【スマホコーティング】効果や方法・注意点・メリット・デメリットなどおすすめを徹底解説!ガラス・抗菌もざっくり紹介!

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

スマホのコーティングについてざっくり紹介します。

銀金
銀金

最近のスマホは高額なので、

壊してしまう前に、

あらかじめ予防は必要ですね!!

コーティングとは

コーティングとは、物体の表面に別の物質を塗布または貼り付けることで、その表面の性質を改善または保護する工程です。

スマートフォンのコーティングは主に以下の目的で使用されます。

  1. 傷防止
    表面に保護層を形成することで、キズや摩耗からディスプレイを保護します。
  2. 耐衝撃性の向上
    落下や衝撃によるダメージを最小限に抑えるために、強化ガラスや特殊な材質を使用します。
  3. 撥水・撥油性
    スクリーンに水や油を弾く性質を持たせ、汚れや指紋が付きにくくなり、清掃が容易になります。
  4. 透明性とタッチ感の保持
    コーティングは通常、画面の表示品質やタッチスクリーンの応答性に影響を与えないように設計されています。

コーティングの種類には液体ガラスコーティング、プラスチックフィルム、強化ガラスフィルム、ナノコーティングなどがあり、それぞれ特有の特性と用途があります。

適切なコーティング方法の選択は、使用状況や保護の必要性、予算などによって異なります。

コーティングの種類

スマートフォンのコーティングには様々な種類があり、それぞれ異なる特徴や利点があります。

大きく分けて、以下のようなタイプがあります。

液体ガラスコーティング

液体ガラスコーティングは、スマートフォンの画面保護のために使用される先進的な技術の一つです。

ここでは、その特徴や利点、適用方法などについて詳しく説明します。

特徴と利点
  1. 成分
    液体ガラスコーティングはシリカ(二酸化ケイ素)を主成分としています。これは、自然界に豊富に存在する非常に硬い物質です。
  2. 耐久性と硬度
    コーティングが硬化すると、スクリーンの表面が非常に硬くなります。これにより、キズや摩耗から画面を守ることができます。
  3. 薄さと透明性
    液体ガラスは非常に薄く、ほとんど目立たないため、デバイスの見た目やタッチ感度に影響を与えません。
  4. 撥水・撥油性
    液体ガラスコーティングは水や油を弾く性質があり、指紋や汚れがつきにくくなります。これにより、画面が清潔に保たれ、簡単に拭き取れます。
  5. 長持ちする保護
    一度施工すると、数ヶ月から数年間効果が持続します。
施工方法
  1. 清掃
    スクリーンを完全に清掃し、ほこりや汚れを取り除きます。
  2. 塗布
    専用の液体ガラスを画面に均等に塗布します。
  3. 乾燥
    液体ガラスを自然乾燥させるか、特定の光源(UVライトなど)を用いて硬化させます。
  4. 仕上げ
    完全に硬化した後、余分なコーティング剤を拭き取り、画面を磨きます。
注意点
  • 施工の正確さ
    均等に塗布しないと、ムラができることがあります。
  • 割れ防止への限界
    液体ガラスコーティングはキズ防止には有効ですが、落下などの衝撃から完全に保護するわけではありません。
  • 耐用年数とメンテナンス
    効果は永久的ではなく、時間の経過と共に再施工が必要になる場合があります。

液体ガラスコーティングは、スクリーンの見た目を損なわずに保護する効果的な方法ですが、使用状況や期待する保護レベルに応じて、適切なタイプを選択することが重要です。

プラスチックフィルム

プラスチックフィルムはスマートフォンの画面保護のために広く使用される一般的な選択肢です。

このフィルムの特徴、利点、欠点、および適用方法について詳しく見ていきましょう。

特徴と利点
  1. 材質
    プラスチックフィルムは柔軟なポリウレタンやポリエチレンテレフタレート(PET)で作られています。
  2. 薄さと透明性
    一般的に薄く、スクリーンにぴったりとフィットします。透明性が高く、画面の表示を損ないません。
  3. コスト効率
    液体ガラスや強化ガラスフィルムに比べて安価であり、頻繁に交換することが可能です。
  4. 取り付けやすさ
    自分で簡単に貼り付けることができ、気泡が入りにくいものもあります。
  5. 軽量性
    重量の追加がほとんどなく、デバイスの持ち運びや操作に影響しません。
欠点
  1. 耐傷性の低さ
    強化ガラスフィルムに比べると、キズがつきやすいです。
  2. 耐衝撃性の限界
    落下や強い衝撃に対する保護は限られています。
  3. 耐久性
    時間の経過と共に剥がれたり、色あせたりすることがあります。
適用方法
  1. 画面の清掃
    スクリーンをきれいにし、ほこりや汚れを完全に取り除きます。
  2. 位置合わせ
    フィルムを画面に合わせ、正確に位置を定めます。
  3. 貼り付け
    フィルムをゆっくりとスクリーンに貼り付けながら、気泡を取り除きます。
  4. 調整
    必要に応じてフィルムの位置を微調整し、気泡を完全に取り除きます。
注意点
  • 取り付けの精度
    気泡やほこりが入ると見た目や感触が損なわれるため、丁寧な取り付けが必要です。
  • 定期的な交換
    時間と共に摩耗やキズが目立つようになるため、定期的な交換が望ましいです。

プラスチックフィルムは、コスト効率が高く取り付けが簡単なため、日常的な使用において人気があります。

しかし、最高レベルの保護を求める場合は、他のオプションを検討する価値があります。

強化ガラスフィルム

強化ガラスフィルムはスマートフォンの画面保護のために広く用いられる高品質な選択肢です。

以下に、その特徴、利点、欠点、および適用方法を詳しく説明します。

特徴と利点
  1. 材質
    強化ガラスフィルムは通常のガラスよりも硬度が高く、耐熱処理や化学処理を施して強化されています。
  2. 耐傷性
    優れた耐傷性を持ち、鍵やコインなどの日常的な物体からの傷を防ぎます。
  3. 高い透明度
    透明度が高く、画面の色や明るさに影響を与えません。
  4. 感触と操作感
    ガラス製のため、滑らかなタッチ感と優れた操作感を提供します。
  5. 耐衝撃性
    落下や衝撃によるダメージから画面を保護する能力が高いです。
  6. 撥油性コーティング
    指紋や油分がつきにくい撥油性コーティングが施されている場合が多いです。
欠点
  1. 割れやすさ
    強化ガラスは硬いため、強い衝撃によって割れることがあります。
  2. 価格
    プラスチックフィルムに比べると、価格が高い傾向にあります。
  3. 厚み
    フィルムに比べて厚みがあるため、デバイスの外観や感触に影響を与えることがあります。
適用方法
  1. 画面の清掃
    スクリーンをきれいにし、ほこりや汚れを完全に取り除きます。
  2. 位置合わせ
    フィルムを画面に合わせ、正確に位置を定めます。
  3. 貼り付け
    フィルムをゆっくりとスクリーンに貼り付けながら、気泡を取り除きます。
  4. 仕上げ
    フィルムが完全に貼り付いた後、気泡や余分な接着剤を取り除きます。
注意点
  • 取り付けの精度
    正確な位置合わせと気泡の除去が重要です。
  • 割れた場合の交換
    割れたり、ひびが入ったりした場合はすぐに交換する必要があります。
  • 厚みによる影響
    ケースの使用や端末の持ちやすさに影響を与える可能性があります。

強化ガラスフィルムは、その耐傷性と耐衝撃性の高さから、積極的な使用環境や画面保護を最優先するユーザーに特に推奨されます。

ただし、その厚みや割れやすさを考慮して選択することが重要です。

ナノコーティング

ナノコーティングはスマートフォンの画面保護における比較的新しい技術です。

このコーティングは非常に微細なナノスケールの素材を使用しており、スクリーンに薄い保護層を形成します。

以下に、その特徴、利点、欠点、および適用方法を詳しく説明します。

特徴と利点
  1. ナノテクノロジー
    ナノレベルの素材を使用しており、非常に薄い保護層をスクリーンに形成します。
  2. 透明性と感触
    高い透明性を持ち、スクリーンの見た目やタッチ感をほとんど変えません。
  3. 撥水・撥油性
    水や油を弾く性質があり、スクリーンが汚れにくくなります。指紋や汚れが付きにくく、また簡単に拭き取れます。
  4. 抗菌性能
    一部のナノコーティングには抗菌性があり、スクリーン表面の菌の増殖を防ぐ効果があります。
  5. 軽量かつ薄型
    追加の重量や厚みがほとんどなく、デバイスのデザインや使い勝手に影響しません。
欠点
  1. 耐傷性の限界
    強化ガラスフィルムや液体ガラスコーティングに比べると、キズに対する保護は劣ります。
  2. 耐久性
    時間の経過と共に効果が減少するため、定期的な再施工が必要です。
  3. 全面保護の限界
    落下時の衝撃吸収や画面の割れ防止には効果が限られます。
適用方法
  1. 清掃
    スクリーンを完全に清掃し、ほこりや汚れを取り除きます。
  2. 塗布
    専用のナノコーティング液をスクリーンに均等に塗布します。
  3. 乾燥
    コーティング液を自然乾燥させるか、特定の光源(UVライトなど)を用いて硬化させます。
  4. 仕上げ
    完全に硬化した後、余分なコーティング剤を拭き取り、画面を磨きます。
注意点
  • 施工の正確さ
    均等な塗布が重要です。不均一な塗布は効果に影響を与える可能性があります。
  • 再施工の必要性
    効果は永久的ではないため、一定期間ごとに再施工することが推奨されます。

ナノコーティングは、見た目や操作感を損なわずに基本的な保護を提供するため、日常的な使用に適しています。

しかし、高い耐傷性や耐衝撃性を求める場合は、他の保護オプションを検討する価値があります。

メリットとデメリット

スマートフォンのコーティングは、画面を保護する重要な方法ですが、それぞれのタイプにはメリットとデメリットがあります。

主なコーティング方法としては、液体ガラスコーティング、プラスチックフィルム、強化ガラスフィルム、ナノコーティングがあります。

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

液体ガラスコーティング

メリット

  • 耐傷性
    キズに強く、長期間画面を保護します。
  • 高い透明度
    画面の見た目やタッチ感に影響を与えません。
  • 撥水・撥油効果
    汚れや指紋がつきにくく、清掃が容易です。

デメリット

  • 耐衝撃性の限界
    落下時の衝撃からは完全には保護できません。
  • 施工の難しさ
    均等に塗布する必要があり、専門の技術が求められる場合があります。
  • 再施工の必要性
    効果は永続的ではないため、定期的な再施工が必要です。

プラスチックフィルム

メリット

  • コスト効率
    比較的安価で、自分で簡単に交換できます。
  • 取り付けやすさ
    気泡が入りにくく、位置調整が容易です。
  • 軽量かつ薄型
    デバイスのデザインに影響を与えにくいです。

デメリット

  • 耐傷性の低さ
    強化ガラスに比べてキズがつきやすいです。
  • 耐衝撃性の限界
    強い衝撃には耐えられません。
  • 耐久性の問題
    時間とともに剥がれたり、色あせたりすることがあります。

強化ガラスフィルム

メリット

  • 高い耐傷性
    キズに非常に強く、長期間保護を提供します。
  • 優れた耐衝撃性
    落下や衝撃に強いです。
  • 高い透明度と快適な操作感
    画面の見た目や感触に影響を与えません。

デメリット

  • 割れやすさ
    強い衝撃で割れることがあります。
  • 価格
    他のタイプに比べて高価です。
  • 厚み
    フィルムに比べて厚く、デバイスの外観や感触に影響を与えることがあります。

ナノコーティング

メリット

  • 透明性と感触の維持
    画面の見た目やタッチ感を変えません。
  • 撥水・撥油効果
    指紋や汚れが付きにくく、清掃が容易です。
  • 軽量かつ薄型
    追加の重量や厚みがほとんどないです。

デメリット

  • 耐傷性の限界
    液体ガラスや強化ガラスに比べると、キズに対する保護は劣ります。
  • 耐久性
    効果は永続的ではなく、定期的な再施工が必要です。
  • 全面保護の限界
    落下時の衝撃吸収や画面の割れ防止にはあまり効果がありません。

各コーティング方法には特有のメリットとデメリットがあります。

選択する際は、スマートフォンの使用状況や必要な保護レベル、コストなどを考慮することが重要です。

まとめ

スマートフォンのコーティングには様々な種類があり、それぞれ異なる特徴や利点があります。

大きく分けて、以下のようなタイプがあります。

  1. 液体ガラスコーティング
    シリカを主成分とし、液体状で塗布後に硬化させることでスクリーンに透明な保護層を形成します。傷に強く、撥水効果もあります。
  2. プラスチックフィルム
    透明なプラスチック製のフィルムをスクリーンに貼り付けます。比較的安価で取り替えが容易ですが、ガラスコーティングに比べると耐傷性は低めです。
  3. 強化ガラスフィルム
    通常のガラスよりも強度が高い特殊加工されたガラスを使用し、スクリーンに貼り付けます。優れた耐傷性と衝撃吸収性を持ちますが、割れる可能性はあります。
  4. ナノコーティング
    ナノレベルの素材を使用して薄い保護層を形成します。撥水効果や抗菌性があり、見た目の影響が少ないですが、耐傷性は他のタイプに比べると劣ります。

選択する際は、スマートフォンの使用状況や必要な保護レベル、コストなどを考慮することが重要です。

銀金
銀金

落として割れたって思っても、

フィルムだけの場合が、

自分は何度もあり、助かりました!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました