【災害時に必要な物】台風・地震・火事の時の必須アイテム・おすすめグッズ5選を徹底解説!ざっくり紹介!

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

災害時のおすすめグッズ5選についてざっくり紹介します。

銀金
銀金

勿論、災害なんて起きない方が良いに決まってますが、

いつ何時、、起きてしまうか、、わかりません、、、。

非常食

非常食の重要性

非常食は、災害などの緊急事態時に通常の調理が難しくなる場合や、食料の供給が途絶える恐れがある時に、命を繋ぐための食料として必要です。

一般的には、少なくとも3日分の食料を備えておくことが推奨されます。

おすすめの非常食

  1. カンパン
    長期保存が可能で、エネルギーも豊富。
  2. レトルト食品
    カレーやシチューなど、熱湯や常温での調理のみで食べられるものが便利。
  3. インスタントラーメン
    お湯を注ぐだけで食べられる。
  4. 缶詰
    サバやツナ、フルーツなど。長期保存が可能で開封も容易。
  5. 乾燥ミルク
    水を足して再生することができ、栄養が豊富。
  6. 乾燥フルーツやナッツ
    保存が効く上、エネルギー補給に適している。
  7. エネルギージェルやバー
    スポーツ選手が使用するような、すぐにエネルギーを補給できるアイテム。
  8. 飲料水
    最も基本的な非常食とも言える。3日分以上の備蓄を心がける。
  9. 炊飯セット
    お湯を注ぐだけでごはんが炊けるセット。
  10. 防災用食品セット
    専門店やネットで購入できる、非常時専用の食品セット。

保存に関する注意点

  • 非常食は定期的に消費・更新することが大切。保存期限を確認し、期限が近づいてきたら普段の食事で消費し、新しいものと入れ替える。
  • 保存場所は冷暗所がベスト。高温多湿や直射日光を避ける。
  • 開封後は速やかに食べること。缶詰やレトルト食品も開封後はすぐに食べ切るようにしましょう。

非常食は、災害時の安全と生命の維持のための最後の砦です。

適切な備蓄と管理を心がけることで、緊急時に安心して過ごすことができます。

楽天1位獲得

水の重要性

水は人間の生命維持に不可欠な要素です。

人は食料なしで数日から数週間生きることができますが、水がないと数日で生命を維持することができません。

特に災害時には飲料水の確保が難しくなる可能性があるため、事前の備蓄が非常に重要です。

飲料水の備蓄量

  • 1人1日あたり2〜3リットルを目安に考えるのが一般的。これには飲む水だけでなく、調理や洗顔などにも使われる水を含みます。
  • 災害時には最低3日分、できれば1週間分の水を備蓄することが推奨されています。

おすすめの水の保存方法

  1. 商用のペットボトル水
    開封前なら長期保存が可能。保存期限は確認すること。
  2. 専用の備蓄水
    災害時のための特別なパッケージで、長期保存ができるものもある。
  3. 家庭用のタンク
    大量の水を保存することができる。定期的に水を入れ替えること。
  4. 水の浄化
    タブレットや液体の浄水剤、ポータブルの浄水器などを使用して、安全に飲める水を確保する方法。

保存に関する注意点

  • 常温での保存を推奨。直射日光や高温を避けること。
  • 容器やタンクを使用する場合は、定期的に中身を入れ替えるか、または清潔に保つこと。
  • 開封したペットボトル水は、数日で飲み切るようにする。

その他の情報

災害時には、湧水や川などの自然な水源から水を確保する場合があるかもしれませんが、その際は浄水処理を必ず行うこと。

生水はバクテリアやウイルス、寄生虫などの感染リスクがあるため、沸騰させてから使用する、浄水器や浄水剤を利用するなど、適切な処置が必要です。

水の備蓄と保存は、災害時のリスクを大きく軽減する重要な要素の一つです。

常日頃からの備えと意識が大切です。

懐中電灯

懐中電灯の重要性

災害時や停電時には、情報収集や移動、救助活動などに懐中電灯は欠かせません。

安全確保や日常生活の維持のため、明るさを手元に持つことは極めて重要です。

おすすめの懐中電灯のタイプ

  1. LED懐中電灯
    省エネで明るく、長寿命。最も一般的に推奨されるタイプ。
  2. 手回し式懐中電灯
    電池が不要で、手動で発電することができる。
  3. ソーラー充電式
    太陽光を利用して充電するタイプ。日中に充電して夜間使用するのが良い。
  4. ヘッドライト
    頭に取り付けることで、両手を自由に使用できる。
  5. 蓄光式
    光を吸収して蓄え、暗闇で発光する。光源としては弱いが、目印やサインとして役立つ。

機能や特徴

  • 明るさ調整
    明るさのレベルを変更できるモデルは、状況に応じて使い分けが可能。
  • 防水・耐衝撃
    災害時の雨や落下などに備えて、耐久性のあるものを選ぶとよい。
  • 長時間点灯
    バッテリーの持続時間が長いものは、長期間の停電に備えて有効。
  • 緊急信号機能
    SOS信号を発するモードが付いているものもある。

保管・使用時の注意

  • 電池の交換
    使わない期間が長い場合、電池の液漏れに注意し、定期的に新しい電池と交換する。
  • 予備の電池
    長期の停電や使用に備えて、予備の電池を常備しておく。
  • 定期的な点検
    懐中電灯の動作確認や電池の状態を定期的にチェックし、必要に応じてメンテナンスを行う。

懐中電灯は、緊急時だけでなくキャンプやアウトドア、日常の停電時など、さまざまなシチュエーションで役立つアイテムです。

正しい選択と管理によって、安全や安心を手に入れることができます。

予備の電池

予備の電池の重要性

災害時や停電時、さまざまな電子機器が生命線となることが多いです。

懐中電灯、ラジオ、緊急時の連絡手段としての携帯電話など、これらの機器が動作し続けるためには電池の予備が不可欠です。

電池の種類

  1. アルカリ電池
    一般的に使用される乾電池。AA、AAA、Cセル、Dセルなどのサイズがある。
  2. リチウム電池
    高エネルギー密度で、長期保存に向いている。
  3. 充電式ニッケル水素電池
    繰り返し使用できるため経済的。
  4. ボタン電池
    時計や小型の電子機器に使われる。

予備の電池の保管

  • 冷暗所
    高温や湿度を避け、冷暗所に保管することで電池の寿命を延ばすことができる。
  • 使用前に確認
    長期間未使用の電池は液漏れのリスクがあるので、定期的に状態を確認すること。
  • 有効期限
    電池には有効期限が記載されているので、それを過ぎたものは使用を避ける。

注意点

  • 種類や極性の混在
    同じ機器内で電池の種類やブランド、極性を混在させることは避けるべきです。
  • 充電式電池
    定期的に充電と放電を行い、性能の低下を抑える。
  • 廃棄
    使用済みの電池は適切に廃棄すること。自治体の指示に従い、リサイクルや専用の回収ボックスに捨てる。

災害時や日常生活において、予備の電池は突然の停電や電池切れからくる不便や危険を避けるための重要なアイテムです。

適切な選択と管理を心掛け、必要な時に確実に使用できるように備えておくことが大切です。

ラジオ

ラジオの重要性

特に災害時や緊急事態において、ラジオは生命を守るための情報を迅速に提供してくれる信頼性の高いツールです。

テレビやインターネットの通信が途絶した場合でも、ラジオは比較的影響を受けにくいので、情報源としての価値が高まります。

おすすめのラジオのタイプ

  1. 手回し式ラジオ
    電池や電気が不要で、手動で発電できる。
  2. ソーラー充電式ラジオ
    太陽光を利用して充電。晴れた日には特に便利。
  3. バッテリー式ラジオ
    一般的で手軽。予備の電池とともに保管するのがおすすめ。
  4. マルチバンドラジオ
    AM、FMはもちろん、短波や天気予報など複数の周波数帯を受信できるもの。

機能や特徴

  • 複数バンド対応
    AM、FMだけでなく、短波や天気情報も受信できると、より多くの情報を得ることができる。
  • 充電機能付き
    ラジオ自体がモバイルバッテリーとして使えるものもあり、携帯電話などの充電が可能。
  • LEDライト機能
    緊急時のライトとしても使用できるものは、2つの役割を果たしてくれる。
  • 外部アンテナ
    受信感度を上げるためのアンテナを接続できるモデルもある。

保管・使用時の注意

  • 定期的な点検
    ラジオの動作確認や電池の状態を定期的にチェックする。
  • 予備の電池
    バッテリー式の場合、電池の消耗や有効期限を確認し、必要に応じて新しいものと交換する。
  • 情報の確認
    使用する地域の主要なラジオ局や、災害時に情報を発信する局を事前に調査しておく。

緊急時や日常生活においても、ラジオは信頼性の高い情報源として活用できます。

適切な選択と備えをして、必要な時に活用することが大切です。

まとめ

1. 非常食

  • 最低3日分、できれば1週間分の食料を備蓄。
  • カンパン、レトルト食品、インスタントラーメン、缶詰など、保存がきく食品を中心に。
  • 消費期限を確認し、定期的に入れ替える。

2. 水

  • 1人1日あたり2〜3リットルを目安に備蓄。
  • 飲用だけでなく、調理や洗顔などの生活用水も考慮。
  • 商用のペットボトル水や専用の備蓄水を利用。

3. 懐中電灯

  • LEDタイプや手回し式、ソーラー充電式など、複数の種類を備えるとよい。
  • 予備の電池も併せて保管。

4. ラジオ

  • 手回し式やソーラー充電式など、電池や電気に依存しないタイプがおすすめ。
  • AM、FMはもちろん、可能であれば短波も受信できるマルチバンドラジオを選択。

5. 予備の電池

  • 各家電製品の使用する電池のタイプと数を確認し、十分な量を備蓄。
  • 長期保存に向いているリチウム電池や、繰り返し使用できる充電式ニッケル水素電池が有効。

6. その他のグッズ

  • ビニールシートやタープ、防水バッグ、ガムテープやダクトテープ、手袋など、災害時の応急処置や生活のサポートに役立つアイテムを備える。

7. 定期的な点検

  • 非常食や水、電池などの消費期限や状態を定期的にチェックし、必要に応じて更新する。

とりあえずこれがあれば大丈夫

楽天1位獲得

災害時の備えは、日頃からの意識と準備が大切です。

常に状況を見直し、適切な備蓄と管理を心掛けることで、突然の災害にも対応できるようになります。

震度とマグニチュードの違いや特性・概念を徹底解説 ざっくり紹介
震度とマグニチュードの違いや特性・概念を徹底解説の概要をざっくり紹介
銀金
銀金

災害時に備えて、予め準備しておくことが

大切ですね!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました