【スマホ周辺機器ガジェット】買って良かった人気・便利でおしゃれなおすすめグッズ・アクセサリー・必須アイテム20選を徹底解説!ざっくり紹介!

ガジェット
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

スマホ周辺機器のおすすめ10選をざっくり紹介します。

銀金
銀金

あると便利なアイテムばかり!!

最低でも

フィルムとケースはつけますかね!

ポータブルバッテリー

ポータブルバッテリー、またはモバイルバッテリーは、外出先でスマートフォンやタブレットなどの機器を充電するための便利なアクセサリーです。

以下は、ポータブルバッテリーに関する詳細な情報です。

容量

ミリアンペア時(mAh)で表され、バッテリーが持つ電力を示します。容量が大きいほど、より多くまたはより大きなデバイスを充電できますが、サイズも重さも大きくなります。

出力ポート

USB-A、USB-C、マイクロUSBなど、様々なタイプの出力ポートがあります。最近ではUSB-Cが一般的で、高速充電をサポートする製品も増えています。

入力ポート

バッテリー自体を充電するためのポートです。こちらもUSB-Cが多くなっていますが、マイクロUSBを使用するものもあります。

充電速度

出力の電流(アンペア)と電圧によって、デバイスをどれだけ早く充電できるかが決まります。高速充電をサポートしているものは、短時間でデバイスを充電できます。

サイズと重量

容量が大きくなるとサイズも重量も増えます。日常使いするならば、ポケットに入る小さなものが便利ですが、長時間の旅行には大容量が必要になるかもしれません。

ブランドと価格

Anker、RAVPower、Xiaomiなど、信頼できるブランドから多くの種類が販売されています。価格は容量、機能、ブランドによって異なります。

付加機能

いくつかのモデルには、LEDライト、ソーラー充電機能、複数デバイス同時充電機能などの追加機能があります。

購入時には、使用するデバイスのバッテリー容量、持ち運びやすさ、予算などを考慮して、最適なポータブルバッテリーを選ぶことが大切です。

ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンは、ケーブルを必要としない音楽や通話のためのデバイスです。

以下はワイヤレスイヤホンの特徴や注意点についての詳細です。

接続方式

ほとんどのワイヤレスイヤホンはBluetoothを利用してスマートフォンや他のデバイスと接続します。Bluetoothのバージョンやプロファイルによって接続の安定性や音質、範囲が異なります。

音質

近年のワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと比較しても遜色ない音質を提供するものが増えています。高音質コーデックのサポート(例:AAC、aptX)が重要です。

バッテリー寿命

ワイヤレスイヤホンは充電が必要です。使用できる持続時間はモデルによって異なり、充電ケースが付属しているものも多く、ケースを使ってイヤホンを数回充電できます。

フィット感とデザイン

インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤーなど、さまざまな形状があります。運動時に使用するなら、耳にしっかりとフィットし、外れにくいデザインが重要です。

防水性

汗や雨からイヤホンを保護するために、防水や耐汗性能があるモデルを選ぶと良いでしょう。

ノイズキャンセリング

外部のノイズを低減する機能を持つイヤホンもあります。特に交通機関の騒音の多い環境やオフィスなどで便利です。

タッチコントロールとアシスタント機能

イヤホン自体にタッチセンサーが備わっており、音楽の再生や通話の応答などを行えるものもあります。また、スマートフォンのアシスタント機能(Google Assistant、Siriなど)と連携するモデルもあります。

価格帯

エントリーレベルから高品質なモデルまで幅広い価格帯があります。使用目的や必要な機能に応じて選択することが大切です。

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は、使用状況や優先する機能を考慮して、最適なモデルを選びましょう。

車載ホルダー

車載ホルダーは、車内でスマートフォンを固定し、ナビゲーションの表示やハンズフリー通話などに便利なアクセサリーです。

以下は車載ホルダーに関する詳細情報です。

取り付けタイプ
  • 吸盤式: ダッシュボードやフロントガラスに取り付けるタイプ。しっかりと固定でき、位置調整が自由自在です。
  • エアコン吹き出し口式: エアコンの吹き出し口にクリップで固定するタイプ。視界を妨げず、取り付けが簡単ですが、車種によっては合わないことがあります。
  • CDスロット式: 未使用のCDスロットを利用して取り付けるタイプ。安定感があり、中央に固定できます。
サイズと調整性
  • 多くの車載ホルダーはスマートフォンのサイズに合わせて調整可能なアームを持っています。
  • 一部には特定のモデル専用のものもあります。
回転と角度調整
  • 回転機能を持つホルダーは、スマートフォンを縦置きや横置きに自由に変更できます。
  • 角度調整が可能なモデルは、運転中の視認性を向上させるために便利です。
充電機能の有無
  • ワイヤレス充電機能を備えたホルダーもあり、スマートフォンを置くだけで充電できるため便利です。
  • 有線での充電をサポートするモデルでは、ケーブルをホルダーに接続しておくことで、スマートフォンを固定すると同時に充電が始まります。
材質と耐久性
  • 多くはプラスチック、シリコン、金属の組み合わせで作られており、耐久性やデバイスへの優しさが考慮されています。
安全性と法規制
  • 視界を妨げないように正しい位置に取り付けることが重要です。
  • 地域によっては、車載ホルダーの使用位置や方法に関して法的な規制がある場合がありますので、使用前に確認しましょう。

車載ホルダーを選ぶ際には、車の内装や使用するスマートフォンのサイズ、求める機能性などを考慮し、最適なものを選びましょう。

スマートウォッチ

スマートウォッチは、従来の時計機能に加えて、スマートフォンの通知表示や健康管理機能など多様な機能を提供するウェアラブルデバイスです。

以下は、スマートウォッチの特徴や機能についての詳細です。

通知機能

スマートフォンの着信、メッセージ、アプリの通知を手首で確認できます。これにより、大事な連絡を見逃さずに済みます。

健康管理機能
  • 活動量計: 歩数、消費カロリー、運動時間などを計測します。
  • 心拍数モニター: 心拍数を測定し、運動強度の管理やストレスレベルの把握に役立ちます。
  • 睡眠トラッキング: 睡眠の質やパターンを記録し、健康管理に役立てます。
フィットネス機能

多くのスマートウォッチは、ランニングやサイクリングなど特定の運動の追跡機能を持っており、GPSを内蔵しているモデルも多いです。

アプリ連携

天気予報、カレンダー、音楽再生コントロールなど、多彩なアプリと連携して便利な機能を提供します。

カスタマイズ

文字盤のデザインを変更したり、ストラップを交換したりすることで、個性を表現できます。

耐水性

水泳時にも使用できる耐水性を備えたモデルもあります。

バッテリー寿命

モデルによって異なりますが、一般的なスマートウォッチは1日から数日間持続します。長いバッテリー寿命を備えたものもありますが、機能が限られることがあります。

互換性

使用するスマートフォンとの互換性を確認することが重要です。特に、Apple WatchはiPhoneとの組み合わせで最も機能を発揮します。

価格帯

シンプルな機能のものから高度な機能を備えた高価なモデルまで幅広い価格帯があります。

スマートウォッチは、デザインや機能性、価格によって多種多様な選択肢があります。

購入する際は、どの機能が自分にとって重要か、デザインは好みに合っているか、予算内で最適なものを選ぶことが大切です。

保護フィルム

保護フィルムは、スマートフォンやタブレットなどのディスプレイ面を保護するためのアクセサリーです。

以下は保護フィルムの種類や特徴についての詳細です。

素材
  • ポリエチレンテレフタレート (PET): 薄くて軽いが、傷防止は基本的なレベルです。
  • 熱可塑性ポリウレタン (TPU): 柔軟性があり、小さな傷が自己修復することがあります。装着が少し難しい場合があります。
  • 強化ガラス: 傷や衝撃から高い保護を提供します。ガラス素材なので、触り心地が良く、透明度も高いです。
硬度
  • 保護フィルムの硬度は、通常、モース硬度で表されます。強化ガラス製のものは硬度が高く、傷がつきにくいです。
厚さ
  • 厚さは通常、0.1mmから0.5mm程度です。薄いほどタッチ感度は良好ですが、保護能力は若干低下する可能性があります。
機能性
  • 抗指紋: 指紋や油分が付きにくく、清潔に保ちやすい。
  • プライバシー保護: 画面を一定の角度から見ると見えなくなる、覗き見防止機能。
  • 反射防止: 明るい場所での視認性を向上させます。
取り付け
  • 正確な位置に貼る必要があるため、気泡が入らないよう慎重に取り付ける必要があります。最近では、貼り付け易い製品も増えています。
交換
  • 時間が経つと傷や劣化が目立つようになるため、定期的な交換が推奨されます。
互換性
  • 保護フィルムは、特定のデバイスの画面サイズや形状に合わせて作られています。正しいモデルを選ぶことが大切です。

スマートフォンやタブレットの画面を傷や衝撃から守るためには、保護フィルムの選択が重要です。

使用環境やデバイスに合わせた最適なタイプと材質を選びましょう。

ケース

スマートフォンケースは、デバイスを衝撃や傷、汚れから保護するためのアクセサリーです。

以下はスマートフォンケースの種類や特徴についての詳細です。

素材
  • シリコン/ゴム: 柔らかくて手に馴染みやすい。衝撃吸収性に優れています。
  • プラスチック: 軽量で、多様なデザインや色があります。
  • 革製: 高級感があり、使い込むほどに味が出る。保護性能とともにスタイルを重視する人に人気です。
  • 金属: 堅牢で耐久性に優れていますが、重くなりがちです。
タイプ
  • バンパーケース: 端を覆うタイプで、デバイスの背面や画面を露出させるデザインが多いです。
  • フルカバーケース: 全体を覆うことで、全方位からデバイスを保護します。
  • フリップカバー/フォリオ: 画面をカバーするフラップがついており、開閉式です。
  • バッテリーケース: バッテリーが内蔵されており、ケースをつけたままデバイスを充電できます。
機能性
  • 耐衝撃性: 落下時の衝撃からデバイスを守るための特化した設計がされています。
  • 防水機能: 水や汚れからデバイスを守るために、密閉性の高い設計がされています。
  • カードホルダー: クレジットカードや名刺などを収納できるスペースがあるものもあります。
デザインとカスタマイズ
  • パーソナライズされたデザインや、好きな写真をプリントできるカスタムケースもあります。
  • 透明ケースはデバイス本来のデザインを楽しむことができます。
互換性とサイズ
  • スマートフォンのモデルによってサイズや形状が異なるため、デバイスに合ったケースを選ぶ必要があります。
重量と厚み
  • ケースの素材やデザインによって、重量や厚みが異なります。持ち運びやすさやデバイスの操作感に影響を与えるため、選択にあたって重要な要素です。

スマートフォンケースを選ぶ際には、保護機能のみならず、デザインや素材感、機能性、そしてデバイスとの互換性を考慮して、自分のライフスタイルや好みに合ったものを選びましょう。

自撮り棒

自撮り棒(セルフィースティック)は、スマートフォンを固定し、手を伸ばして写真やビデオを撮影する際に使うアクセサリーです。

以下は自撮り棒の特徴や注意点についての詳細です。

伸縮性
  • 多くの自撮り棒は伸縮可能で、長さを調整できます。これにより、写真の構図を広げたり、グループ写真を撮りやすくなります。
固定方法
  • スマートフォンを固定するクリップまたはホルダーがついており、大抵はサイズ調整が可能です。
接続方式
  • 有線: スマートフォンのヘッドフォンジャックやUSBポートに接続し、撮影ボタンをコントロールします。
  • Bluetooth: スマートフォンと無線で接続し、自撮り棒についたボタンで撮影をコントロールします。
バッテリー

Bluetoothを使用する自撮り棒は、充電または電池交換が必要です。使用前に充電状態を確認しましょう。

三脚機能
  • 一部の自撮り棒は三脚としても使用できる機能が付いています。これにより、安定した撮影が可能になります。
耐久性と素材
  • 軽量ながらも強度のある素材で作られており、安定してデバイスを支えることができます。
携帯性
  • 折りたたみが可能で、バッグやポケットに入れやすいサイズのものが多いです。
互換性
  • 大多数の自撮り棒は、さまざまなサイズのスマートフォンに対応していますが、デバイスのサイズや重さに適合するかを確認する必要があります。
法規制とマナー
  • 一部の公共の場所やイベントでは、自撮り棒の使用が禁止されている場合があります。使用する前に、地域の規制や場所のルールを確認しましょう。

自撮り棒を選ぶ際には、使用目的、携帯性、耐久性、および互換性を考慮して、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

Bluetoothトラッカー

Bluetoothトラッカーは、紛失しやすいアイテムに取り付けて、スマートフォンアプリを通じて位置を特定する小型のデバイスです。

以下はBluetoothトラッカーの特徴や使用方法についての詳細です。

動作原理
  • Bluetoothトラッカーは低エネルギーBluetooth技術を使用してスマートフォンと通信します。スマートフォンアプリを使って、トラッカーの最後の位置を地図上で確認できます。
サイズとデザイン
  • ほとんどのトラッカーは非常に小型で、キーリングに取り付けられるものや、財布やバッグに入れるための薄型のものがあります。
範囲
  • Bluetoothトラッカーは一般的に、約30~100メートルの範囲内で動作します。障害物やトラッカーのモデルによって範囲が異なります。
機能
  • 位置追跡: アイテムが最後にどこにあったかをアプリで確認できます。
  • 音響通知: トラッカーから音を出して、アイテムの正確な位置を見つけられます。
  • 逆探知: トラッカーを使ってスマートフォンの位置を見つけることもできます(スマートフォンが範囲内の場合)。
  • コミュニティ検索: 他のユーザーのトラッカーアプリが近くにあるあなたのトラッカーを検出すると、その位置情報が匿名であなたに通知されます。
電池寿命
  • Bluetoothトラッカーは通常、電池交換可能または充電式です。電池寿命は数ヶ月から1年以上まで様々です。
互換性
  • ほとんどのトラッカーはiOSとAndroidデバイスと互換性がありますが、使用する前に特定のスマートフォンやOSバージョンとの互換性を確認してください。
用途
  • キー、財布、ペットの首輪、バッグ、自転車など、紛失したくないアイテムに取り付けるのに適しています。
ブランドと価格
  • Tile, AppleのAirTag, Chipoloなど、さまざまなブランドがあります。機能やデザインによって価格は異なります。

Bluetoothトラッカーを選ぶ際には、必要な範囲、電池寿命、互換性、そして機能を考慮して、自分の生活スタイルに合ったものを選びましょう。

¥4,779 (2023/10/17 08:45時点 | Amazon調べ)

外付けレンズ

外付けレンズは、スマートフォンのカメラ機能を拡張し、様々な撮影効果を実現するためのアクセサリーです。

以下は、外付けレンズの種類や特徴についての詳細です。

レンズの種類
  • 広角レンズ: より広い範囲を撮影できるようになります。風景写真やグループ写真に適しています。
  • 魚眼レンズ: 180度の広い視野を提供し、歪んだ効果が特徴の画像を作り出します。
  • マクロレンズ: 小さな物体を大きくクローズアップして撮影できます。細部の撮影に適しています。
  • 望遠レンズ: 遠くの被写体をズームインして撮影できます。
接続方法
  • 外付けレンズは、クリップオン、磁石、ケース一体型など、スマートフォンに取り付けるためのさまざまな方法があります。
互換性
  • 多くのレンズは、さまざまなスマートフォンモデルに対応していますが、使用するデバイスのカメラサイズや形状によっては適合しない場合があります。
品質と価格
  • レンズの光学品質は価格に大きく影響します。高品質なレンズはより鮮明で歪みの少ない画像を提供しますが、価格も高くなります。
使用目的
  • 使用するシーンや撮影したい被写体によって、適切なレンズタイプを選ぶことが重要です。
携帯性と取り扱い
  • 外付けレンズは携帯性に優れ、簡単に取り外し可能ですが、レンズを保護するためのケースやカバーを使用することをお勧めします。

外付けレンズは、スマートフォンのカメラ機能を大幅に拡張し、創造的な撮影を楽しむための手軽な方法です。

購入前には、使用するスマートフォンの互換性、撮影したい内容、予算を考慮して、最適なレンズを選びましょう。

モバイルプリンター

モバイルプリンターは、外出先でも写真や文書を印刷できる小型のプリンターです。

以下は、モバイルプリンターの特徴や注意点についての詳細です。

サイズと携帯性
  • モバイルプリンターは軽量でコンパクトな設計が特徴で、持ち運びに便利です。
接続方法
  • 多くのモデルはBluetoothやWi-Fiを通じてスマートフォンやタブレットと接続し、アプリを使用して印刷を行います。
印刷技術
  • インクジェット: 小型でも高品質な印刷が可能ですが、インクの補充が必要です。
  • 熱転写: インクを必要とせず、熱を使用して紙に画像を転写します。
  • ゼロインク (ZINK): インクカートリッジを使わず、特殊な紙が熱に反応して色を変える技術です。
印刷品質
  • 解像度や印刷品質はモデルによって異なります。一般的には、文書よりも写真の方が高い品質を要求されます。
対応メディア
  • モバイルプリンターは、通常、特定のサイズやタイプの紙に対応しています。多くは写真印刷に特化したサイズの紙を使用します。
バッテリー寿命
  • 多くのモバイルプリンターは内蔵バッテリーを持ち、一定数の印刷を行うことができます。使用頻度に応じて充電が必要です。
用途
  • イベントでの写真共有、旅行中の記念写真の即席印刷、ビジネスでの書類印刷など、さまざまなシーンで活用できます。
価格と消耗品
  • モバイルプリンターの価格は機能や品質によって異なります。また、専用の印刷紙やインクなどの消耗品のコストも考慮する必要があります。

モバイルプリンターは、その便利さから旅行者やイベント参加者、ビジネスユーザーに人気です。

購入を検討する際は、印刷品質、対応メディアの種類、バッテリー寿命、携帯性、そして維持費を考慮して選びましょう。

まとめ

  1. ポータブルバッテリー: 外出時でもスマホを充電できます。
  2. ワイヤレスイヤホン: ケーブルがなくても音楽や通話が楽しめます。
  3. 車載ホルダー: 運転中にスマホを安定させることができます。
  4. スマートウォッチ: スマホの通知を手元で確認できます。
  5. 保護フィルム: 画面をキズや汚れから保護します。
  6. ケース: スマホを落下などから保護します。
  7. 自撮り棒: グループ写真や遠景の撮影に便利です。
  8. Bluetoothトラッカー: 紛失防止に役立ちます。
  9. 外付けレンズ: スマホカメラの撮影範囲や質を向上させます。
  10. モバイルプリンター: 写真をすぐに印刷できます。

これらのアクセサリーは、スマホの利便性を高め、より良いモバイル体験を提供します。

銀金
銀金

気になるものばかり!!

常に持ち歩く物なので、

周辺機器は充実させたいですね!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました