ロバート・デ・ニーロとは ざっくり紹介

人物
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

 生い立ち

1943年8月17日
ロバート・デ・ニーロはニューヨーク市マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジで生まれました。彼の両親は、アーティストとして知られるロバート・デ・ニーロ・シニアとアドミラルで、
彼らの影響を受けてデ・ニーロは芸術的な環境で育ちました。
しかし、彼がまだ幼い頃、両親は離婚しました。

  演技キャリアの始まり

10代の頃、デ・ニーロはステラ・アドラーの演技スクールに入学し、
その後、リー・ストラスバーグのアクターズ・スタジオでメソッド演技を学びました。

この頃から彼は数多くの舞台に立ち、その才能を磨き上げていきました。

  ハリウッドへの登場

初期のキャリアで彼は多くの映画に小さな役で出演していましたが、
1973年の『バング・ザ・ドラム・スロウリー』と『ミーン・ストリート』で彼の名は一気にハリウッドの主要俳優としての地位を確立しました。

特に『ミーン・ストリート』は、マーチン・スコセッシ監督との初のコラボレーションとなりました。

  アカデミー賞受賞

1974年
彼は『ゴッドファーザー PART II』で若き日のヴィート・コルレオーネを演じ、その役でアカデミー助演男優賞を受賞しました。

1976年
『タクシードライバー』で狂気に包まれるタクシードライバーを演じ、話題に。

1980年
マーチン・スコセッシの『レイジング・ブル』でボクサー、ジェイク・ラモッタを演じ、その役でアカデミー主演男優賞を受賞しました。

 多様な役柄

1980年代から1990年代にかけて、デ・ニーロは『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』や『グッドフェローズ』、『カジノ』などのギャング役から、『ミッドナイト・ラン』や『アナライズ・ミー』のようなコメディ映画まで、幅広いジャンルの映画に出演しました。

  監督デビュー

1993年、デ・ニーロは自らの監督デビュー作として『ブロンクス物語』をリリースしました。この映画は彼の故郷であるニューヨークのブロンクスを舞台にした実話を基にしており、彼自身も出演しています。

 トライベッカ・フィルム・フェスティバル

2001年の9月11日のテロ事件後、デ・ニーロはニューヨークのトライベッカ地区の再建と映画業界の振興を目的として、2002年にトライベッカ・フィルム・フェスティバルを共同設立しました。

このフェスティバルは、
世界中からの映画作品を上映し、新進の映画制作者をサポートするイベントとして成長しています。

間違いなくトップ俳優!!

自分が映画を観るきっかけとなった俳優!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました