転職とは?転職理由・就職との違い・比較 おすすめ徹底解説 ざっくり紹介

仕事・転職
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

転職って何だろう?転職したいと思う理由って?

恥ずかしながら、、自分は転職を数えきれない位、繰り返してきました。

様々な職種も経験しました。

しかし、いつも見切り発車で、自分だけの考えで感情的に動いてきた為、なかなか上手くいきませんでした。

今は、転職サイト転職エージェントも充実している為、上手く活用して明るい未来のために行動していきましょう!!

銀金
銀金

実は自分も数え切れないくらい転職を、、。

なかなか見切り発車で上手くいきませんでしたが、、。

⇩jobuddy+(ジョバディ)30秒で登録⇩

転職とは?

「転職」とは、一つの職場や職種から別の職場や職種に移ることを指す言葉です。具体的には、ある会社や組織での勤務を終了し、新たな会社や組織に入社することを指すことが多いです。転職の背景や理由は多岐にわたり、キャリアアップのため、より良い給与や待遇を求めるため、職場の雰囲気や人間関係の変化、自身のライフステージの変化、仕事の内容に対する不満などが考えられます。

転職の理由は人によって異なります。

  • 「給料(年収)をアップしたい」
  • 「教育環境・労働環境・福利厚生が整っている会社で働きたい」
  • 「人間関係で悩まずに、新しい職場でリセットしたい」
  • 「スキルアップできる仕事で自分をキャリアアップしたい」
  • 「やりたい事を仕事にして、生活したい」
  • 「将来性があり、不安を感じずに働き続けたい」

などが挙げられます。

再就職

再就職とは、転職と同じような意味合いです。勤務していた会社を退職した後、再度、新たな会社に雇用されることを指します。パート・アルバイトなどの雇用形態で勤務していたケースもこれに当てはまります。文字通り、就職していた方が、再度、就職する(働く)事を意味します。

転職ってアルバイトも?

現在は派遣や契約社員、正社員等様々な雇用形態があるため、明確ではないですが、初めて企業に直接雇用された場合は、一般的には転職ではなく「就職」と呼びます。アルバイトやパートから正社員になることはあまり「転職」とは言いません。実際に、アルバイトやパートで働く人を対象に、正社員の求人を紹介しているエージェントもあります。

転職活動と就職活動

転職活動と就職活動は動き方が異なります。

転職活動に対し、新卒の就職活動と同じような進め方をイメージする人もいますが、活動のタイミングから進め方、選考基準等異なります。

思い立ったら行動できる

新卒の就職活動では、多くの企業が同時期に採用活動を行うため、企業への応募や選考などもそのタイミングに集中します。しかし、転職活動では、自分が今の職場で働きながら、色々考えた上で動く事が出来て、自分のタイミングで活動することができます。つまり新卒の就職とは異なり、時期・タイミング・年齢に関わらず、動けるため、準備をすれば自分にとってより良い職場を見つけることが出来ます。

その際に転職のプロの意見がとても参考になります。

※企業が転職エージェントに費用を払う為、こちら側は一切料金は発生しませんので、
安心してください!!

☟思い立ったら行動できるように予め登録だけ済ましておくのがベスト!!☟

採用数は少なめ?

新卒採用は、一年に一度の為、採用枠は大きめに設けている場合が多い。

転職の中途採用は、新規事業展開・欠員の補充・その他など企業のタイミング・状況に合わせての採用の為、基本的に枠は少なめ。

情報収集が必要(自分orプロ)

中途採用の場合は、全て自分で情報を集め、自分で動く必要があるでしょう。新卒採用のように大規模な会社説明会などは、ほぼありません。その為、最近は転職エージェントにお願いして、自分に最適な転職先を一緒に探していく方法が最も有効的といえるでしょう。

応募書類(履歴書・職務経歴書・エントリーシートを作成

新卒の場合は、採用枠も多い為、インターネット上でエントリーシートに記入して応募する事が多いですが、転職の場合は、履歴書や職務経歴書などを自分で作成することが必要です。

特に、履歴書・職務経歴書には決められたフォーマットがないため、書式やアピール内容等を全て自分で考え、どのようにアピールするかが大切です。

経験・実績・社会人スキル

新卒は、働いた経験が乏しいため、ポテンシャル採用であり、自分の人間性や成長性、企業文化との相性等が重視されます。

転職活動では、応募職種にマッチする経験・実績・社会人スキルがあるかどうかを重視されます。

業界によっても異なりますが、20代の若手採用の場合は、ポテンシャル採用を行うケースも多いですが、応募職種で発揮できる自分の強みやスキルをしっかりと伝えた上で、「入社後に自分はこの会社に取ってどう活躍できる人間か」をアピールする事が大切です。

まとめ

転職を考える際には、現在の職場の環境や自身のキャリアゴールとのマッチング、新たな職場での役割や待遇、将来のキャリアパスなどを慎重に考慮することが大切です。

また、転職活動を行う際には履歴書や職務経歴書の作成、面接の準備なども必要になります。

⇩jobuddy+(ジョバディ)30秒で登録⇩

銀金
銀金

自分だけだと、

なかなか思い切りがつかなくて

最初の一歩が踏み出せない、、、。

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました