ジョニー・デップとは ざっくり紹介

人物
※アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています

初期の人生

ジョニー・デップは1963年6月9日、アメリカ合衆国ケンタッキー州オウエンズボロで生まれました。

彼は4人兄妹の中で最も若く、家族は彼が7歳の時にフロリダ州ミラマーに移住しました。

彼の家族は多くの移住を繰り返していたため、彼は15回以上も学校を変えています。

15歳の時、デップは親の離婚を経験します。

彼はこの頃から音楽に興味を持ち、自らのバンドを結成。16歳で高校を中退して音楽活動に専念しました。

俳優としてのキャリアの始まり

デップはロサンゼルスへ移住し、最初は音楽活動を続けていました。

しかし、彼の友人であるニコラス・ケイジの勧めで俳優のオーディションを受けるようになります。

彼の映画デビューは1984年の『ナイトメアー/悪夢の街』でした。

その後、1987年のテレビシリーズ『21ジャンプストリート』にて、若手刑事役を演じ、
一躍人気俳優となりました。

映画スターとしての台頭

1990年のティム・バートン監督の『エドワード・シザーハンズ』で、彼は敏感で孤独な役柄を演じ、これが彼の映画キャリアのターニングポイントとなりました。

以後、彼は『ドン・ファン』や『ギルバート・グレイプ』などの映画で評価を受けました。

個性的な役柄

デップは独特な役柄を好み、それが彼のブランドとなっています。

2003年の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでは、酒浸りの海賊ジャック・スパロウ役を演じ、その独特なキャラクターが多くのファンの心をつかみました。

他にも『チャーリーとチョコレート工場』でのウィリー・ウォンカ役や『アリス・イン・ワンダーランド』でのマッドハッター役など、個性的なキャラクターを数多く演じてきました。

【徹底比較】動画配信サービス(VOD)とは?映画やドラマが見放題!特徴や料金などおすすめ5選を徹底解説!ざっくり紹介
【徹底比較】動画配信サービス(VOD)とは?映画やドラマが見放題!特徴や料金などおすすめ5選を徹底解説!ざっくり紹介

個人的な問題とスキャンダル

デップの私生活はしばしばスキャンダルに巻き込まれました。

彼はロリ・アン・アリソン、ヴァネッサ・パラディ、アンバー・ハードといった著名な女優やモデルとの関係や結婚を経験しました。

特に、アンバー・ハードとの離婚はメディアの大きな注目を浴び、お互いのDV疑惑などが取り沙汰されました。

後期のキャリア

近年のデップは、俳優業だけでなく、プロデューサーやビジネスマンとしての活動も増やしています。

彼は自らのプロダクション会社を設立し、映画制作や音楽活動を手掛けています。

また、彼の影響力はエンターテインメント業界全体に及んでおり、新しいプロジェクトや若手の育成にも積極的に取り組んでいます。

ジャック・スパロウのイメージが強いが、

個人的には、ギルバート・グレイプが好き!!

※相違している部分があるかもしれませんが、ご容赦ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました