転職とは?転職サイト?転職エージェント?おすすめの進め方・比較を徹底解説 ざっくり紹介

仕事・転職
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

転職活動の進め方の具体的な方法を紹介します

恥ずかしながら、、自分は転職を数えきれない位、繰り返してきました。

様々な職種も経験しました。

しかし、いつも見切り発車で、自分だけの考えで感情的に動いてきた為、なかなか上手くいきませんでした。

今は、転職サイト転職エージェントも充実している為、上手く活用して明るい未来のために行動していきましょう!!

銀金
銀金

現在は正直

転職エージェントが最適かと!!

⇩jobuddy+(ジョバディ)30秒で登録⇩

転職活動を進める具体的な方法

転職活動を進める場合、当たり前ではありますが、まずは自分自身でよく考える事。本当に転職をするべきかと。

意思が固まったら、いざ、動き出しましょう!

まず職種・企業を選定し、応募し、選考を受けることになります。
下記に具体的な方法を紹介していきます。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 直接企業応募
  • 推奨・紹介採用

転職サイト

最近は様々な転職サイトが存在しています。

転職サイトには、多くの企業の求人情報が掲載されていて
「職種・業種」「勤務地(国内・国外)」「働き方(派遣・正社員)」「年収(何万円~)」など、
希望する条件をもとに求人情報を検索でき、サイト上から応募することができます。

今や簡単にスマホからでも検索できるため、場所や時間を選ばずに、自分のペースで転職活動を進めることができるでしょう。

転職サイトには、
職種や業界を問わずに幅広い求人情報を扱う「総合型」と、特定の業界・職種や地域の求人を集めた「特化型」があります。

「総合型」は掲載されている求人数が多く、種類も豊富な点がメリットです。(様々な職種)

「特化型」は、志望する業界や職種、希望の勤務地などが絞られている人にとって情報を探しやすいというメリットがあります。(資格系・医療系など特殊な職種)

☟完全無料なので、登録しておきましょう☟

転職エージェント

こちらも転職サイト同様様々なサイトが存在してきました。

求職者と求人募集をしている企業をマッチングする人材紹介サービスを行います。
転職エージェント(転職サイトの上位版と勝手に自分は思っていますが)では、キャリアアドバイザーが、求職者の経験・スキル、希望条件、キャリアプランなどを聞いた上で、マッチする求人を紹介してくれ、細かい条件や相談に乗ってくれるエージェントまであるため、非常に心強いです。

また、企業から直接依頼を受けている非公開の求人を保有しているケースも多いため、ほかでは得られない情報を入手できる可能性もあります。

応募から内定まで手取り足取りレクチャーしてくれるため、今転職を考えている方は、一度転職エージェントに相談してみるのが良いかと思います。

「何をすればいいのか分からない」という人も幅広い転職支援を受けられるため、安心できるでしょう。

※企業が転職エージェントに費用を払う為、こちら側は一切料金は発生しませんので、
安心してください!!

※すぐに動けるように登録は済ませておきましょう!!

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、全国500以上の場所に設置されており、職業紹介、雇用保険、就職支援などを担っています。国が運営しているため、安心して利用することが出来ます。

プロの相談員が常駐しており、就職相談や応募書類の作成・応募・面接対策などのサービスを受けることも可能ですが、大抵、朝から晩まで混雑していて、一人一人にあまり時間を取ってくれない印象です。

(自分も朝から並んで、沢山の人がいる中での順番待ちの為、なかなか時間を取ってもらえませんでした、、、。)

企業側は無料で求人を出せるため、企業側としては出しやすいため、良くも悪くも様々な企業が求人を出しています。各市町村にあるため、地域密着の求人が多いと思います。

直接企業応募

自ら直接、企業の採用ページなどで求人情報を探し、直接応募する方法です。選択肢を狭めてしまうため、注意が必要。自分の中でこの会社でしか働きたくないなどの理由があれば良い方法かと思いますが。

転職サイトや転職エージェントなどには出していない採用情報が見つかることもあります。

常に欠員募集をチェックするなど、時間をかけての転職活動になるでしょう。その分、企業側にとってはとても期待される人材となり得るでしょう。

推薦・紹介採用

最近増えてきたのは、自社の社員・身内・友人・知人による紹介制度(昔で言うコネ)

その企業で働いている社員・知人や友人の紹介を受けてその会社に応募するため、お互いに失敗のリスクは少ないが、何か不都合があった際は、関係性が悪くなってしまうこともあるため注意が必要でしょう。

万が一、不採用となってしまった際も、関係性が悪くなることもあるでしょう。

採用された際も断りづらいなどのケースもあるでしょう。

正直、過去に自分も紹介で入って、上手くいかなかったことも、、、。
変に気をつかなくてはならず、プレッシャーも、、。

☟完全無料なので、登録しておきましょう☟

まとめ

転職サイトは多数の求人情報が掲載されており、求職者は希望の条件を入力して求人を検索したり、履歴書を公開して企業からのスカウトを待つことができる。

転職エージェントは専門のエージェントが求職者のキャリアや希望をヒアリングし、マッチする求人を紹介。また、履歴書のアドバイスや面接対策、交渉サポートもしてくれる場合が多い。

ハローワークは日本の公的な雇用保険機関。求職者への職業紹介や、失業保険の受給などのサポートを行う。求人情報も多数掲載されているが、公共機関なので、幅広い職種や条件の仕事が見られる。

これらのサービスを適切に組み合わせることで、自身のキャリアや希望に合った転職活動を進めていきましょう!!

⇩jobuddy+(ジョバディ)30秒で登録⇩

銀金
銀金

一つではなく色々な方向・角度から見つけていきたいですね!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました