【車検】費用や期間って?何年ごとに受けるの?わかりやすく簡単に徹底解説!ざっくり紹介!

CAR
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

車検(しゃけん)、正式には自動車検査登録制度とは、日本で実施される自動車の安全性や環境基準の遵守を確認するための制度です。

この検査は自動車の所有者が定期的に受ける必要があります。

以下で、ざっくり紹介します。

銀金
銀金

車を持っていると

必ず通さなければならない制度!!

もちろん費用かかります!!

目的

車検の主な目的は、自動車の安全性と環境適合性を確保し、公共の安全を守ることです。

これを掘り下げると、以下のような点が挙げられます。

  1. 交通安全の確保
    車検により、ブレーキシステム、ステアリング、灯火装置、タイヤなど、自動車の主要な安全装置が適切に機能しているか定期的にチェックされます。これにより、自動車が交通事故のリスクを最小限に抑える状態にあることを確認します。
  2. 環境保護
    排出ガス検査を通じて、自動車が環境に与える影響を評価し、排出ガスの基準を超えていないことを確かめます。これにより大気汚染の防止に貢献しています。
  3. 車両の維持管理
    車検は自動車の状態を定期的にチェックする機会を提供します。これにより、車両の小さな問題が大きな故障に発展する前に修理やメンテナンスを行うことができます。
  4. 法的要件の遵守
    車検は法律により義務付けられており、これを受けることで、車両所有者は法的な責任を果たしていることになります。
  5. 公共の信頼の維持
    定期的な検査を通じて、道路上の自動車が一定の基準に達していることが保証され、公共の安全と信頼が維持されます。

このように、車検は単に法的な手続き以上の意味を持ち、個々の自動車の安全性の確保から環境保護、さらには公共の安全まで、多岐にわたる目的を果たしています。

頻度

車検の頻度について掘り下げると、以下のような特徴があります。

  1. 新車の場合
    日本では新車の初回車検は登録から3年後に行われます。これは新車の品質が高いと見なされ、初期の段階では比較的少ないメンテナンスで安全が保たれると考えられるためです。
  2. 中古車の場合
    中古車は初回車検が終わった後、2年ごとに車検を受ける必要があります。これは中古車が新車に比べて使用年数が長いため、より頻繁な安全検査が必要とされるからです。
  3. 特定の車種の場合
    トラックやバスなど、特定の業務用車両は一般の乗用車よりも頻繁に検査を受ける必要があります。これらの車両は運輸業などで重用され、より激しい使用が想定されるため、安全性の確保のために1年に1回の車検が求められることが多いです。
  4. 車齢の影響
    車両の年齢が上がるにつれて、機械的な部品の摩耗や故障のリスクが高まります。そのため、定期的な車検により、年数の経った車両の安全性を保持することが特に重要になります。
  5. 遵法意識の促進
    定期的な車検は、車両所有者に対して自動車の状態を維持し、法律を遵守することの重要性を認識させます。

このように、車検の頻度は、車両の種類、年齢、使用状況に応じて異なり、日本の交通安全と環境保護の基準を維持するための重要な役割を果たしています。

検査内容

車検の検査内容は、自動車の安全性、法令遵守、環境保護のために幅広い項目をカバーしています。

具体的には以下のような点が検査されます

  1. ブレーキシステム
    ブレーキの効き、ブレーキペダルの状態、ブレーキフルードの漏れなどがチェックされます。ブレーキは自動車の安全運転において最も重要な部分の一つです。
  2. 排気ガス
    環境保護の観点から、排気ガスの検査が行われます。この検査では、一酸化炭素や炭化水素などの排出量が法的基準内に収まっているかを確認します。
  3. 灯火装置
    ヘッドライト、テールライト、ウインカー、ブレーキライトなど、すべての灯火装置が正しく機能しているかが検査されます。これは夜間や悪天候下での視認性を確保するために重要です。
  4. タイヤ
    タイヤの摩耗状態、パターンの深さ、タイヤの種類(スタッドレスタイヤなど)がチェックされます。タイヤの状態は操縦安定性やブレーキ性能に直結します。
  5. ステアリング
    ステアリングシステムの遊び、応答性、異常な音などが検査されます。適切な操縦性能は運転の安全に直結します。
  6. スピードメーター
    スピードメーターが正確に速度を表示しているかが確認されます。
  7. 車体の損傷状態
    腐食や損傷が進行していないか、特にフレームやシャーシの部分をチェックします。
  8. その他の安全装置
    シートベルト、エアバッグなどの安全装置が正常に機能しているかが確認されます。

このような広範囲にわたる検査により、車検は自動車の安全性を保つだけでなく、環境への影響を最小限に抑え、公共の安全を守る役割を果たしています。

また、これらの検査項目は自動車の状態を総合的に評価するためのもので、車両所有者にとっては自動車のメンテナンス状態を把握し、必要な修理や調整を行う良い機会となります。

手続き

車検の手続きは、日本において自動車の安全性と法令遵守を確保するための重要なプロセスです。

以下に、車検手続きの主要なステップを詳しく説明します。

  1. 車検の予約
    車検を受けるためには、民間の車検場、ディーラー、または指定工場に予約をする必要があります。予約時には車検の希望日時を決めます。
  2. 必要書類の準備
    車検を受ける際には、車検証、自賠責保険証、納税証明書など、いくつかの書類が必要です。これらの書類は車検時に提示する必要があります。
  3. 車両の事前点検
    車検前には、オイル漏れ、灯火装置の不具合、タイヤの状態など、基本的な点検を行うことが推奨されます。これにより、車検時に発見される問題を事前に修正し、スムーズな車検を実現できます。
  4. 車検場での検査
    車検場で自動車が厳格な検査を受けます。これにはブレーキ、排気ガス、灯火装置、タイヤなどの様々な項目が含まれます。
  5. 不合格項目の修理
    もし車検で不合格となった項目がある場合、それらを修理し再検査を受ける必要があります。
  6. 車検証の更新
    検査に合格すると、車検証が更新され、車両のフロントウィンドウに次回の車検期限を示すステッカーが貼られます。
  7. 料金の支払い
    最後に、検査料金と必要に応じて修理費用を支払います。車検の費用は、車両の種類や車検を行う場所、必要な修理の範囲によって異なります。

この手続きを通じて、車両の所有者は自動車が法的な安全基準を満たしていることを確認し、道路上での運転の安全性を保証します。

また、車検は車両の状態を定期的に点検し、必要に応じてメンテナンスや修理を行う良い機会でもあります。

結果

車検の結果に関して、以下の点について詳しく説明します。

合格の場合

  • 車検証の更新
    車検に合格すると、車検証が更新されます。新しい車検証には次回の車検期限が記載されます。
  • 車検ステッカー
    合格した車両には、フロントウィンドウに新しい車検ステッカーが貼られます。このステッカーには次回の車検期限が表示され、運転者や警察などにその車が合法的に道路を走行していることを示します。
  • 安全性の保証
    車検に合格することは、その車両が現時点で安全基準を満たしていることを意味します。

不合格の場合

  • 修理の必要性
    車検で不合格となった場合、合格するためには指摘された問題を修正する必要があります。
  • 再検査
    修理後、車両は再び車検を受ける必要があります。修理箇所のみが再検査の対象となることが多いです。
  • 使用制限
    不合格の状態では、車両を公道で運転することは法律で禁止されています。適切な修理と再検査を経て合格するまで、車両の使用は制限されます。

その他の注意点

  • 期限内の受検
    車検期限までに車検を受けない場合、車両は無車検状態となり、公道での運転が違法となります。
  • 継続的な維持管理
    車検に合格したからといって、それ以降のメンテナンスが不要になるわけではありません。車検間の期間においても定期的な点検とメンテナンスが必要です。

これらの結果を通じて、車検制度は車両の安全性を確保し、道路交通の安全を高めるという重要な役割を果たしています。

また、車検は車両の維持管理に対する所有者の責任意識を高める機会でもあります。

車検費用

車検の費用は、車両の種類、大きさ、年式、車検を行う場所やサービスによって異なります。

一般的に、以下の要素が車検の総費用に影響を与えます。

  1. 基本検査料
    車検場やディーラー、指定工場などでの検査作業にかかる基本料金です。
  2. 重量税
    車の重量に基づいて決定され、国に支払われる税金です。
  3. 自賠責保険料
    車検期間中に有効な自賠責保険に加入するための料金です。
  4. 印紙代
    車検証の発行に必要な印紙代です。
  5. 修理・部品交換費用
    車検時に必要な修理や部品交換がある場合、その費用も加算されます。

平均的な車検の費用は、乗用車であれば大体7万円から15万円程度が目安ですが、大型車や高級車、輸入車などの場合はそれ以上になることもあります。

また、車検をディーラーや車検専門店で行う場合と、ユーザー車検(自分で必要な手続きを行う車検)では費用が異なり、ユーザー車検の方が一般的には安価になります。

正確な費用は車検を依頼する場所によって異なるため、具体的な見積もりを取ることをお勧めします。

まとめ

  1. 目的
    自動車が安全基準を満たしているか、また環境に対する排出ガスの基準を守っているかを確認します。
  2. 頻度
    新車の場合、初回の車検は3年後に実施されます。その後は2年ごとに車検を受ける必要があります。ただし、一部の車両は異なる頻度での検査が必要です。
  3. 検査内容
    車両のブレーキ、排気ガス、灯火装置、タイヤなど、多くの部分が検査されます。
  4. 手続き
    車検は民間の検査場やディーラー、整備工場などで行うことができ、必要な書類や費用が伴います。
  5. 結果
    検査に合格すると、「車検証」が発行され、車体に次回の車検期限を示すステッカーが貼られます。

車検は、車両の安全を保ち、道路交通の安全を高めるために重要な役割を果たしています。

銀金
銀金

安全のために必ず必要ですが、

費用は少しでも抑えたいですね!!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました