携帯キャリアのdocomoとソフトバンクとauって何が違うの?徹底解説・比較 ざっくり紹介

雑記
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

docomo、ソフトバンク、auは、日本の主要な携帯電話キャリアです。

最新のサービスやプランに関しては公式サイトや店舗での最新情報をご参照ください。

ちなみに

自分は3つとも

使った事あります!!

docomo(NTTドコモ)

日本の最大のモバイルネットワークプロバイダ。
豊富な端末ラインアップ。

“dポイント”という独自のポイントサービスや、”d払い”という決済サービスなど、多岐にわたる関連サービスが存在。

ネットワーク

日本で最初に携帯電話サービスを開始したキャリアとして、広範なエリアカバレッジを誇ります。特に地方や山間部でも比較的良好な受信が可能。

5Gの導入も積極的に進めています。

端末

多種多様なスマートフォンが揃っています。

ドコモオリジナルのAndroid端末や、国際ブランドのスマートフォンまで幅広く取り扱っています。
オリジナルモデルとして「AQUOS」や「Xperia」などの人気ブランドとのコラボレーションモデルを多数提供。

サービス

“dポイント”や”dマーケット”など、ドコモの独自のエコシステムが形成されている。

また、“d払い”や”dアカウント”を通じた多岐にわたる関連サービスも展開。

ahamoというweb完結型の格安プランも扱っている。

dポイント

購入や契約の更新時にポイントが付与され、さまざまな商品やサービスに交換可能。

dマーケット

アプリや音楽、電子書籍などのコンテンツが購入できるオンラインストア。

d払い

スマホを使ったキャッシュレス決済サービス。

dポイントクラブ

ポイントの利用・貯める場所が非常に多岐にわたる。

 dTV

映画やアニメ、音楽などのエンターテインメントコンテンツの配信サービス。

1番最初に利用しました!

電波は1番で間違いなし!

大体、どこでもつながります!

ソフトバンク

独自のキャンペーンやプロモーションが豊富。

“Y!mobile”というサブブランドも所有。

“PayPay”との連携や、SoftBankの他のビジネスとのシナジーを活かしたサービス提供が見られる。

ネットワーク

主要都市や人口集中エリアでの高速データ通信を強みとしています。

都市部や人口集中エリアでの通信品質に重点を置いています。
ソフトバンクの4Gは、特にデータ通信速度が速いとの評価もあります。

端末

アップルのiPhoneとの提携が特に強く、iPhoneのリリース当初からの独占販売キャリアでした(現在は独占ではない)。

iPhoneの普及をリードしたキャリアとして知られています。
その他のAndroid端末やiPadなども取り扱っています。

その他のAndroid端末も充実しており、独自の端末ブランドやモデルも取り扱っている。

サービス

“PayPay”のような大手決済サービスや、ソフトバンクグループが持つ他のビジネスとの連携が特徴。
また、“Y!mobile”はエントリーユーザーや低価格帯をターゲットとしたサブブランド。

PayPay

キャッシュレス決済サービスで、ソフトバンクユーザーには特典があります。

Tポイント

ソフトバンクと提携しているポイントサービス。ショッピングや決済での利用が可能。

LINE Pay

ソフトバンクとLINEの統合に伴い、主要なキャッシュレス決済手段として推進している。

SoftBank Air

家庭向けの高速インターネット接続サービス。

昔は電波が、、って

感じでしたが、今は大丈夫!

色々なサービスがあって充実!

au(KDDI)

“au WALLET”や”au PAY”などの決済関連サービスが充実。

auの独自のポイントプログラムやキャンペーンも豊富。

WiMAXなどの通信サービスとの連携が強い。

ネットワーク

都市部から地方まで、均一なネットワークカバレッジを持つ。

幅広いエリアでのサービス提供をしており、特に4G LTEの通信エリアや速度での評価が高いです。

全国的に均一な高品質な通信を提供。5Gの展開も他キャリアと競合しながら進めています

端末

ドコモやソフトバンクと同様に、多種多様なスマートフォンを取り扱っています。

オリジナルのAndroid端末や、iPhone、iPadなどの幅広い端末をラインナップしています。

最近は、GooglePixelやGalaxyの端末に力を入れている。

サービス

“au WALLET”や”au PAY”をはじめとする金融・決済関連のサービスが充実。

また、“au Wi-Fi SPOT”や”WiMAX”といったインターネット関連サービスも強化している。

また、“UQmobile”はエントリーユーザーや低価格帯をターゲットとしたサブブランド。

povoというweb完結型の格安プランも扱っている。

au WALLET

プリペイドカードやクレジットカード機能を持ったサービス。

au PAY

スマホを使ったキャッシュレス決済サービス。

au Wi-Fi SPOT

auユーザー向けのWi-Fiサービスで、全国のスポットで利用可能。

auスマートパス

月額料金でアプリやコンテンツが利用し放題のサービス。

au WiMAX

高速なモバイルWi-Fiサービス。

色々な独自サービスもあって、

全部まとめるならau!

これらのキャリアは、通信速度やエリアカバレッジ、料金プラン、提供するサービスや端末、キャンペーン内容などで競合しています。
選ぶ際には、自分の利用シーンやニーズに合わせて、各キャリアの提供するサービスや料金プランを比較検討することが重要です。

【スマホの故障?フリーズ?ウィルス?】困った時のiPhone・Androidおすすめ対処法を徹底解説!機種別の強制再起動方法もざっくり紹介!
【スマホの故障?フリーズ?ウィルス?】困った時のiPhone・Androidおすすめ対処法を徹底解説!機種別の強制再起動方法もざっくり紹介!

結局「どのキャリアが一番良いか」

というのは、個人のニーズや使用状況によって大きく変わるため、一概に答えるのは難しいです。しかし、以下の観点を考慮することで、選択の参考になるでしょう:

エリアカバレッジ

どのキャリアがあなたの住む場所やよく行く場所で最も安定した通信が提供できるか。特に地方や山間部では、ドコモが強みを持っていると言われています。

料金プラン

月額料金やデータの通信容量、通話料などのコスト面を考慮して、最もコスパが良いキャリアを選ぶ。

端末の選択

あなたが購入を希望するスマートフォンやタブレットが、どのキャリアで取り扱われているか。

サービスや特典

各キャリアが提供するオリジナルのサービスや特典(例:ポイントサービスやキャッシュレス決済)があなたのライフスタイルに合っているか。

顧客サポート

アフターサポートや店舗の対応、オンラインサポートの質なども考慮する。

結局、一番良いキャリアは、あなた自身のニーズや価値観に応じて変わります。
公式サイトや店舗での相談、口コミ情報などを元にして、最も適したキャリアを選ぶことをおすすめします。

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました