転職とは?自己分析・書類作成・書類選考等具体的な流れを徹底解説 ざっくり紹介

仕事・転職
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

実際の転職活動の流れを紹介していきます

恥ずかしながら、、自分は転職を数えきれない位、繰り返してきました。

様々な職種も経験しました。

しかし、いつも見切り発車で、自分だけの考えで感情的に動いてきた為、なかなか上手くいきませんでした。

今は、転職サイト転職エージェントも充実している為、上手く活用して明るい未来のために行動していきましょう!!

銀金
銀金

一歩踏み出すのが大変ですが、

明るい未来のために、、、!!

⇩jobuddy+(ジョバディ)30秒で登録⇩

転職活動の流れ

新卒とは異なり、比較的短いスパンで決まります。転職活動は基本的に自分のタイミングで行うので、今の職場で働きながら、「転職したい時期」から逆算した上で、自分で活動スケジュールを立て、計画的に進めていくことが重要です。

<転職活動の流れ>

  1. 意思決定・自己分析・情報収集
  2. 書類作成(履歴書・職務経歴書)・応募
  3. 書類選考・面接(個人or集団)
  4. 内定・内定承諾(ここで入社決定)
  5. 退職(現会社)・入社(新会社)

所要期間は様々です。考えてから、次の月には新しい会社で働いている方もいれば、半年~1年かかる方もいますが、全て自分のペースで進めていけば良いと思います。

1 意思決定・自己分析・情報収集

転職活動を始める際、準備をしっかりと行うことが重要です。

まずは本当に今の職場から新しい職場に転職するべきかという自分の意思を固めるところからよく考えましょう。


次に転職する目的についてしっかりと考えましょう。

「転職する事で何をしたいのか」
「それを実現するために、どのような転職先を選べばいいのか」
を明確にすることで、転職活動の軸も明確にすることができます。

また、自分が今の仕事で何をし、何を遂行してきたかを振り返ってみましょう。

その上で自分の強みは何か、新しい環境でどう動けるかを考えましょう。

そこから、どんな職種・職場を選べば良いかを選定していきましょう。

上記をノートにメモしておくと良いでしょう。

この後、転職エージェントや転職サイトに登録し、自己分析で導き出したこれらの考えをもとに求人情報を収集していきましょう。また、転職エージェントを利用する場合は、面談の際に転職活動の軸や自分の強みを伝えれば理解を深めることができ、よりスムーズに求人の紹介を受けることができるはずです。

※企業が転職エージェントに費用を払う為、こちら側は一切料金は発生しませんので、
安心してください!!

☟完全無料なので、登録しておきましょう☟

2 書類作成(履歴書・職務経歴書)・応募

自分の中で、応募する求人が決まったら、履歴書・職務経歴書などを作成してエントリーします。

応募書類を作成する際、上記のノートのメモを参考に「志望動機」「自己PR」を整理しましょう。

応募企業に、より良いアピールができそうな要素をしっかりと伝えることがポイントです。

応募した求職者から順に選考を進め、必要な人数が確保できた時点で採用活動を終了してしまう企業が多い為、興味を持った求人を見つけたらすぐに応募することが大切です(とは言っても冷静に)

3 書類選考・面接(個人or集団)

応募後、企業での書類選考が始まります。書類選考が通過した後に、連絡があり、面接に移ります。面接は最近だと個人や集団やオンラインなどがあります。転職エージェントに依頼した場合は、段取りを行ってくれるケースもあります。一次面接・二次面接・最終面接と複数回面接をする事もありますが、まずは一次面接でしっかり自分の意思を伝えましょう。

質問されることは「転職理由」「志望動機」「地震の経験・スキルと強み」などです。

想定できる質問を把握した上で、それぞれの質問で何を伝え、どのようにアピールするのかを整理しておきましょう。

当日に、自分の思いや意思を簡潔に伝えることができるように模擬練習(転職エージェント)もこなしておくと良いでしょう。

4 内定・内定承諾(ここで入社決定)

数日後、企業から内定の連絡を受けたら、条件を確認の上、内定承諾をするのかどうか、しっかりと自分で判断しましょう。

同時に何社か応募している際は、慎重に考えて返答しましょう。

あまり良い方法ではありませんが、
他社の選考を進めてから結論を出したい場合には、事情を伝えた上で、内定承諾の期間を延ばしてもらうことも可能です。

5 退職(現会社)・入社(新会社)

自分で検討した結果、現会社を退職する際は、上司へ退職の意思を伝えた上で、退職届を提出します。

退職時期の相談(有給休暇等も含め)・業務の引き継ぎ等、退職に関する事務手続きなどを行います。

万が一、引き継ぎに時間がかかる・上司から引き留めされる、などで退職交渉がスムーズに進まない場合もあります。

その場合は、転職先の企業に早めに報告し、入社時期を延ばす相談をすることが大事です。


理想は
余裕を持って、現会社の有給休暇消化中にしっかりと新会社の入社に対しての準備を進めていくことが望ましいでしょう。

☟完全無料なので、登録しておきましょう☟

☟自分で上手く辞められそうもない時☟

まとめ

最新の経験やスキルを含む履歴書と職務経歴書を用意します。これが企業にあなたのキャリアや適性を伝える最初のステップです。

転職サイト、求人情報誌、紹介、直接企業のHPなどで、希望する業界・職種の求人情報を収集します。
希望する求人に履歴書や職務経歴書を送り、エントリーします。
書類選考後、一次面接、二次面接と進むことが多いです。
面接では、自己PRや志望動機などをしっかり伝えることが大切です。

選考を通過すると、内定の通知が来ます。ここで転職が決まるわけではありません。内容に納得したら、正式に受け入れる手続きをします。内定を受け入れた後は、新しい会社の入社手続きを進めます。

きれいな形で退職し、きれいな形で新しい会社に入社出来る様に最善を尽くしましょう!!

⇩jobuddy+(ジョバディ)30秒で登録⇩

銀金
銀金

動き出すまでは大変ですが、

今の職場で満足出来ていないなら、今!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました