氷室京介とは ざっくり紹介

人物
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

早期の経歴

氷室京介は1960年10月13日、群馬県高崎市に生まれる。

少年時代には、家族とのレコード鑑賞が日常となっており、彼の音楽に対する情熱が芽生える。
高校生時代には友人たちとともにバンドを組み、地元のライブハウスや学園祭での演奏を重ねる。

BOØWY時代

1981年に氷室は高校の同級生とともにロックバンド「BOØWY」を結成。
彼らは東京の都内でライブ活動を本格化させる。

1985年にはアルバム「MORAL」がヒットし、バンドは徐々に知名度を上げ、
1980年代中頃から日本のロックシーンでのトップバンドとして君臨するようになりました。

BOOWYのディスコグラフィーには数多くのヒット曲とアルバムがあります。代表的な曲には、「ONLY YOU」「B・BLUE」「CLOUDY HEART」「NO.NEW YORK」などがあります。

アルバムでは、「BOOWY」「INSTANT LOVE」「LAST GIGS」などがファンから愛されています。その独自のサウンドとスタイルで多くのファンを魅了しました。

彼らの音楽スタイルやファッションは1980年代の若者文化に大きな影響を与える。

ソロデビュー

BOØWYの解散を経て、氷室は1988年にソロアーティストとして新たなスタートを切る。
ファーストアルバム「NEO FASCIO」は大ヒットとなり、
続くシングル「ANGEL」、「KISS ME」も多くのファンから支持を受ける。
この時期、彼のライブは迫力あるものとして多くの人々を魅了した。

後期の活動と影響

2000年代に入ってからも、氷室は音楽活動を精力的に続ける。アルバムやライブツアーは常に高い評価を受け、新旧のファンを魅了し続けた。

また、多くの後進アーティストに影響を与え、彼の楽曲はカバーされることも多い。

2020年
60歳を迎える記念として、ベストアルバム『L’EPILOGUE』までの全作品の音楽配信サブスクリプションを解禁。
また、ニューアルバムへの楽曲を制作していることも発表された。

¥7,294 (2023/09/04 13:10時点 | Amazon調べ)

少年時代にドはまりして、青春を捧げたなぁ~!

めちゃくちゃかっこいい!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました