【2024年最新】新生活を快適にスタートさせる為のおすすめ最新家電を徹底解説!初めに準備するべき便利な家電をざっくり紹介!

ガジェット
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

新生活を快適にする家電は、生活スタイルや必要に応じてさまざまですが、以下は一般的に便利とされる家電製品のリストです。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

⇩一度に揃っちゃいます⇩

銀金
銀金

最初は慣れるまで

最低限必要な物から

揃えていけば良いですね!!

冷蔵庫

冷蔵庫は日々の生活において非常に重要な役割を果たす家電製品で、食品を新鮮に保つだけでなく、食品の種類に応じた最適な保存方法を提供するための多様な機能が備わっています。

冷蔵庫を選ぶ際に考慮すべき主なポイントは以下の通りです。

1. サイズと容量

  • サイズ
    キッチンのスペースや設置場所を考慮して選ぶ必要があります。高さ、幅、奥行きの寸法を確認しましょう。
  • 容量
    一人暮らしか家族用かによって必要な容量が変わります。一人暮らしであれば150リットル〜250リットル程度、家族であれば300リットル以上が目安です。

2. ドアのタイプ

  • シングルドア
    小型で省スペース。一人暮らしに適しています。
  • トップフリーザー
    冷凍室が上にあるタイプで、家庭用冷蔵庫のスタンダードな形状。
  • ボトムフリーザー
    冷凍室が下にあることで、冷蔵室の使用頻度の高さを考慮した設計。
  • フレンチドア
    上部が冷蔵室で広く開くタイプ、下部に冷凍室がある。大容量で、家族用に適しています。
  • サイドバイサイド
    冷蔵室と冷凍室が左右に分かれていて、大きな容量を持つ。

3. 機能性

  • 省エネ性能
    日々使用する家電なので、電気代を抑える省エネ性能は重要です。エネルギー消費効率の良いモデルを選びましょう。
  • 無霜機能(Frost Free)
    霜取りの手間を省くことができる機能です。
  • 静音設計
    特に一人暮らしや寝室の近くに設置する場合、運転音の小さいモデルが好ましいです。
  • 多機能性
    野菜や肉、魚など食品ごとに最適な温度や湿度で保存できる専用の引き出しや、急速冷凍・冷蔵機能、節電モードなど、便利な機能を備えたモデルもあります。

4. デザイン

  • 色やデザイン
    キッチンの雰囲気に合わせて選べるよう、多種多様なデザインや色が用意されています。

5. ブランドと価格

  • ブランド
    信頼性やアフターサービス、機能性などを考慮して選びましょう。
  • 価格
    機能性やデザイン、容量によって価格は大きく異なります。予算内で最適な機能を備えた冷蔵庫を選ぶことが大切です。

最新の技術を活用した冷蔵庫では、スマートフォンと連携して中の食材を管理したり、消費期限の追跡、レシピ提案など、さらに便利な機能を提供するモデルも登場しています。

自分のライフスタイルに合った冷蔵庫を選ぶことで、食生活がより豊かで快適になります。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

洗濯機

洗濯機は日常生活において欠かせない家電の一つで、衣類を清潔に保ち、生活を快適にする重要な役割を果たします。

洗濯機を選ぶ際に考慮すべきポイントは多岐にわたります。

以下は洗濯機を選択する際の主要な考慮事項です。

1. 種類

  • 縦型(上から投入)洗濯機
    日本で最も一般的なタイプ。衣類を上から投入し、洗濯から脱水までを一貫して行います。スペースを有効に使えるメリットがあります。
  • ドラム式(前から投入)洗濯機
    洗濯と乾燥を一台で行えるモデルが多く、洗濯と乾燥の品質が高いことが特徴です。しかし、価格が高めでサイズも大きい傾向にあります。

2. 容量

  • 一人暮らし
    約4~6kgの容量が適しています。
  • 二人暮らし
    約6~8kgの容量を推奨します。
  • 家族用
    それ以上の容量が必要で、8kg以上を選ぶと良いでしょう。

3. 機能性

  • 省エネ性能
    エコモードや節水・節電機能がついたモデルを選ぶことで、長期的に見てランニングコストを抑えることができます。
  • 洗浄力
    汚れ落ちの良さは重要なポイント。洗浄技術やコースの種類もチェックしましょう。
  • 乾燥機能
    洗濯から乾燥まで一貫して行える機種は、雨の日でも洗濯物を気にすることなく使用できます。
  • 静音性
    運転音が小さいモデルは、夜間の使用や集合住宅での利用に適しています。
  • 自動投入機能
    洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれる機能もあり、使い勝手を向上させます。

4. デザインとサイズ

  • 設置スペース
    設置場所のサイズを測って、洗濯機が収まるかどうかを確認しましょう。
  • デザイン
    キッチンやバスルームのインテリアに合わせたデザインを選ぶと、空間がより統一感を持ちます。

5. ブランドと価格

  • ブランド
    アフターサービスの質や信頼性を考慮して、評価の高いブランドから選ぶと安心です。
  • 価格
    機能や容量、デザインによって価格は大きく異なりますが、予算内で最適な機能を備えたモデルを選ぶことが大切です。

最新の洗濯機には、スマートフォンと連携して遠隔操作できるものや、洗濯物の種類に応じて最適な洗濯コースを自動で選択するものなど、便利な機能が盛りだくさんです。

自分のライフスタイルに合わせて、最適な洗濯機を選ぶことが重要です。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

掃除機

掃除機は家庭内の清掃を効率的に行うために欠かせない家電製品です。

最適な掃除機を選ぶためには、掃除する空間の大きさ、掃除機のタイプ、機能性、そして使用目的を考慮する必要があります。

以下は掃除機選びの際に考慮すべき主要なポイントです。

1. タイプ

  • キャニスター型
    ホースと伸縮管、ノズルが一体となっており、多様な場所の掃除に対応できます。様々な種類の床面や隅々まで清掃することが可能です。
  • スティック型
    軽量でスリムなデザインが特徴で、日常的な掃除に便利です。充電式のモデルが多く、手軽に使えますが、長時間の使用には向かない場合もあります。
  • ロボット型
    自動で部屋を移動し掃除を行うため、忙しい人に最適です。設定したプログラムに従って自動運転するため、手間を省けます。
  • ハンディ型
    小型で軽量なので、手軽に使えるのが魅力です。細かい部分や車内の清掃に向いています。

2. 機能性

  • 吸引力
    掃除機の性能を大きく左右します。高い吸引力を持つモデルは、埃や小さなゴミもしっかりと吸い取れます。
  • フィルターの種類
    HEPAフィルターなどの高性能フィルターを搭載したモデルは、アレルギーのある人に適しており、微細な粒子も捕らえられます。
  • 騒音レベル
    家の中で使用するため、静音性に優れたモデルを選ぶことが重要です。
  • ゴミの処理方法
    ゴミ集塵袋を使用するタイプと、ダストカップ式で繰り返し使えるタイプがあります。後者はランニングコストを抑えられますが、ゴミ捨ての際には注意が必要です。
  • 電源の種類
    コード式とコードレス式があり、使用する場所や目的によって選びましょう。

3. 使用目的

  • 床のタイプ
    カーペットや畳、フローリングなど、掃除する床のタイプによって適した掃除機が異なります。
  • 使用頻度
    毎日使うなら、使い勝手が良く、維持管理がしやすいモデルを選ぶことが大切です。
  • 掃除する範囲
    広い面積を掃除するなら、バッテリー持続時間が長いコードレス型や、大容量のゴミ集塵袋を持つキャニスター型が適しています。

4. 予算とブランド

  • 予算
    価格は機能やブランドによって大きく異なります。長期的な視点でコストパフォーマンスの良い製品を選ぶことが重要です。
  • ブランド
    アフターサービスや保証、信頼性も考慮して、実績のあるブランドから選ぶと安心です。

掃除機選びでは、これらのポイントを踏まえ、自分のライフスタイルや清掃のニーズに最も合ったモデルを選ぶことが重要です。

また、レビューや口コミを参考にすることで、実際の使用感やメンテナンスのしやすさなど、実用的な情報を得ることができます。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

電子レンジ/オーブン

電子レンジやオーブンは現代のキッチンにおける必需品で、食品を加熱する基本的な方法から、複雑な料理を作るための高度な機能まで、幅広い用途に対応しています。

これらの製品を選ぶ際に考慮すべき主要なポイントは以下の通りです。

1. タイプ

  • 電子レンジ
    主に食品の加熱や解凍に使用されます。単機能のモデルが一般的ですが、一部のモデルには簡単な調理機能も備わっています。
  • オーブンレンジ
    電子レンジの機能に加えて、オーブン機能も備えています。焼き料理やグリル、蒸し料理など多様な調理法に対応可能です。
  • スチームオーブン
    高温の蒸気を使って調理することで、素材の味を引き出しながら栄養素を保持します。電子レンジやオーブン機能を兼ね備えたモデルもあります。
  • トースターオーブン
    パンを焼くだけでなく、小規模な焼き料理にも使用できます。コンパクトで使いやすいですが、大量調理や大きな食品には不向きです。

2. 機能性

  • 加熱方式
    インバーター式の電子レンジは、加熱時の温度変化を細かく制御でき、食品を均一に加熱できます。
  • 自動メニュー
    重量や食品の種類に応じて自動で加熱時間や温度を調整してくれる機能があります。使い勝手が良く、便利です。
  • センサー機能
    湿度や温度を感知して自動で加熱を停止するセンサー機能を備えたモデルもあり、食品を過熱から守ります。

3. サイズと容量

  • キッチンのスペースや調理する食品の量に応じて適切なサイズや容量のモデルを選ぶことが重要です。一人暮らしや少人数家庭ではコンパクトなモデルが、家族やパーティーでの使用には大容量モデルが適しています。

4. デザイン

  • キッチンの装飾や他の家電製品との調和を考慮してデザインを選びましょう。スタイリッシュなモデルやカラーバリエーションが豊富な製品もあります。

5. クリーニングとメンテナンス

  • セルフクリーニング機能や簡単に取り外して洗える内部パーツを備えたモデルは、日々のメンテナンスが容易です。

6. 価格とブランド

  • 価格は機能、サイズ、ブランドによって大きく異なります。長期的な視点でコストパフォーマンスを考慮し、信頼できるブランドの製品を選ぶことが重要です。

電子レンジやオーブンの選択にあたっては、これらのポイントを踏まえ、自分の料理スタイルやキッチンの状況に最も適した製品を選ぶことが大切です。

また、最新のモデルには、スマートフォンと連携して遠隔操作できる機能を持つ製品もあり、より便利に、効率的に料理を楽しむことができます。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

エアコン

エアコンは快適な室内環境を作り出すために不可欠な家電製品です。

冷暖房、除湿、空気清浄など、多機能を備えた製品が多くあります。

エアコンを選ぶ際に考慮すべき主要なポイントは以下の通りです。

1. タイプ

  • 壁掛け型
    最も一般的なエアコンの形式で、室内の壁に取り付けられます。リビングや寝室など、様々な場所に適しています。
  • 床置き型
    床に置くタイプで、壁掛けが難しい場所や、足元から暖かい空気を得たい場合に適しています。
  • ダクト型や天井埋め込み型
    主にオフィスや商業施設で使用されますが、家庭用として設置することも可能です。空間をすっきり見せることができます。

2. 機能

  • 冷暖房
    一年中使用するための基本機能です。地域の気候や室内の広さに合わせて選びましょう。
  • 除湿
    高湿度の時期でも室内を快適に保つことができます。冷房と除湿の機能を使い分けることで、より快適な環境を作り出せます。
  • 空気清浄
    花粉やハウスダストなどを除去してくれる機能がついたモデルもあります。アレルギーがある家庭には特におすすめです。
  • 省エネ性能
    インバーター機能を備えたモデルは、電力消費を抑えながら運転を行うため、電気代を節約できます。
  • 静音性
    特に寝室に設置する場合は、運転音が小さいモデルを選ぶと良いでしょう。

3. 能力とサイズ

  • 能力(馬力)
    エアコンの冷暖房能力は、設置する部屋の広さに応じて選びます。部屋が広いほど、より高い能力のエアコンが必要です。
  • サイズ
    エアコン本体のサイズも設置場所のスペースに合わせて選ぶ必要があります。

4. エネルギー消費効率

  • エネルギー消費効率(EER)や年間消費電力量を確認し、省エネ性の高いエアコンを選ぶことで、環境にも財布にも優しい選択ができます。

5. 価格とブランド

  • 価格は機能や性能、ブランドによって大きく異なります。長期的な運用を考え、信頼できるブランドの製品を選ぶことが大切です。

6. 追加機能

  • Wi-Fi連携
    スマートフォンアプリを通じて遠隔操作できる機能は、外出先から帰宅前に室温を調整できるなど、利便性が高いです。

エアコン選びでは、これらのポイントを踏まえ、自分の生活スタイルや設置環境に最適な製品を選ぶことが重要です。

また、購入後の取り付けやメンテナンスについても、信頼できる業者に依頼することで、長期間にわたってエアコンを快適に使用することができます。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

炊飯器

炊飯器は日本の家庭において欠かせない家電製品の一つで、美味しいご飯を炊くために進化し続けています。

現代の炊飯器は多様な機能や技術を備え、さまざまな種類のご飯を炊くことができます。

選び方のポイントは以下の通りです。

1. 炊飯方式

  • マイコン式
    マイクロコンピューターで温度や時間を制御し、均一に美味しいご飯を炊き上げます。手頃な価格帯の製品が多く、基本的な機能を備えています。
  • IH(電磁誘導加熱)式
    鍋全体を均等に加熱するため、より一層美味しいご飯が炊けます。マイコン式よりも高価ですが、炊き上がりの差を重視する方に適しています。
  • 圧力IH式
    IH加熱に圧力を加えることで、さらにふっくらとしたご飯が炊けます。また、圧力をかけることで炊飯時間の短縮も可能ですが、価格はさらに高めです。

2. 容量

  • 一人暮らし
    3合炊き程度のモデルが適しています。
  • 二人暮らし以上
    5合炊き以上のモデルを選ぶと便利です。家族が多い場合は、さらに大容量のモデルを選びましょう。

3. 機能性

  • 炊き分け機能
    白米、玄米、炊き込みご飯、おかゆなど、さまざまなメニューに対応した炊き分け機能が備わっています。
  • 予約機能
    朝や帰宅時にご飯が炊きあがるよう、予約設定ができる機能です。忙しい人にとって便利な機能です。
  • 保温機能
    炊きあがったご飯を一定時間、美味しく保温してくれる機能。長時間の保温機能もあるモデルがあります。

4. クリーニングとメンテナンス

  • 内釜の材質
    内釜は炊飯器の心臓部。フッ素加工や遠赤外線コーティングなど、様々な材質があり、耐久性やお手入れのしやすさが異なります。
  • 内釜の取り外し
    内釜を取り外して洗えるモデルは、日々のお手入れが簡単です。

5. 価格とブランド

  • 炊飯器の価格は機能や容量、ブランドによって大きく異なります。長期的に使用することを考え、予算内で最高の性能を持つ製品を選ぶことが重要です。また、信頼できるブランドの製品を選ぶことで、品質やアフターサービスの面でも安心できます。

6. 追加機能

  • スマートフォン連携
    スマートフォンと連携して運転状況を確認したり、遠隔で操作できるモデルも登場しています。

炊飯器選びでは、これらのポイントを踏まえ、自分のライフスタイルや食生活に合った製品を選ぶことが大切です。

また、実際に使用する人の口コミや評価も参考にすると、より具体的な情報を得ることができます。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

電気ケトル

電気ケトルはお湯を沸かすための便利な家電製品で、お茶やコーヒーの準備、インスタント食品の調理など、日常生活で幅広く使用されています。

選ぶ際の主要なポイントは以下の通りです。

1. 容量

  • 個人使用
    0.5リットルから1リットル程度の小型のケトルが便利です。速くお湯を沸かすことができ、収納スペースも取りません。
  • 家族や来客時の使用
    1.5リットル以上の大容量モデルが適しています。一度に多くのお湯を沸かすことができます。

2. 素材

  • ステンレス製
    耐久性が高く、お湯の味を損ねにくい。しかし、外側が熱くなるため注意が必要です。
  • ガラス製
    水の沸騰状態が見えて楽しいですが、割れやすいというデメリットがあります。
  • プラスチック製
    軽量で持ち運びやすいですが、耐久性や安全性については製品によって異なります。

3. 機能性

  • 温度設定機能
    紅茶、緑茶、コーヒーなど、異なる飲料に最適な温度でお湯を沸かすことができる機能です。細かな温度調整が可能なモデルもあります。
  • 保温機能
    一定時間、設定温度を保持してくれる機能です。何度もお湯を沸かす手間を省けます。
  • 自動電源オフ機能
    水が沸騰した後に自動で電源が切れる機能で、安全面で重要です。
  • 空焚き防止機能
    水がない状態でケトルを作動させても、自動的に電源がオフになる機能です。

4. 速度

  • お湯を沸かす速度はモデルによって異なります。忙しい朝など、速くお湯を沸かしたい場合は、沸騰速度が速いモデルを選ぶと良いでしょう。

5. 使用とメンテナンスのしやすさ

  • 注ぎ口のデザイン
    スムーズにお湯を注げるか、または注ぎ口が細いモデルは、ドリップコーヒーなどの精密な作業に適しています。
  • クリーニング
    内側が広いと手入れがしやすく、水垢や汚れが溜まりにくいです。

6. デザイン

  • キッチンのインテリアに合わせて選ぶこともできます。スタイリッシュなデザインのケトルは、キッチンのアクセントにもなります。

7. 価格

  • 機能やデザイン、ブランドによって価格は大きく異なります。予算内で、必要な機能を備えたケトルを選ぶことが大切です。

電気ケトル選びでは、これらのポイントを考慮し、日常の使用シーンや個人の好みに合った製品を選ぶことが重要です。

また、実際の使用感やメンテナンスのしやすさなど、ユーザーレビューや口コミも参考にすると良いでしょう。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

空気清浄機

空気清浄機は、室内の空気を浄化して快適な生活空間を提供する家電製品です。

アレルゲン、花粉、ハウスダスト、タバコの煙、ペットの毛や臭い、さらにはウイルスや細菌など、さまざまな有害物質を除去することができます。

選ぶ際に重要なポイントは以下の通りです。

1. 浄化方式

  • HEPAフィルター
    非常に高い効率で微粒子を捕捉することができます。多くの空気清浄機に採用されており、粒子を99.97%以上除去できるとされています。
  • 活性炭フィルター
    ガスや臭いを吸着する能力に優れています。タバコの煙やペットの臭い、料理のにおいなどを効果的に除去します。
  • 光触媒フィルター
    紫外線を使って有害物質を分解し、空気を浄化します。臭いやウイルス、細菌の除去に効果的です。
  • イオナイザー
    空気中のイオンバランスを整えることで、空気を浄化します。しかし、オゾンを生成するものもあるため、使用時には注意が必要です。

2. 適用面積

  • 空気清浄機はその性能に応じてカバーできる範囲が異なります。使用する部屋の広さに適したモデルを選ぶことが重要です。

3. 機能性

  • 自動運転機能
    空気の質を感知して自動で運転モードを調整する機能が便利です。空気が汚れると強力に、きれいになると静かに運転するなど、省エネにもつながります。
  • タイマー機能
    予め運転時間を設定できるため、無駄な電力消費を防ぐことができます。
  • サイレントモード
    夜間や就寝時でも使用できるように、騒音を抑えた運転モードを持つモデルがあります。

4. メンテナンス

  • フィルターの清掃や交換が容易なモデルを選ぶと、日々のメンテナンスが楽になります。フィルター交換のコストも考慮する必要があります。

5. デザイン

  • 使用する部屋のインテリアに合わせてデザインを選ぶことも可能です。コンパクトでスタイリッシュなモデルも多くあります。

6. 価格とブランド

  • 価格は機能やブランド、適用面積によって大きく異なります。長期的な視点でコストパフォーマンスの良い製品を選ぶことが重要です。また、信頼できるブランドから選ぶと、品質やアフターサービスの面でも安心です。

7. 追加機能

  • スマートフォン連携
    遠隔操作や空気質のモニタリングができるモデルも増えています。忙しい人や、常に最適な室内環境を保ちたい人に適しています。

空気清浄機を選ぶ際は、これらのポイントを考慮し、自分のライフスタイルや使用環境に最適な製品を選ぶことが大切です。

また、実際に使用しているユーザーのレビューや評価も参考にすると、より具体的な情報を得ることができます。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

まとめ

  1. 冷蔵庫
    食品を新鮮に保つためには欠かせません。サイズや機能を自分の生活スタイルに合わせて選ぶことが重要です。
  2. 洗濯機
    定期的に衣服を清潔に保つために必要な家電です。最近では、乾燥機能付きのものも人気があります。
  3. 掃除機
    清潔な生活空間を維持するためには、掃除機が非常に便利です。手軽に使えるスティックタイプやロボット掃除機も人気です。
  4. 電子レンジ/オーブン
    食事の準備を簡単にするためには、電子レンジやオーブンが役立ちます。解凍や加熱、焼き料理などが手軽にできます。
  5. エアコン
    快適な室温を保つためには欠かせない家電です。最近では、省エネ性能が高い製品や空気清浄機能付きの製品もあります。
  6. 炊飯器
    日本の家庭において、美味しいご飯を炊くためには炊飯器が必需品です。最近では、炊き分け機能や保温機能が充実しています。
  7. 電気ケトル
    湯沸かしに便利な電気ケトルは、お茶やコーヒーを楽しむためにも欠かせません。
  8. 空気清浄機
    花粉症の方やペットを飼っている家庭には、空気をキレイに保つために空気清浄機が役立ちます。

新生活を始める際には、これらの家電を基本に、さらに生活スタイルに合わせて、ホームエンターテイメント機器やキッチン家電なども検討すると良いでしょう。

自分の生活スタイルや必要性、予算を考慮して選ぶことが大切です。

⇩ヤマダ電機なら全般揃います⇩

⇩一度に揃っちゃいます⇩

銀金
銀金

生活に慣れて来たら、

自分なりにカスタマイズして

楽しみたいですね!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました