【緊急】iPhoneが故障や破損した時の対処法!データ復旧や問い合わせ先電話番号等を徹底解説!ざっくり紹介!

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

iPhoneが故障した場合、破損した場合の対処法は以下の通りです。

銀金
銀金

突然

iPhoneが使えなくなったら

大事件です!!

下記で対処してみましょう!!

故障

再起動を試みる

iPhoneの再起動方法はモデルによって異なりますが、一般的な手順は以下の通りです。

iPhone 8以降のモデル

  1. 音量を上げるボタンを押してすぐに離す。
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐに離す。
  3. サイドボタン(電源ボタン)を押し続ける。Appleロゴが表示されるまで押し続けます。
  4. Appleロゴが表示されたら、サイドボタンを離す。

iPhone 7/7 Plus

  1. 音量を下げるボタンとサイドボタン(電源ボタン)を同時に長押しする。
  2. Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを離す。

iPhone 6s以前、およびその他のモデル

  1. ホームボタンと上部(またはサイド)の電源ボタンを同時に長押しする。
  2. Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを離す。

注意点

  • 再起動は、iPhoneがフリーズしたり、一部のアプリが正常に動作しない場合に有効な対処法です。
  • データは失われませんが、再起動中には電話をかけたり受けたりすることができません。
  • 再起動後も問題が解決しない場合は、さらなるトラブルシューティングが必要です。

これらの手順を実行することで、多くの一時的な問題や小さなバグが解決することがあります。

iOSのアップデートを確認

iOSのアップデートを確認して実行する方法について詳しく説明します。

iOSアップデートの確認とインストール手順

  1. Wi-Fi接続を確保
    アップデートはデータ通信量が多いため、Wi-Fi環境で行うことをお勧めします。
  2. 充電状態を確認
    アップデート中にバッテリーが切れないよう、十分な充電があることを確認してください。できれば、充電器に接続した状態でアップデートを行います。
  3. 設定アプリにアクセス
    iPhoneの「設定」アプリを開きます。
  4. ソフトウェアアップデートを選択
    「設定」の中で「一般」を選択し、「ソフトウェアアップデート」に進みます。
  5. アップデートを確認
    ここで、新しいiOSアップデートが利用可能かどうかを確認します。利用可能なアップデートがある場合は、その詳細が表示されます。
  6. ダウンロードとインストール
    利用可能なアップデートがある場合、「ダウンロードしてインストール」をタップします。アップデートのサイズによっては、ダウンロードに時間がかかる場合があります。
  7. インストールの完了
    ダウンロードが完了すると、インストールが始まります。このプロセス中、iPhoneは再起動することがあります。

注意点

  • バックアップを取る
    アップデート前には、重要なデータを失うリスクを避けるために、iCloudまたはコンピュータを使ってiPhoneのバックアップを取ることを強くお勧めします。
  • アップデートに時間がかかる場合
    アップデートのダウンロードやインストールには時間がかかる場合があります。特に、新しいiOSバージョンがリリースされた直後は、サーバーへのアクセスが集中して遅くなることがあります。
  • アップデート後の不具合
    稀に、新しいアップデートによって一部のアプリが正常に動作しなくなることがあります。この場合、アプリのアップデートを確認するか、アプリの開発者に問い合わせることが必要です。

iOSのアップデートは、新機能の追加やセキュリティの強化、バグ修正など、iPhoneの性能を向上させるために重要です。定期的にアップデートを確認し、最新の状態に保つことをお勧めします。

設定のリセット

iPhoneの「設定のリセット」について詳しく説明します。これは、iPhoneが予期せぬ挙動を示したり、特定の問題を解決したい場合に役立つオプションです。

設定のリセットとは

「設定のリセット」は、iPhoneのすべての設定を工場出荷時のデフォルトに戻します。これには、Wi-Fiネットワーク、Bluetooth接続、プライバシー設定、ホーム画面のレイアウトなどが含まれます。重要な点は、このプロセスはデータやメディア(写真、アプリ、メッセージなど)を削除しないということです。

設定のリセットの手順

  1. 「設定」アプリを開く
    iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」に進む
    「設定」の中で「一般」を選択します。
  3. 「リセット」をタップ
    「一般」の設定画面の最下部にある「リセット」をタップします。
  4. リセットオプションを選択
    いくつかのリセットオプションが表示されますが、「すべての設定をリセット」を選択します。
  5. パスコードの入力
    パスコードを要求された場合は、iPhoneのパスコードを入力します。
  6. リセットの確認
    ポップアップが表示されるので、「リセット」を再度タップして確認します。

注意点

  • バックアップ
    データは消去されませんが、リセットを実行する前に重要なデータのバックアップを取っておくことをお勧めします。
  • Wi-FiとBluetooth
    リセット後、保存されていたWi-FiネットワークやBluetoothデバイスに再度接続する必要があります。
  • 設定の再設定
    個人の設定(壁紙、通知設定、プライバシー設定など)を再度行う必要があります。

「設定のリセット」は、特にシステムの不具合や設定に関連する問題を解決するのに役立つ方法です。しかし、これにより問題が解決しない場合は、より徹底的な「内容と設定の消去」やAppleサポートへの相談が必要になる場合があります。

バックアップと復元

iPhoneのバックアップと復元について詳しく説明します。これらのプロセスは、データの安全を保ち、新しいデバイスに移行する際や問題発生時に非常に重要です。

iPhoneのバックアップ方法

iPhoneのバックアップには主に2つの方法があります:iCloudを使用する方法と、コンピュータ(iTunesまたはFinder)を使用する方法です。

iCloudを使用したバックアップ

  1. Wi-Fiネットワークに接続
    iPhoneをWi-Fiネットワークに接続します。
  2. 「設定」アプリにアクセス
    「設定」を開き、自分の名前(画面上部)をタップします。
  3. iCloudを選択
    「iCloud」をタップし、「iCloudバックアップ」を選択します。
  4. バックアップを実行
    「今すぐバックアップを作成」をタップしてバックアップを開始します。

コンピュータを使用したバックアップ

  1. iPhoneをコンピュータに接続
    USBケーブルを使用してiPhoneをコンピュータに接続します。
  2. iTunesまたはFinderを開く
  • WindowsまたはmacOS Mojave以前: iTunesを開きます。
  • macOS Catalina以降: Finderを開きます。
  1. デバイスを選択
    iPhoneを選択します。
  2. バックアップを実行
    「バックアップを今すぐ作成」をクリックします。

iPhoneの復元方法

復元プロセスでは、以前のバックアップからデータをiPhoneに戻します。

iCloudバックアップからの復元

  1. 初期設定画面に進む
    新しいiPhoneを設定するか、設定 > 一般 > リセット > すべての内容と設定を消去を選択して既存のiPhoneをリセットします。
  2. 画面の指示に従う
    「Apps & Data」画面まで進み、「iCloudバックアップから復元」を選択します。
  3. バックアップを選択
    バックアップしたいデータのバックアップを選択します。

コンピュータからの復元

  1. iPhoneをコンピュータに接続
    USBケーブルで接続します。
  2. iTunesまたはFinderを開く
  • WindowsまたはmacOS Mojave以前
    iTunesを開きます。
  • macOS Catalina以降
    Finderを開きます。
  • デバイスを選択し、「復元」をクリック
    iPhoneを選択し、「バックアップから復元」を選択します。

注意点

  • バックアップの定期実行
    定期的にバックアップを取ることで、データを最新の状態に保つことができます。
  • バックアップの前にアップデートを確認
    最新のiOSにアップデートしてからバックアップを取ることをお勧めします。
  • バックアップの保存場所と容量を確認
    iCloudバックアップは5GBまで無料ですが、それ以上の容量が必要な場合は料金が発生します。コンピュータでのバックアップには容量の制限はありませんが、十分なストレージが必要です。

これらの手順により、iPhoneのデータは安全に保たれ、必要な時に元に戻す事が出来ます。

サポートを受ける

iPhoneで問題が解決しない場合、Appleのサポートを受ける方法について詳しく説明します。Appleは幅広いサポートオプションを提供しており、これらを利用することで、さまざまな問題や疑問に対応できます。

Appleサポートへのアクセス方法

  1. オンラインサポート
    Appleのサポートウェブサイト(Apple Support)にアクセスし、問題のカテゴリや具体的な製品を選択してトラブルシューティングの情報を得ることができます。
  2. Apple Supportアプリ
    Apple Supportアプリをダウンロードして、直接サポートを受けることができます。アプリでは、問題の解決方法を検索したり、サポートとのチャットや電話でのサポートを予約したりできます。
  3. 電話サポート
    Appleのウェブサイトから電話サポートへの連絡方法を見つけることができます。特定の国や地域でのサポート電話番号が記載されています。
    (0120-277-535)でサポートを依頼しましょう。
  4. Apple StoreやApple認定サービスプロバイダへの訪問
    最寄りのApple StoreまたはApple認定サービスプロバイダに予約をして、直接デバイスを持参することもできます。専門家が問題の診断と修理を行います。

サポートを受ける前に準備すること

  • 製品のモデルとOSのバージョンを確認
    製品情報(モデル、OSバージョンなど)を準備しておくとスムーズです。
  • 問題の詳細をまとめる
    問題がいつ、どのような状況で発生したかを明確にしておきます。
  • Apple IDとパスワードを用意
    サポートを受ける際に、Apple IDが必要になる場合があります。
  • 購入証明書や保証書の準備
    保証や修理に関するサポートを受ける場合は、購入証明書や保証書が必要になることがあります。

注意点

  • 予約の重要性
    Apple Storeに訪問する場合は、事前にオンラインで予約をすることをお勧めします。予約なしで訪問すると、長時間待たされる可能性があります。
  • セキュリティ情報
    サポートを受ける際には、セキュリティに注意し、不要な個人情報は提供しないようにしてください。

これらの方法でAppleサポートを利用することで、iPhoneの問題に対して専門家の助けを受けることができます。

破損

安全を確認

iPhoneが物理的に破損した際の「安全を確認」について詳しく説明します。安全を確認することは、自分自身や他人を怪我から守るために非常に重要です。

破損したiPhoneの安全確認のステップ

  1. 電源を切る
    可能であれば、破損したiPhoneの電源をオフにしてください。これにより、ショートや更なる損傷のリスクを減らすことができます。
  2. 安全な場所に移動
    破損したiPhoneを安全な場所、例えば硬い表面の上に置いてください。柔らかい表面や燃えやすい素材の上に置くと、発熱によるリスクが高まる可能性があります。
  3. ガラスや鋭利な部分に注意
    画面が割れている場合、ガラスの破片が非常に鋭利である可能性があります。ガラス片に触れないようにし、小さな子供やペットが近づかないように注意してください。
  4. 液体の漏れを確認
    iPhoneのバッテリーから液体が漏れ出していないかを確認してください。液体漏れが見られる場合は、すぐに専門家に相談してください。
  5. 発熱や異臭がないか確認
    破損したiPhoneから異常な熱や異臭がしないかを確認してください。これらの兆候がある場合は、火災のリスクがあるため、すぐに専門家に相談し、安全な場所に移動させてください。

その他の注意点

  • 自己修理を避ける
    物理的に破損したiPhoneの修理は専門知識を必要とするため、自己修理は避け、Appleサポートまたは認定サービスプロバイダに依頼してください。
  • 保護手袋の使用を検討
    ガラス片や鋭利な部分に触れる必要がある場合は、保護手袋を着用してください。
  • 適切な廃棄方法を確認
    iPhoneを廃棄する場合は、地域の電子機器の廃棄規定に従ってください。

安全を最優先に考え、破損したiPhoneを扱う際は十分に注意してください。破損が深刻な場合は、専門家の助けを求めることが最も安全です。

電源をオフにする

iPhoneが破損した場合に電源をオフにすることは、安全を確保し、デバイスをさらなる損傷から守るために重要です。ただし、破損の程度によっては、通常の方法で電源を切ることが困難な場合もあります。

通常の方法での電源の切り方

通常の状況下でiPhoneの電源を切る手順は、以下の通りです。

  1. サイドボタン(またはトップボタン)を長押しiPhoneのサイドボタン(またはトップボタン、モデルによって異なります)を長押しします。
  2. スライダーが表示されるまで待つ
    画面に「スライドして電源オフ」というスライダーが表示されます。
  3. スライダーをドラッグ
    スライダーを右にドラッグして、デバイスの電源を切ります。
  4. 電源が切れるのを待つ
    画面が完全に暗くなるまで待ちます。

破損したiPhoneの場合

破損がひどく、画面が反応しない、またはボタンが機能しない場合、電源を切るのが難しい場合があります。以下の方法を試してみてください。

  • 強制再起動
    iPhoneが応答しない場合、強制再起動を試みることができます。これは多くのモデルで音量ボタンとサイドボタンを使用して行われます。ただし、これは電源を完全に切るわけではありませんが、システムをリセットするのに役立ちます。
  • バッテリーが切れるのを待つ
    iPhoneが完全に反応しない場合、バッテリーが自然に切れるのを待つしかありません。

注意点

  • 安全を最優先
    破損したiPhoneを扱う際は、常に安全を最優先に考えてください。特に、ガラスが割れている場合は、ガラス片による怪我を避けるために注意が必要です。
  • プロフェッショナルなサポートを求める
    破損が激しい場合や、自身での対応が困難な場合は、プロフェッショナルなサポートを求めることが賢明です。Appleサポートや認定修理店に相談しましょう。

破損したiPhoneの電源を切ることは、さらなる損害を防ぐために重要ですが、状況によっては専門家に任せることが最善の選択かもしれません。

バックアップを取る

iPhoneのバックアップを取ることは、データを安全に保つための重要なステップです。バックアップを取る方法は主に2種類あります:iCloudを使用する方法と、コンピュータ(iTunesやFinder)を使用する方法です。

iCloudを使用したバックアップ

iCloudを使用してバックアップを取る方法は、Wi-Fi接続がある場所で簡単に行えます。

  1. Wi-Fiに接続
    まず、iPhoneをWi-Fiネットワークに接続します。
  2. iCloudバックアップ設定を確認
    「設定」アプリを開き、あなたの名前(画面上部)をタップします。その後、「iCloud」を選び、「iCloudバックアップ」に進みます。
  3. バックアップを開始
    「今すぐバックアップを作成」をタップしてバックアップを開始します。バックアップの完了には、接続状況やデータ量によって時間がかかることがあります。

コンピュータを使用したバックアップ

コンピュータを使用してバックアップを取る場合、iTunes(Windowsまたは古いMacOS)またはFinder(macOS Catalina以降)を使用します。

  1. iPhoneをコンピュータに接続
    USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。
  2. iTunesまたはFinderを開く
  • WindowsまたはmacOS Mojave以前
    iTunesを開き、iPhoneのアイコンをクリックします。
  • macOS Catalina以降
    Finderを開き、左側のサイドバーでiPhoneを選択します。
  • バックアップの設定を選択
    「バックアップをこのコンピュータに保存」を選択し、「今すぐバックアップを作成」をクリックします。

バックアップに関する重要な点

  • 自動バックアップ
    iCloudバックアップは、iPhoneが充電中でWi-Fiに接続されている間、自動的に行われるように設定できます。
  • ストレージ容量
    iCloudは無料で5GBのストレージを提供しますが、それ以上の容量が必要な場合は、追加料金で容量を増やすことができます。
  • バックアップの確認
    バックアップが完了したことを確認するために、設定内のiCloudバックアップセクションで最後のバックアップの日時をチェックします。

これらの手順を通じて、iPhoneのデータを安全に保管し、必要な時に簡単に復元することができます。バックアップは定期的に行うことが重要です。特に新しいアップデートをインストールする前やiPhoneに問題が発生した際には、最新のバックアップがあることが非常に役立ちます。

Appleサポートまたは認定サービスプロバイダに連絡

iPhoneに問題が発生した場合、AppleサポートまたはApple認定サービスプロバイダに連絡することは、問題の解決において重要なステップです。以下は、これらのサービスを利用するための詳細なガイドです。

Appleサポートに連絡する

オンラインでのサポート

  • Appleのサポートウェブサイトにアクセスします。ここから、製品を選択し、問題のタイプを特定して、提案されたトラブルシューティングの手順を試みることができます。
  • 必要に応じて、オンラインでチャットサポートを利用するか、電話サポートの予約を行うことができます。

Apple Supportアプリ

  • Apple Supportアプリをダウンロードしてインストールします。
  • アプリ内で問題を選択し、利用可能なサポートオプションの中から選択します。

電話サポート

  • 国や地域によって異なる専用のサポート番号に電話します。Appleのウェブサイトには、各国の連絡先情報が記載されています。
  • (0120-277-535)でサポートを依頼しましょう。

Apple認定サービスプロバイダに連絡する

サービスプロバイダを見つける

  • Appleのサポートウェブサイトで、「サービスプロバイダを探す」機能を使用して、近くのApple認定サービスプロバイダを検索します。

サービスの予約

  • 選択したサービスプロバイダに直接連絡し、サービスの予約を行います。多くの場合、オンラインで予約することも可能です。

デバイスの準備

  • 修理に出す前に、バックアップを取ることをお勧めします。また、修理のための必要な情報(Apple ID、パスワードなど)を準備しておきます。

連絡する前に準備すること

  • 問題の詳細を整理: 問題がいつ、どのような状況で発生したか、どのような対処法を試したかなど、詳細をまとめておきます。
  • 製品情報の準備: 製品のモデル、シリアル番号、購入日、保証状態などの情報を準備しておきます。
  • Apple IDとパスワード: サービスを受ける際に必要になることが多いので、Apple IDとパスワードを確認しておきます。

注意点

  • 予約の有無: Apple Storeや一部の認定サービスプロバイダでは、修理やサポートを受けるために事前の予約が必要な場合があります。
  • 修理の範囲と費用: 修理が保証の範囲内であるか、または有償修理になるかを確認してください。見積もりを依頼することも可能です。

これらの手順に従って、問題の解決に向けた適切なサポートを受けることができます。

非公式修理業者を利用することも検討

非公式修理業者を利用することも、iPhoneの修理において一つの選択肢です。公式のAppleサービスプロバイダ以外の業者は、しばしば低コストで修理サービスを提供していますが、これにはメリットとリスクが伴います。

非公式修理業者のメリット

  1. コスト
    非公式修理業者は通常、公式のApple修理サービスよりも低価格でサービスを提供します。
  2. 修理の速さ
    一部の非公式業者は、迅速な修理サービスを提供しており、即日修理が可能な場合もあります。
  3. 利用のしやすさ
    位置的にApple StoreやApple認定サービスプロバイダにアクセスが難しい場合、地元の非公式修理店が便利な選択肢となることがあります。

非公式修理業者のリスク

  1. 保証の失効
    Appleの保証は、非公式の修理業者による修理を行うと失効する可能性があります。また、AppleCareプランがある場合も同様に影響を受けることがあります。
  2. 品質の不確実性
    非公式業者は、Appleの基準に準拠していない場合があり、使用される部品の品質や修理の技術レベルが保証されません。
  3. 将来のサポートの問題
    非公式の修理を受けたiPhoneは、今後Appleまたは公式サービスプロバイダによるサポートを受けにくくなる可能性があります。

非公式修理業者を選ぶ際の注意点

  1. 評判の確認
    修理業者の評判やレビューを確認し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。
  2. 修理保証の確認
    修理後の保証があるかどうかを確認し、何か問題が発生した場合の対応についても尋ねておくことが望ましいです。
  3. 使用される部品について質問する
    非公式業者が使用する部品が純正品か、サードパーティ製品かを確認してください。
  4. 修理の範囲と費用を事前に確認
    修理内容と費用について、事前に明確にしておくことが重要です。

非公式修理業者を利用する際は、利便性とコスト削減のメリットを享受できる一方で、上述したリスクも考慮する必要があります。修理に関して不安がある場合は、常に公式のAppleサポートや認定サービスプロバイダを利用することをお勧めします。

まとめ

故障

  1. 再起動を試みる
    多くの問題は、端末を再起動することで解決することがあります。
  2. iOSのアップデートを確認
    最新のiOSにアップデートすることで、問題が解決する場合があります。
  3. 設定のリセット
    「設定」アプリで「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」を選択してみてください。これにより、iPhoneの設定が工場出荷時の状態に戻りますが、データは消えません。
  4. バックアップと復元
    重要なデータをバックアップした後、iPhoneを工場出荷時の状態に復元してみてください。
  5. サポートを受ける
    上記の方法で問題が解決しない場合は、Appleサポートまたは認定サービスプロバイダに連絡してください。

これらの手順を試しても問題が解決しない場合、専門家の助けを求めることが最善です。

破損

iPhoneが物理的に破損した場合の対処法は次のとおりです。

  1. 安全を確認
    破片やガラスの割れなどで怪我をしないように注意してください。
  2. 電源をオフにする
    可能であれば、iPhoneの電源を切ってください。これにより、さらなる損傷を防ぐことができます。
  3. バックアップを取る
    データを失わないように、バックアップを取ることをお勧めします。ただし、iPhoneが十分に機能しない場合はこれが不可能かもしれません。
  4. Appleサポートまたは認定サービスプロバイダに連絡
    iPhoneの修理や交換について相談してください。保証期間内、またはAppleCare+に加入している場合は、修理費用が異なる場合があります。
  5. 非公式修理業者を利用することも検討
    Apple公式の修理が高額である場合、信頼できる第三者の修理業者を利用する選択肢もありますが、これにはリスクが伴います。

重要なのは、破損したiPhoneを無理に使い続けず、適切な措置を取ることです。さらに損傷するリスクを減らすためにも、専門家の意見を仰ぐことをお勧めします。

銀金
銀金

最悪

上記でどうにもならない時は

買い替えも検討しましょう!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました