墨を用いて一年の抱負や目標、または縁起の良い言葉を真剣に書きます。

これは新年の決意を表すとともに、書道の技術向上を図る機会ともなっています。

書初めの意義

  • 自己修養
    書初めは自己の精神を集中させ、内省する時間を持つことで精神性を高める行為とされています。
  • 目標設定
    新しい年に何を成し遂げたいのか、またはどのような人間になりたいのかを示します。
  • 芸術性
    書道は芸術の一形態でもあるため、美しい文字を書くことで美的感覚を養うこともできます。

実践方法

  • 通常は、長方形の白い紙(半紙や色紙)に筆と墨を使って行います。
  • 書く内容は事前に練習を重ねてから本番に臨むことが多いですが、一発書きで心を込めて書くことが求められます。
  • 書き上げた作品は家族や学校で展示されることが多く、場合によっては地域の展覧会に出品されることもあります。

書初めの時期

  • 書初めは通常、新年が始まってから間もない時期、1月2日や3日に行われることが多いです。

現代の書初め

  • 現代では、書道を習う子供が減少傾向にあるものの、書初めは依然として文化的な教育の一環として学校教育に取り入れられています。
  • また、新年のイベントとして商業施設や公共施設で書初め体験が提供されることもあります。

書初めは、書道の技術だけでなく、心を込めて何かを書くという行為が持つ精神的な側面を大切にする日本の伝統です。

福袋を買う

福袋(ふくぶくろ)は、日本における新年の商習慣の一つで、文字通り「福が詰まった袋」という意味があります。

各種小売店やブランドが、新年の初売りに合わせて特別に用意した袋に、様々な商品を詰め合わせて一定の価格で販売するものです。

中身は購入するまで分からないことが多く、通常は実際の商品の価値を上回る内容が入っていることが期待されます。

福袋の特徴と購入の魅力

  • 価値の高さ
    福袋の中身はその袋の価格よりも明らかに高価であり、顧客にとってはお得な買い物となります。
  • サプライズ要素
    何が入っているか分からないため、開けるまでのワクワク感があります。
  • 限定商品
    時にはその福袋限定の商品や色が含まれていることもあり、ファンにはたまらない魅力です。
  • 一括購入の便利さ
    色々な商品が一度に手に入るので、新しいブランドや商品を試すきっかけにもなります。

福袋の購入戦略

  • 早起きして並ぶ
    人気の福袋は売り切れることが多いため、店頭での販売開始前に長時間並ぶことが一般的です。
  • オンラインで購入
    近年ではオンラインショップでも福袋を販売するところが増えています。
  • 事前情報をチェック
    いくつかの店舗では福袋の予告編や中身の一部を事前に公開することがあるので、情報をチェックすることが大切です。
  • 予約購入
    人気のある福袋は事前に予約ができる場合があります。

福袋の中身に関する注意点

  • 返品・交換不可
    福袋の商品は基本的に返品や交換ができないのが普通です。
  • バリエーション
    種類によってはサイズが合わない服や自分には不要な商品が含まれているリスクがあります。
  • 価値の主観性
    福袋の中身の価値は、購入者によって大きく異なる場合があります。

このように福袋は、新年のお楽しみであり、消費者にとっては新たな発見やお得感を提供する一方で、小売店にとっては在庫処分や新年の売上げを伸ばす手段として利用されています。

まとめ

  1. 初詣(はつもうで)
    新年になったら、地元の神社やお寺に初めて参拝し、一年の健康や幸運を祈願します。
  2. おせち料理を食べる
    正月には特別に用意されたおせち料理を食べます。それぞれの料理には、幸運や健康、長寿などを願う意味が込められています。
  3. 門松や鏡餅を飾る
    家の入り口に門松を飾り、屋内には鏡餅を置いて、神様を迎え入れるとされています。
  4. 書初め(かきぞめ)
    新年に向けて心を新たにするため、筆と墨を使って美しい文字で書初めをします。
  5. 福袋を買う
    店舗が新年に特別価格で販売する福袋を求めて、多くの人が買い物に出かけます。中身はお得なサプライズが詰まっています。

これらの習慣は、地域や家庭によって多少異なる場合がありますが、日本の年始を象徴する伝統行事です。

銀金
銀金

伝統を大切にして

良い新年を過ごしたいものですね!!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました